IT業界で働く人だけでなく、どの業界でもIT知識やスキルがある人はいます。

話を聞いてみると「パソコンが好きでプライベートでよくいじっている。」「自分のサイトを作りデザインからすべて作っている」という人も少なくありません。

これらの人は、自身のキャリアについて、IT業界で働くことを一度は考えたことがあるかもしれませんね。

IT業界は今後ますます発展していくことが予想されていますから、今は転職するいい機会だと言えるでしょう。

ただ、IT業界に転職すればITに詳しい人ばかりで、まともに勝負するのは至難の業です。

強みを活かした転職をし、転職後に活躍することを考えるとプラスのスキルが必要。

今回は、その中でも法律知識を備えておく重要性についてお伝えします。

IT業界は求人数が多くおすすめ

まずはIT業界の転職事情について。

IT業界で働くには専門知識やスキルが必要で、異業界からの転職は難しいと言われることがあります。

確かに一部の職種では経験がなければ評価されないため、いきなり専門性の高い職種を目指すのは賢明ではありません。

IT業界は専門性を求める一方で、比較的未経験からの転職組も多くいる業界です。

業界自体が新しいこと、IT技術の需要が高く人手不足の部署が多いため、意欲ある未経験者を雇って育てたいという気持ちもあるからです。

例えばプログラマーやインフラエンジニアなどは、IT業界の中でも未経験可能求人も見つかる職種です。

異業界から転職する場合は、未経験でもチャレンジできる職種から入り、経験を積んでいくのもいいでしょう。

「ITが強み」だけでは勝負できない時代に

未経験からの転職可能性がそれなりにあるとはいえ、ITスキルや知識があるほどアピールしやすいことに変わりはありません。

ただ、業界内では「そんなことできて当たり前。」と思われることも多いため、プラスの何かが必要になります。

例えばコミュニケーションスキル。

パソコンの前に座って黙々と作業すると思われがちなエンジニアでも、顧客やチーム内のコミュニケーションが欠かせないからです。

加えてあるといいのが法律知識。

近年のIT業界では単にITスキルが高いだけでなく、ITに関わる多くの法律について精通している人が求められています。

ネット浸透の裏には問題が山積

ここからは、なぜ法律知識が必要かという点についてお伝えしていきます。

今やインターネットはわたしたちの日常生活においても、ビジネスにおいても欠かせなくなりました。

四六時中スマートフォンが手放せない、ネットがないと生きていけないと豪語する人は珍しくありませんよね。

しかし、ネット浸透の裏には問題が山積み。

たとえばネット上で匿名による誹謗中傷をおこなう、嘘だらけの情報を流して利益を得ようとするといったケースがあります。

ネット関連の法律も少しずつですが整備されてきており、法律を知らずにむやみにネット利用をおこなうことで、損害賠償請求などが発生する事例も起きています。

大盛況から閉鎖へ追い込まれた企業運営サイト

一時期、キュレーションサイトと呼ばれる、ネット上の情報を集めたまとめサイトが乱立しました。

もちろん今でもありますが、利用者の見る目は厳しくなっています。

記憶に新しい事例として、健康や美容系のまとめサイトにおいて、健康に関する誤解を招く記事を量産したとして閉鎖に追い込まれたことがありました。

専門知識のない外注を利用し、記事作成の労働力を安く買いたたいたとして非難の的に。

企業内のコンプライアンス意識の低さが招いた結果と言われています。

業界全体としてコンプライアンス重視傾向に

このほかにも、個人情報の流出やセキュリティの甘さなど、さまざまな問題を露呈することになったIT業界。

最新の技術を追い求めるあまり、法律を置き去りにした競争が進んでしまったのです。

世間の目が厳しくなった今、業界全体としてコンプライアンス重視傾向になりつつあります。

マイナンバー制度開始などもあり、一般消費者の情報保護意識が高くなっていることもあるのでしょう。

単にITスキルをもつ人だけでなく、企業内において、法律に違反していないかを見極めることができる人が必要になったのです。

ITスキルを磨くと同時に法律を勉強しよう

これからIT業界に転職しようと考えている人は、ITスキルを磨くと同時に、さまざまな法律を学んでおくことをおすすめします。

法律の勉強と言っても、ITと切り離せない法知識が必要。

特にセキュリティや情報法については欠かせません。

書籍もたくさん出ていますし、セミナーなども開催されています。

さまざまな資格もあります。

例えば、ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)、個人情報保護法検定や情報処理安全確保支援士、マイナンバー実務検定など。

やみくもに勉強するより目標があった方がいいという方は、資格取得を目指してみるのも一つですね。

資格を根拠に、IT技術だけでなく法知識にも長けているということをアピールすることもできます。

「IT×法律×コミュニケーション」で最強

ITと法律に加え、前述したコミュニケーションスキルもやはり外せません。

コミュニケーションスキルについては勉強云々ではなく、今すぐ鍛えることができますよね。

今の職場の人との仕事上のやり取りを工夫する、私生活の人づきあいにおいて聞く力を養っていくなど、やれることはいくらでもあるはず。

「IT×法律×コミュニケーション」を備えておけば、さまざまな切り口からアピールでき、転職準備としては最強ではないでしょうか。

IT業界へ転職するなら転職エージェントを利用しよう

求人数も多く、採用活動も活発におこなわれているIT業界ですが、企業が増え続けていますから、応募先をしっかり見極めることが大切です。

資金力、経営判断に乏しい危ない企業も存在しており、深夜にまで及ぶサービス残業が当たり前にあるブラック企業もまだまだあると言われています。

そこで、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

転職エージェントは掲載までの企業審査がおこなわれており、ブラック企業に当たらない可能性が高くなります。

企業研究の点でも、エージェントの力を借りればスムーズ。

エージェント独自の視点や調査力を駆使して、本当に知りたい企業情報も提供してくれます。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。