飲食業界で働くことを目指す人や、接客が好きな人、お酒の種類や作り方に興味がある人は、バーテンダーという仕事が気になったことはないでしょうか。

アルバイトのイメージもあるかもしれませんが、実は正社員として働いている人も多い職種です。

今回は、バーテンダーの仕事の魅力や大変さ、働く場所や求人の探し方など、正社員でバーテンダーとして働くことの実態を紹介していきます。

バーテンダーの仕事とは?

バーテンダーの仕事は、お酒をつくって提供するだけではありません。

落ち着いた雰囲気の店も多いため、質の高い接客が必要。

簡単な料理作りや店内の掃除や買い出し、酔っぱらってしまった客の対応などもおこないます。

正社員のバーテンダーであれば、アルバイトの指導やフォローなども。

店長クラスになると、お店全体の運営やスタッフの労務管理なども任されることになります。

実はビジネスマンとしての能力を磨ける仕事

バーテンダーとして働くと、お酒の知識は当然身につきます。

今後「昼間に働きたい!」となったときも、バー以外のレストランやアルコール飲料を扱っている会社などに挑戦できる可能性が広がります。

コミュニケーション能力を磨くことができることも魅力。

いろいろな仕事や考え方の人が来店しますから世界観が広がり、空気を読む力、人を見る目が養われてきます。

バーに来る人は、会話を楽しみたい人からそっとしておいてほしい人までさまざま。

言葉はなくても相手の希望を読み取り、適切な接客をする必要があるため、高いコミュニケーションスキルが身につくのです。

実は、ビジネスマンとしての能力を磨ける仕事、それがバーテンダーです。

正社員のバーテンダーの年収

飲食業界はどの職種も低賃金だと言われていますが、バーテンダーの年収はどうでしょうか。

正社員なら年収は300~400万円ほどが目安。

月々の給与だと、20~30万円程度はもらえることがあるため、一般のサラリーマンとさほど変わらない相場と言えます。

正社員なので、賞与や昇給にも期待できます。

ただ、これにはからくりもあります。

1つは深夜労働がメインであること。

バーテンダーの勤務時間は大体午後の4~7時くらいから始まり、帰宅は夜中の2~3時になります。

労基法上の深夜手当が加算される夜10時~朝の5時までを何時間も働いているため、深夜分が含まれているのです。

また、週の休みが少ないことも理由です。

週休2日あるバーはかなり恵まれている方で、週休1日というケースも珍しくありません。

休日が少なく深夜労働がある、その割には高い給与とは言えないでしょう。

正社員の応募要件は比較的緩め

バーテンダーに応募するときの要件は、さほど厳しいというわけではありません。

学歴要件は高校卒業以上あればよく、資格なども問われません。

未経験でもOKという求人も多いため、興味がある人にとってはチャレンジしやすい環境と言えるでしょう。

経験を求められる場合は、バーテンダー経験というより、飲食業界での接客経験が必要になるケースが多いです。

単にお酒を作る係ではなく、接客のプロという位置づけで募集しているからです。

髪型やヒゲ、ピアスがOKという求人もあるが…

バーテンダー求人には、髪型が自由、男性のヒゲやピアスも許容されているというケースもあります。

中にはそれをうたい文句にしている求人も。

実際、バーテンダーにはお洒落な雰囲気の人が多いですから、髪型などの自由度がそれなりに高いのは魅力かもしれません。

ただ、格式高いホテルのバーなどでは、髪型やヒゲなどの自由度を売りにする求人はあまり見られません。

そもそもホテルの料飲部は清潔感を重視しますし、実際に許容されるかどうかは別にしても、「髪型が自由だから応募したい」という人を求めていないからです。

自分がどんなバーで働きたいのか、どんな客層を相手にしたいのかという点は、よく考えておきたい点ですね。

バーテンダーが正社員として働く場所は?

バーテンダーの正社員求人がでているのは、大手ホテルの料飲部、ウエディング関連のレストランなどのほか、複数店舗を展開するバー経営をおこなう会社などです。

これらのバーではラグジュアリーな空間を提供しているため、企業の経営者や重役などが訪れることも多くあります。

質が高い接客を求められるため、研修制度も充実しています。

個人経営のバーでも正社員求人をときどき見かけますが、比較的規模が大きくて複数のバーテンダーが必要なお店でなければ、アルバイトがメインになります。

個人バーの場合はオーナーとの相性が大切。

中にはクセが強く、労務管理などよくわかっていないというオーナーもいますから、事前にしっかり見極めましょう。

ワインの知識を得てソムリエに挑戦

お酒の知識をとことん極めたい人は、バーテンダーとして働きながらソムリエを目指すという道もあります。

ソムリエがいるのは格式高いホテルやレストランですから、給与アップにも期待できるでしょう。

ソムリエにまつわる資格の中には、アルコールを扱う業務に携わってきた実務経験が問われるものも。

バーテンダーとして働く中でお酒の知識と実務経験を一度に得て、ソムリエ関連の資格取得を目指すのもいいですね。

バーテンダー求人を探す方法

バーテンダー求人は、求人情報誌やアルバイト情報サイトなどにもでていますが、大手ホテルやレストランからでる正社員募集を探すなら、ホテルや飲食業界などに強い転職サイトやエージェントを利用するのがおすすめです。

さまざまな職種を扱っている総合型の転職サイトやエージェントでも、ホテル内のバーテンダー求人に出会えることがあります。

バーテンダーが働く場所として、個人バーより大手ホテルやレストランが必ずいいということではありません。

個人バーのオーナーにとても良くしてもらって、満足しながら働いているバーテンダーもいます。

ただ、給与や待遇が有利、研修制度がある、労務管理やコンプライアンスなどを考えると、やはり組織体系が整った場所の方が働きやすいということはあります。

最後に

いかがでしたか?今回は、正社員のバーテンダーとして働く実態を紹介しました。

アルコールを扱うお店での勤務のため、勤務時間帯や接客による苦労も多い仕事ですが、楽しく生き生きと働く人もいます。

正社員で働く場所にこだわれば、一般のサラリーマンと同等の給与や待遇を手にすることも可能です。

バーテンダーに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。