仕事と家庭を両立したい、通勤時間をなくして時間を有効活用したいといった希望がある方は、テレワークを導入する企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

自宅や都心部以外で働くことが可能なテレワークは、多様な働き方の象徴的な存在です。

今回は、テレワーク導入企業へ転職するメリットや転職活動のポイントなど、「テレワークと転職」について紹介します。

テレワークとは

近年よく耳にするようになった「テレワーク」という言葉。

なんとなく在宅での仕事をイメージしている方も多いかもしれませんが、さらに広義の意味でとらえられています。

まずはテレワークの意味をおさらいしましょう。

日本テレワーク協会によると、テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

「tele(離れた所)」と「work(働く)」をあわせた造語。

自宅だけでなく、パソコンや携帯電話などを使って移動中に仕事をする、本社以外のサテライトオフィスなどで働くことも、テレワークの一部とされています。

東京オリンピック開催の2020年までの間、働き方改革の国民運動として政府が打ち出した「テレワーク・デイ」も話題となっています。

テレワークにはハードルがあるものの、働き方の多様化を進め、女性労働者の人材確保などに向け、テレワーク導入企業が今後増えてくる可能性があります。

参照元

総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/

一般社団法人 日本テレワーク協会
http://www.japan-telework.or.jp/intro/tw_about.html

テレワーク導入企業企業に転職するメリット

テレワークを導入している企業に転職するということは、労働者にとってどんな意味があるのでしょうか。

テレワークで働くメリットを紹介します。

通勤困難な状況でも働き続けることが可能

テレワークの大きな特徴は、オフィスに出勤しなくても、自宅や移動中などで仕事ができ、通勤時間や場所に拘束されない働き方ができるという点です。

育児や介護で自宅を離れられないけど働かなくてはならない人、通勤時間などの削減により時間を有効に使いたい人などにとってメリットが大きい働き方です。

自営業やフリーランスといった働き方と違うのは、「雇用されていながら」在宅勤務が可能という点。

時間的な制限もでてきますが、従業員としてのメリットと柔軟性がある働き方ができるという両方が得られるのは、テレワークの魅力でしょう。

大手に人気ベンチャー、グローバル系と注目企業の一員に

テレワークを本格的に導入している企業は、まだまだ多くありません。

設備やセキュリティの問題、テレワークに適した業務の有無、勤怠管理の難しさなどから、企業側の導入ハードルが高いからです。

資金や人材などを含めた実行力が前提になるため、大手や優良ベンチャー、グローバル系企業が中心となっています。

中小企業や地方企業で探すことが難しいことはデメリットでもありますが、違う視点から考えるとそれがメリットにも。

たとえば、地方在住の人でも、都会にある革新的な企業の一員として働くことも可能です。

通勤の問題などで諦めていた、優良企業への転職を叶えるチャンスが広がったということです。

家族の状況などでやむを得ず地元に戻る必要がある優秀な人材も、辞めずに働き続けることができるため、長期雇用につながります。

テレワークの仕事内容と注意点

テレワークはメリットが大きい働き方とはいえ、そもそも仕事内容が自分にフィットしていなければ続けることは難しいというもの。

ここからは、テレワークでよく見られる仕事内容と注意点を紹介します。

電話やメールでのサポートスタッフ

ECサイト運営企業などで、顧客からの商品内容や発送の問い合わせに対応するサポートスタッフの求人はよく見かけます。

電話やメールでの対応がメインで、基本的に勤務時間も決まっていることが多いです。

パソコンなどの電化製品などに詳しい人であれば、在宅でのアドバイザー、トラブル対応など、より高度な内容の仕事に就くことも可能です。

アポイント確認などの営業補助

住宅や保険会社などに所属し、営業職の補助をおこなう仕事もあります。

電話でのアポイント確認、データ分析など、いわゆる営業事務の仕事を在宅でおこなうイメージです。

入力、情報収集

パソコンをメインに使う事務仕事もテレワークに適しています。

入力作業、情報収集、Web媒体での校正などの仕事もあります。

研修が実施されることが多い

テレワークの場合、自営業やフリーランスのように個人の裁量が大きいというわけではありません。

マニュアルが整備され、企業の意向にそった労働力を提供することに。

実際に働き始める前までに研修が実施されることも多く、数週間~数か月の研修があります。

正社員かどうかは各社異なる

テレワークにもさまざまなタイプのものがあります。

週1日から勤務可能なアルバイトのような形態のもの、月給でシフトが決まっており、勤務時間も厳密に決まっているものなど。

フルタイムの場合でも、必ずしも正社員というわけではなく、最初は契約社員から始まり正社員登用制度があるケースも多くなっています。

どこで働いてもいいわけではない

テレワークは情報漏えいなどの問題もあるため、どこで働いてもいいわけではありません。

在宅でおこなう場合に企業が指定したセキュリティシステムを導入する、都心部に出社する必要はなくても郊外オフィスが仕事場になるなど、部分的に制限があります。

「ノマドワーカー」と呼ばれるような自由業の人とは違いがあると思っておきましょう。

テレワーク導入企業に転職するには

テレワーク導入企業とはいえ、転職活動の基本は変わりません。

求人を探して応募し、研修などを経て勤務開始となります。

最近は、転職エージェントや転職サイトでもテレワーク導入企業の求人をよく見かけるようになりました。

転職エージェントの場合、面談が実施されますからあらかじめ希望を伝えることで、テレワーク導入企業を紹介してくれることも。

転職サイトなどで自分で検索する場合は「テレワーク」「在宅勤務」などをキーワード指定して検索してみると、気になる求人がでてきます。

全体的な求人件数はまだまだ多くありませんが、テレワークのメリットである「住居地を問わない」働き方ができるため、通勤が発生する企業の求人より応募できる可能性が高いです。

転職エージェントや転職サイトを選ぶポイントは、求人件数が多い総合型を選ぶこと。

テレワークはまだまだ特殊な働き方の部類に入るため、件数が多い媒体で扱っている可能性が高いからです。

特に企業とのパイプが強い大手企業が運営するエージェントやサイトを狙い、優良なテレワーク導入企業を見つけましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。