「転職前に企業について調べておくことが大切。」と言いますが、具体的に何を調べればいいのか分からないという人も多いでしょう。

企業情報は、職場の雰囲気や社風など、一見データでは読み取れないと感じるものでも、数値を分析することで見えてくることがあります。

今回は、企業情報について、データが示す働きやすさの度合いと、どのようにデータを収集するのかを紹介します。

社員の平均年齢

まずは応募先で働く社員の平均年齢。

平均年齢から読み取れるのは社風や定着率などが考えられます。

平均年齢が低い場合、アグレッシブな企業風土で将来性豊かと言えますが、中堅層以降の定着率の低さが予想されます。

創業間もない会社など会社自体が若ければいいのですが、老舗なのに平均年齢が低いとなると、経営者が交代してベテランが不満を感じやすくなったなど、何かしら原因があるかもしれません。

自身がまだ若いなら、若い人が多い職場は働きやすいですが、年齢が上になるほどギャップを感じやすくなります。

また、平均年齢とともに大切なのは年齢分布。

どの世代にどれくらいの人がいるのかも確かめておきましょう。

例えば、20代と50代に社員が集中している場合は、中堅である30代、40代が不足しています。

年齢層に空洞ができているのは、若手からすると頼れる身近な先輩がいないことになるため、あまりいいことではありません。

平均勤続年数

社員の勤続年数が平均してどれくらいかを示すのが平均勤続年齢です。

平均勤続年数が長いほど、社員が定着しやすい働きやすい職場と言えるでしょう。

ただ、あくまでも全体平均なので、どの層で勤続年数が長いかを知る必要があります。

ベテランが勤続年数を押し上げていても、若手の勤続年数が短ければ、若い人にとっては働きにくい環境かもしれません。

そこで、平均勤続年齢は、さきほどの平均年齢や年齢分布ととあわせて考えることをおすすめします。

たとえば、平均年齢が高いのに平均勤続年数が短い場合。

若手が育ちにくく、年齢関係なく中途採用者を雇っている可能性も考えられます。

この場合は、内定をもらえるチャンスが大きいかもしれませんが、若手が育たないほど厳しい環境かもしれません。

自分がどんな環境で働きたいかによって良し悪しの判断をおこないましょう。

有休取得率

有休が取りやすい環境かどうかは、社員の満足度に大きくかかわってきます。

多少残業が多くても、自由に休みが取れる環境ならば家族や友人との時間を増やしたり、体を十分に休めることができるでしょう。

育児中の方にとっても重要なポイント。

子供の病気や用事で休むことがあっても、職場全体で有休が取りやすい環境であれば、周りに気を使わずに済みます。

年間休日も大事ですが、有休の実態はぜひ知っておきたいですね。

男女の割合

社員の男女比がどれくらいかが事前に分かると、職場の雰囲気がイメージしやすいです。

たとえば女性が圧倒的に多い職場では、女性はとても強く厳しい傾向にあります。

女性特有の人間関係が発生することもあり、人によっては「煩わしい」と感じることも。

反対に、男性が多い職場の場合、荒い口調で言葉が飛び交っていたり、「体育会系」な社風である可能性があります。

男性職場に女性が入社する場合は、うまくいけばとても優しくされますが、厳し過ぎて耐えられないこともあります。

理想は男女比が偏りすぎていないこと。

やはり、男女共にいる職場の方が職場内のバランスを保ちやすくなります。

年齢ごとの平均給与

なかなか知ることが難しいデータですが、年齢ごとの平均給与がわかれば、昇給が継続的におこなわれるか、昇進のチャンスがあるかなどが読み取れます。

たとえば、25歳と35歳で比べてみた場合に平均給与に違いがなければ、そもそも定期昇給がない、30代では役職登用されるチャンスがないのかもしれません。

さらに45歳、50歳などと比べていくことで、将来的な年収アップの可能性がどのくらいあるのかを知ることができます。

面接で聞いても平均給与に関しては教えてもらえない可能性が高いですが、「目標として知っておきたいので。」と前置きすれば、目安程度なら教えてもらえることはあります。

中途採用者の割合

中途採用者がどれくらいいるのかによって、転職成功確率や入社したあとの大変さが見えてきます。

中途採用者が多ければ、中途採用を積極的におこなっている証拠ですから、転職成功確率は高いでしょう。

自分と同じ立場の中途採用者がいることで、入社後のキャリアプランや悩みごとなど相談する相手もいます。

ただし、新卒の離職率が高い可能性もあります。

若い人が辞めていくから中途採用をおこなわざるを得ない、そんな状況も見え隠れします。

中途採用者が少ない場合、倍率が高まる可能性はありますが、比較的若手が定着しやすい優良企業であるケースも珍しくありません。

新卒3年以内の離職率などとあわせて考えてみることで、どんな状況なのかが予想できるでしょう。

残業時間平均や残業が多い月

残業の有無は多くの人にとって気になる点。

残業ゼロという会社は稀ですが、何十時間も残業があれば働きやすいとは言えませんよね。

残業時間の平均は募集要項などに掲載されているケースも多くあります。

ただ、会社全体の平均では部署ごとに差があるため、あまり意味がありません。

応募部署の平均を確認しておきましょう。

また、残業が多い月とその月の残業時間の目安を聞いておくことで、慢性的に残業が多い職場なのか、季節的な要因の残業が発生する職場なのかがわかります。

平均残業と残業が多い月の残業時間に差がない場合は、慢性的に残業がある可能性があります。

ある月だけずば抜けて残業が多い場合は、その時期を乗り越えられるかどうかを自分自身に問いかけておきましょう。

役に立つデータを収集する方法

今回ご紹介したデータは、募集要項に載っておらず調べ方がわからないということも多いでしょう。

比較的規模が大きい会社であれば、会社四季報などで情報を得られる可能性があります。

また、いずれも面接で聞くこと自体は可能ですが、企業によっては教えてくれない、「そんなデータは取っていない。」と言われることも。

データを取っていないと言われた場合は、労務管理や人材配置の観点から疑問をもつことも必要です。

取っていないのではなく、マイナスな情報だから教えたくないという可能性を考えましょう。

面接で聞きづらいと感じるデータについては、転職エージェントを利用すると効果的です。

企業の人事担当者にうまく聞きだしてくれたり、エージェント独自の分析ツールをもっている場合もあります。

すべてではありませんが、情報収集の点でかなり有利に運ぶことができるため、エージェント利用はおすすめです。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。