転職先を決める条件はいろいろですが、「手当があるかどうかを重要視する」という人もいるのではないでしょうか。

各種手当の中でも多くの人に関係し、手当額も高い傾向にあるのが「住宅手当」。

数万円単位で手当がでることもあるため、生活がかなり助かる嬉しい制度ですよね。

ただし、住宅手当には気をつけたいポイントも存在しています。

「住宅手当もあるからここに決めた!」と、転職先を決める前に、確認しておきたいことがありますよ。

住宅手当について、どんなことを確認すべきかか見ていきましょう。

1.住宅手当はまるまる手元に入るわけではない

「住宅手当は課税対象になる」とご存じでしょうか?

住宅手当は、例えば2万円あっても、まるまる手元に入るわけではありません。

正確には、総支給の中に含まれて、一見するとまるまる入ったように見えるのですが、課税対象となるため、税金として出ていくお金も増えています。

健康保険、厚生年金保険などの社会保険料額を算定する際のキソにもなるため、社会保険料がアップする可能性もあります。

住宅手当よりも社員寮などに入って安い家賃を徴収される方が、実はよほどお得なケースも。

最近の社員寮はきれいな普通のアパートというケースも多いですから、選択できるなら社員寮がある会社を選ぶのは一つですよ。

2.「募集要項記載=誰でも受給対象」ではない

転職先に住宅手当があるかどうかを知るには、募集要項で見つけるというケースが多いでしょう。

募集要項では応募者を募るために、自社の魅力を存分にアピールしますから、住宅手当があれば載せておくのは理解できます。

ただし、募集要項は限られたスペースのため、住宅手当の細かい要件まで載せることは難しいです。

実際にはかなり厳しい要件が決まっており、住宅手当の受給対象者は限られた範囲だということもあると覚えておきましょう。

住宅手当の要件は各社が自由に決めることができるため、必ずこうということはありません。

ただ、一般的には独身で賃貸家賃入居者、家族ありなら世帯主を基本とするケースが多いです。

3.配偶者要件は意外と厳しいことに留意しよう

住宅手当の要件としてもう1つ覚えておきたいのは、配偶者要件についてです。

配偶者がいるかいないかによって、受給対象となるかが変わるケースが多くあります。

配偶者がいる場合は、自身が世帯主であり、さらに、配偶者の所得を上回っていることが条件というケースも珍しくありません。

一般的には結婚すると夫側を世帯主にするケースが多いですが、実際問題としては妻の方が収入が高いということもありえます。

妻が看護師などの専門職についていたり、大企業に勤めているなどの場合は考えられますよね。

この場合、夫側が住宅手当をもらおうと思っても、妻の収入が高いため対象外になる可能性があります。

独身時代には恋人と同棲しているだけだったから住宅手当をもらっていたけれど、籍を入れた途端に受給できなくなることも。

生活環境自体は変わらないのに、手当だけ削られたような気になってしまいますが、あくまでも要件は厳密に守られるという点は覚えておきましょう。

配偶者要件を含めて、住宅手当の要件は就業規則、給与規則などに細かく定められていますが、転職前に詳細確認するのは難しいというもの。

総務課などに事前に問い合わせることはできますが、正式な手続きは入社してからなので、添付書類を確認して「不支給」となることは十分に考えらえます。

転職前に確実に住宅手当が担保されることはないと思っておきましょう。

4.「住宅手当があるから安心」と生活レベルを上げようとしていない?

内定をもらい、いざ働き始める前に、生活の基盤を整えようと引越しをおこなうことはあるでしょう。

そのとき、住宅手当を期待して生活レベルを上げることだけは慎重になってください。

住宅手当はあくまでも会社が福利厚生の一環として用意する恩恵的なものであり、給与のように引き下げハードルが厳しく設定されているものではありません。

もちろん、労働組合などがあれば福利厚生とはいえ、なくすことは容易ではありませんが、給与ほど守られたものではないのです。

ここまでご紹介したように、住宅手当は受給要件を1つでも満たさなければすぐに支給が取りやめになるため、あてにするのはリスクが高いでしょう。

住宅手当を除いた基本給をベースとして、生活レベルを考えていくのが賢い方法です。

休職時などは支給されないケースも多いので、いざというときも生活していけるだけの場所を住居として選びましょう。

5.持ち家購入計画があるかを確認

転職して落ち着いた頃を見計らって、持ち家を購入しようと考えている人も注意が必要です。

住宅手当とひとくちに言ってもいろいろな種類があり、賃貸家賃の補助としてでるもの、住宅ローンの一部を支援してくれるものなどがあります。

圧倒的に多いのは賃貸家賃の補助。

住宅ローンの支援、補助については多くないと思っておきましょう。

持ち家を購入できるということは、それなりに収入があることが前提なので、支援、補助の対象としては賃貸入居者に比べると下がってしまうことが考えられます。

賃貸から持ち家に変わった月から、住宅手当がもらえなくなるのはよくあることなので、そのつもりでいてください。

住宅ローンについても何らかの補助がある場合は、持ち家購入前に要件を確認しておくようにしましょう。

転職して1年も経過すると、賃貸家賃への補助がだんだん「当たり前」に感じてきます。

給与明細を見たときに住宅手当を含んだ総支給額が頭にあるため、持ち家を購入して住宅手当がでなくなったときに青ざめることも。

住宅手当がもらえるのは当たり前のことではなく、「もらえたらラッキー」くらいに思っておくのが無難かもしれないですね。

条件のいい会社選びは転職エージェントを利用しよう

住宅手当はあてにし過ぎることないように気をつけたい制度ですが、制度の存在自体はポイントが高いです。

従業員に還元できるだけの利益、資金力がある会社である証と言えるからです。

住宅手当をはじめとする各種手当が豊富にある条件のいい会社は、転職エージェントで探しましょう。

転職エージェントには、人気が高くすぐに枠が埋まってしまう求人が集まっており、「非公開求人」として紹介してもらうことができます。

転職して経済的に余裕のある生活をしたいという方は、エージェント経由で条件にこだわった求人を探していく方法がおすすめです。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。