営業マンと言えば実力勝負の世界。

何か資格をもっているよりも、コミュニケーション能力、提案力などが問われるというイメージですよね。

確かに営業は結果をだしてこそなので、資格があればいいという職種ではありません。

ただ、資格取得によって営業に役立つ技能を身につけ、営業という仕事に役立てることができるのもまた事実。

そこで今回は、これからの営業職がもっておきたい資格や技能を紹介します。

希望の転職を叶え、転職先で結果を残せる営業になるためにもぜひ参考にしてください。

営業こそパソコン関係

パソコン関係の資格や技能が必要なのは、IT業界で働く人、事務系職種が代表格です。

営業職一筋でここまできた人の場合、パソコンや機械が苦手というケースは、40代以降の人を中心に少なくありません。

しかし、今は「営業だからパソコンができなくても仕方がない。」という時代ではありません。

効果的なセールスにつなげるための資料作成だけでなく、顧客のデータ収集や分析によって次なる営業の一手を考えることができます。

企業ごとに顧客管理用のシステムを導入しているケースもあり、どんなシステムにも対応できる力は必要です。

これらはいわゆる営業事務の仕事でもありますが、企業によって営業事務がいる場合といない場合があり、営業事務頼りではやっていけません。

IT業界の営業であれば基本情報技術者、応用情報技術者などがあるといいですが、その他の業界ならOffice系の資格から取得し、パソコンへの苦手意識は早い段階でなくしておくことも大切。

営業の場合はiPadなどを支給されるケースもあるため、パソコンだけでなく、電子機器全般に強くなっておくようにしましょう。

秘書検定、ビジネスマナー検定

営業なのに秘書検定?と思うことでしょう。

秘書検定は、名称こそ秘書業務に携わることを前提とした検定試験ですが、実は社会人全般に広く役立つ検定です。

特に、敬語の使い方、接遇マナー、時事用語など、直に顧客と接する営業だからこそ完璧にしておきたいビジネスの基礎が学べます。

ある営業職の男性は知り合いにすすめられて秘書検定を取得しましたが、仕事ですぐに役立っただけでなく、転職面接でも効果が。

「男性で秘書検定って珍しいですね。なぜ取得したのですか?」と興味を持たれてアピールにつながったそうです。

女性受験者が多い秘書検定に抵抗がある人は、ビジネスマナー検定などを学ぶのもいいでしょう。

暗算、そろばん

営業は商品サービスを売ることが仕事ですから、顧客とお金の話をすることになります。

価格交渉の際、顧客から「このケースだといくらですか?このパターンなら?」と、矢継ぎ早に質問が飛びますが、暗算ができると会話が途切れることなくスムーズに進みます。

その都度電卓を叩くという方法はもちろん定番ですが、一旦間が空いてしまうこと、そして営業職が電卓を叩いている「絵面」がスマートではありません。

どのパターンの価格についても、質問すれば即座に答えが返ってくる方が、「お、やるな。」と思わせることができるのです。

そろばん経験があると「頭の中でそろばんを弾く」感覚で暗算が得意になります。

最近は大人のそろばん教室などもあるため、利用してみてもいいですね。

お子様がいる方は一緒に学んでみるのも楽しそうです。

ファイナンシャルプランニング技能検定

保険業界の営業職ならもっていて当たり前の技能ですが、お金に関わる法律全般が広く学べる検定なので、他業界の営業でもあるといいでしょう。

生命保険のほか、社会保険や税金の知識、不動産や相続などが学べます。

いわば「お金の一般常識」が学べる資格と言っていいでしょう。

3級はさほど難しくなく、2級までは働きながらでも十分に合格できるレベル。

営業としての価値を高めるためにチャレンジしてもいいですね。

ペン習字

資料もDMも年賀状も、最近はなんでもパソコン入力が当たり前になっています。

手書きの文字を見る機会は昔と比べて格段に減りましたよね。

そんな時代だからこそ、美しい文字を書ける人はキラリと光るものがあります。

特に営業の場合、心のこもったDMやお礼文を送ることで、顧客によっては名前を覚えてくれる、話が膨らむといったことはあります。

営業は企業の経営者や役職者と話をする機会も多く、そうした人たちは年齢が高いケースが多いため、美しい文字を書けることへの評価が高いのです。

子供の頃から習字を経験している人はいいのですが、そうでなければペン習字がおすすめです。

習字教室に通うよりも手軽で、通信教育や書籍も充実しています。

TOEIC、英検

営業としての幅を広げ、グローバル社会にも対応していくには英語力が不可欠。

小学校英語の必修化に伴い、日本人でも英語が話せることが当たり前の時代が予想されますから、大人も今すぐに英語学習に取り組むべきです。

履歴書に書けて転職先から評価を受けやすいのは、やはりTOEICや英検。

一般的に履歴書に書けるレベルと言われる600点、2級以上を目指したいですね。

英語の学習は1年以内など、できるだけ目標を決めて集中的におこなうのがポイントです。

中小企業診断士

中小企業の顧客を相手にする営業職なら、中小企業診断士があるとインパクトがあります。

企業に対して経営診断やアドバイスができる、経営コンサルタントという位置づけです。

1次試験、2次試験がある国家資格で、1回で合格できる合格率はわずか3%台と難関試験。

勉強が好き、根気をもって取り組める人はチャレンジしてもいいでしょう。

営業職としてのハクがつきます。

営業の求人探しは転職エージェントを利用して

営業職として転職を考えるなら、転職エージェント利用が効果的です。

エージェントは企業内情に詳しく情報収集の面で有利ですし、応募書類の添削や面接対策など、内定アップにつながるサポートをおこなってくれます。

今回ご紹介した資格や技能を身につけると同時に、転職エージェントを利用することで、希望の転職が叶いやすくなるでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

30万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

スキルや強みを分析し、最適なキャリアプランを考え、転職を成功に導いてくれます。

年収交渉や企業とのやり取りも、安心して任せることができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動を進めましょう。

リクルートエージェントの登録は簡単

b28

リクルートエージェントのサイトに移動後、「かんたん!スピード無料登録」ボタンを押しましょう。

簡単な基本情報を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。