起業する前は、起業してやりたいことや、いくらくらい稼げるのかなど、「起業中」のことばかりに目が行きます。

もちろん、失敗を前提でやってもうまくいきませんから、それらを考えることは大切でしょう。

ただし、万が一のリスクヘッジとして起業を失敗した場合のことは考えてみたでしょうか。

「失敗を恐れずチャレンジする。」はカッコイイですが、現実問題としては自分や家族の生活がかかっています。

起業前には、失敗した後のキャリアについて考えることも重要。

今の年齢によってどう起業と向き合うのかが変わってきますから、年代ごとのスタンスと注意事項を解説します。

20代の起業はやり直せるが逆効果も考えられる

まだ20代であれば、起業して失敗しても十分にやり直せる年齢。

未経験での就業可能性もあり、貯金ゼロからの再起だって問題ありません。

ただ、「若いから失敗しても大丈夫」は少し安易な考え方です。

大丈夫なのは、起業失敗から再就職するときに、どんな仕事でもやろうとできる覚悟がある人に限ります。

20代の早いうちから起業すると、社会人経験が浅いうちに「人から指図されない働き方」に慣れてしまいます。

能動的な働きができるという点では強みになるのですが、問題は、サラリーマン特有の人間関係や縦社会へのストレス耐性が構築できないということ。

若い世代は先輩や上司などさまざまな「上の人」から指示、教育を受ける中で、吸収して成長し、ときには我慢も覚えていくものです。

例えば20代前半で起業し、後半で失敗再就職した場合、自分より年下の人から指導されていることになりますが耐えられるでしょうか?

もちろん、30代以降の人でも同じことが言えますが、起業前にサラリーマン経験をそれなりに積んでいれば「会社組織とはこういうもの」と割り切ることもできるでしょう。

20代での起業は、気持ちの面における覚悟が必要です。

30代、40代の起業は再就職が難しくなる

30代から40代の起業は、失敗したときの年齢がそれなりに高いため、再就職の可能性が大きく下がることが問題です。

再就職が難しいうえに、年金がもらえる年齢まではまだまだ遠いこともあり、逃げ道がない状態に追い込まれます。

転職市場では年齢による壁がなくなってきているとはいえ、まだまだ若い人有利。

しかも、30代、40代で転職できるのは、組織の中で鍛えたマネジメントスキルがあることを前提としています。

従業員を雇えるほどまでに成長した経営者であれば、マネジメント能力が評価される可能性はありますが、失敗した事実をどう前向きに説明するのかがポイントになります。

個人事業主として起業した場合の再就職は、マネジメントスキルはアピールできませんから、起業中に磨いてきたスキルが活かせる企業を探すことになります。

30代、40代での起業は、長期的なキャリアをしっかり計画してから挑戦する必要があります。

50代からの起業は慎重に

50代で起業する場合は、失敗した場合の再就職はかなりの厳しさを極めます。

知人の紹介でもない限り、自力で再就職するのは難しいと思っておきましょう。

そのうえで、「いつ起業するか」は慎重になる必要があります。

50代で起業したいという熱意があるということは、定年など関係なく長く働き続けたいということでしょう。

ならば、もう少し待って退職金の額を増やしてから辞めるという選択肢もあります。

起業の元手が増えて安定経営につながりやすいですし、万が一失敗しても、アルバイトなどで食いつないで年金受給開始まで頑張るということもできなくありません。

自身の家族の状況を見極めることも重要です。

子供がすでに大学を卒業して自立し、教育費がいっさいかからなくなった、親が他界しており介護の必要性はないなど。

自分以外の人にお金がいらないことを確認してから起業することも大切です。

どの世代でも共通しているのは元手が少ない事業を狙うこと

いずれの世代でも起業する際は、成功可能性を事前にシミュレーションしておくことと、元手が少ない事業を狙うことが大切です。

起業を失敗したときに借金があるかないかは死活問題で、今後の人生そのものを左右するでしょう。

元手が必要な事業の場合は綿密な計画性をもつ必要が。

専門家に資金計画のアドバイスをもらうくらいは、しなくてはなりません。

少ない元手で取り組める事業の代表格はやはりネットを使ったビジネス。

店舗や在庫など経費がかからないためリスクが低いビジネスと言えます。

参入障壁が低い分ライバルは多いので、企業に属しながら副業として始め、副業収入だけで生活できるレベルになってから独立するのが王道の成功パターンです。

収入を増やしたいならまずは転職も手

起業の理由が「今より収入を増やしたい。」というのであれば、起業ではなく転職でも十分に叶えることができます。

同じような仕事をしているのに、所属する企業が異なるだけで年収が大きく変わるのはよくある話。

経験やスキルをもとに転職活動してみると、意外にも自分の転職市場での価値が高いことに気づく場合があります。

終身雇用制が崩壊した日本では転職がもはや当たり前になっており、転職市場も活気づいています。

転職して収入アップを目指してから起業と向き合うのでも遅くはないでしょう。

起業期間を挟んで再就職するのに比べると、いずれの年代でも転職確率はあがります。

適性年収を確かめてみよう

転職サイトや転職エージェントでは「適性年収」「転職市場価値」などを診断してくれるツールを公開していることが多くあります。

起業に踏み切る前に、転職した場合の年収を調べてみてはいかがでしょうか。

思っている以上に年収アップが期待できるなら、わざわざリスクを覚悟で起業する意味は薄まってきます。

いったん転職し、資金を加速的に増やしてから起業するという選択もできるでしょう。

今はどんな企業でも倒産する可能性がある時代とはいえ、会社がそう簡単に潰れることはありません。

リスクはあっても、自分で起業するときの比ではないと思っておきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、起業して失敗した「その後」を知るために、年代ごとの起業に対するスタンスと注意点を解説しました。

起業にはわき目をふらず突き進む強い精神力が必要ですが、リスクを考慮しなくていいということではありません。

今の年齢で起業するとどんなリスクがあるのかを、十分に予想してから挑戦しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。