一時期、「KY(空気読めない)」という言葉が流行りました。

この言葉が流行ったのは、多くの人が「空気読めない人って困るよね!」と考えていたからでしょう。

「KY」な人は、言葉の流行り廃りや時代関係なく、どこに行っても敬遠されます。

特に困るのは職場の人間や転職活動です。

家族や友人なら「お前って本当に空気読めないよね!」と笑い飛ばしてくれるかもしれません。

しかし、職場の人や応募した企業の面接官は凍り付いたまま「この人はだめだ。」の判断されてしまいます。

では、空気を読む力は、変えられないのでしょうか?

実は、空気を読む力はしっかりと鍛えることができます。

いつも職場の人間関係がうまくいかない、なぜか自分が話すと場が凍り付いてしまうという人は、その状況と真摯に向き合い、鍛えていきましょう。

空気を読めない自分を責める必要はない

空気を読めない人でも、周囲から指摘されたり、場が凍り付くどころか爆発するくらいの発言をしてしまったりして、「さすがに気づく」ことがあります。

こうした経験を何度かしていくうちに自分の空気の読めなさ具合を認識していきます。

「またやってしまった…。」「どうして自分はこうなんだろう。」などと落ち込むことがあるでしょうが、自分を責める必要はありません。

「空気は読めないけど悪い人ではない」という人は多く、周囲もわかっています。

空気が読めないことは何も人間性に問題があるわけではなく、よく考えずに言葉を発してしまったり、少し視野が狭くて気づけないということなのです。

悪気がない人がほとんどでしょう。

自分を責めることでコミュニケーションを取ることを恐れてしまうと、より空気が読めなくなってしまいます。

空気を読む力は鍛えればいいだけ、そう思っておきましょう。

「自分だったら」ではなく「相手はどうだろう」を考える

空気を読めない人は、相手の立場に立って考えることが苦手です。

一生懸命相手を喜ばせようとしても、それが「自分だったら嬉しいから」という視点に立っているためずれてしまうのです。

自分が嬉しいこと、自分が許容できることは、必ずしも相手も同じではありません。

「自分だったら」ではなく「相手はどうだろう」といつも考えてみることが大切です。

とはいえ相手は赤の他人。

相手の望む言動などわかるはずもありません。

「相手はどうだろう」と考えたうえで、さまざまな可能性を想定するのです。

1つに決めつけずに複数の可能性を考えていくと、むやみな言動でその場を凍り付かせたりすることが減っていきます。

人を観察する練習をする

空気を読めない人は、相手のことを見ているようであまり目に入っていません。

相手がどんな表情や声のトーンをしているか、気にしていないのです。

顔色をうかがい過ぎるのもよくありませんが、目の前にいる人を観察する練習をすることで、段々と相手の雰囲気が読み取れるようになります。

このとき、目と耳を使うことを意識し、そこから入る情報を得るようにします。

「眉間にしわが寄っている」「いつもより声のトーンが低い」など。

ここで、「眉間にしわが寄っているよ。怒ってるの?」と直接的な言葉にしてしまっては空気が読めない人です。

言葉として発する前に、相手の状況を分析、予想し、どうしても話しかけなければならない状況なのかを見極めましょう。

急ぎの用事ではないなら、少し様子を見て、相手の表情が普段通りになった時点で話しかけるのが賢明です。

自分の気持ちと向き合うこと

人を観察するとは、自分自身も含みます。

何を言われたら自分が嫌な気持ちになるとか、どんな行動に対して嬉しいと思うのか、自分自身の気持ちもあわせて観察していきましょう。

自分の気持ちと向き合うことで、相手の立場にたって物ごとを考えられるようになり、相手の表情などから気持ちを察することができるようになります。

空気を変える前に空気を読む力をつけること

相手が怒っていそう、落ち込んでいそうなどと感じ「元気づけるために明るい話題を。」とむやみに話かけてしまうと、空気が読めないと思われます。

空気を読める人が、その場の空気を変えるために敢えて真逆の行動をすることはありますが、それは日頃から空気を読めるからこそ有効な手段。

つまり、高度なテクニックです。

空気が読めないと自覚している人は、まずは「こういうときは話しかけない方がいい」と判断できるようになりましょう。

「自分が話す」ではなく「相手の話を聞く」

空気が読めないと思われる人の典型例として、1人でぺらぺら話続けているということがあります。

自分が話したいこと、聞いてほしいこと、すべては自分の欲求を満たすことに目が向いています。

このクセはなかなか修正することができませんが、いつも会話を始める前に「今日は話を聞こう」と決めておくことで、徐々に一方的な会話をしないようになります。

「話を聞くつもりだったのにまた自分が話してしまった。」と思っても、次の会話のときにも必ず、話を聞く姿勢で臨むことが大切です。

会話の中では「待つ」ことを意識しましょう。

相手が話し終わるのを待つ、自分が話したあとは相手が話すのを待つ、といったことです。

「待つ」を意識することで、会話の中に適度な間が生まれ、相手にとっての空気が読めない存在ではなくなってきます。

空気を読む力は仕事や転職活動で活きてくる

日頃から空気を読む力を鍛えておくと、職場の人間関係が良くなるだけでなく、仕事で成果をだせるようになったり、転職活動がうまくいくなどのメリットがあります。

空気を読むとは、相手への気配りができるということにつながるため、顧客や取引先から信頼されるようになり、ビジネスでも大いに役立つのです。

転職面接でも、面接官の質問をよく聞き、質問の意図にあった回答ができるようになり、コミュニケーション能力が高いと認められます。

コミュニケーション能力が高い人は、多くの企業の人事担当者が求める人材ですから、内定確率もアップするでしょう。

実際に転職したあとも、職場の人間関係がうまくいき、人間関係が原因で仕事を辞めたいと感じることも減ってきます。

「空気が読めないのは性格だから仕方がない。」と諦めなければ、こうした良い影響が考えられるのです。

面接に不安がある人は

空気が読めない自分に自信がもてず、転職活動の面接に不安がある人もいるでしょう。

その場合は、転職エージェントを利用して面接対策をおこないましょう。

相手の話を遮ったり、一方的に話してしまうクセなど、面接官が気にしそうなクセがあれば適切なアドバイスをくれます。

エージェント相手に話しておくことで、本番の面接で緊張し過ぎることなく力を発揮できるようになります。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。