多くの求人媒体で第二新卒特集が組まれているほど、第二新卒は企業からのニーズが高いゾーンです。

まだ20代ということで「単純にまだ若いからでは?」と思うかもしれませんが、若さで言ったら新卒の方が圧倒的有利。

新卒とはまた違う魅力が第二新卒にはあるのです。

では、第二新卒ならではの、企業に求められる理由とは一体どんな点なのでしょうか。

そもそも第二新卒とは?

「第二新卒」という言葉に明確な定義はありませんが、一般的には、新卒で入社した会社を数年で辞めた人を指します。

具体的には、1~3年程度で辞めた人を指すケースが多く、年齢は20代半ばまでが1つの目安となります。

もちろん、目安から外れたらダメということはありません。

「社会人経験4年あればもう第二新卒ではないから転職が難しい。」「院卒だから年齢が少し上」だから一気に不利になるということでもないのです。

「それなりの社会人経験があるがまだまだ若くて意欲的」ということを満たしていれば、第二新卒同様に、評価の対象になると覚えておきましょう。

第二新卒が企業に求められている理由

第二新卒は企業にとってさまざまなメリットがある人材と言えます。

企業は第二新卒のどんな点を評価しているのでしょうか。

注意点とあわせてご紹介していきます。

ビジネスの基礎が身についている

社会人経験を数年積むと、ビジネスマナーや職場でのコミュニケーション、仕事への意識など、ビジネスの基礎が身についています。

こうした基礎は重要な点でありながら、自社で教えるには手間がかかります。

学生気分が抜けない新卒には、研修などを通じて時間をかけて基礎を教える必要があるでしょう。

その点、第二新卒は基本的なことへの理解がありますから、あとは自社の仕事を身につけてもらうことができます。

面倒な教育を省くことができるのは、企業にとって大きなメリットでしょう。

<ここでのポイント!>

ここで注意点が1つ。

「基本ができている」ことが第二新卒に対しての前提なので、反対にいくら社会人経験があっても、ビジネスマナーがなっていない、受け答えがしっかりできないようでは第二新卒としてのメリットがありません。

新卒と同じく完全なポテンシャル採用になってしまううえに、「この数年何をしていたのか。」と、吸収力のなさがネックになるでしょう。

これをふまえ、第二新卒枠での内定を勝ち取るために、基礎を身につけるという意識をもちましょう。

意欲がある

企業は第二新卒に対しては、中堅からベテランのように即戦力までは求めません。

新卒で入社した会社を3年程度で辞めたということは、やっと一通りの仕事を経験したに過ぎず、どこに行っても通用するスキルや知識を身につけたとは言えないからです。

基本スキルは身につけている必要がありますが、それでも第二新卒を「育てよう」という気持ちには変わりがないでしょう。

その代わり、仕事への意欲の度合いはかなり重視します。

なぜなら、意欲的な人であれば教育や指導もしやすく成長性にも期待ができるから。

意欲はどの企業でも大きく評価する点ですから、応募時には積極的にアピールしていきましょう。

<ここでのポイント!>

意欲をアピールするときは、素直で謙虚なことが必要です。

ときどきいるのが、社会人経験が少ないのに自信満々に即戦力を公言したり、自分は仕事ができると信じきっている「上から目線」の人。

企業としては第二新卒にそこを求めているわけではないですし、自分を等身大にとらえられない印象です。

経験豊富な面接官からすれば、第二新卒などまだまだひよっこなので、その態度はすぐに見破られてしまうでしょう。

20代半ばまでは素直で謙虚でないと「育てにくい」とレッテルを貼られてしまうため、過剰なアピールには注意しましょう。

あくまでも、自分なりの目標を持ち、先輩たちの姿を見て学んでいきたいという謙虚な姿勢が求められます。

素直で謙虚かどうかは、面接での受け答えでしっかりとチェックされています。

面接官の厳しい指摘に対して否定から入らない、あからさまなにむっとした表情をしないなどは、基本的なことですが重要です。

キャリアの方向性や目標が定まっている

仕事は、大体3年目くらいから方向性や目標が定まってくるものです。

入社1年目は仕事を覚えることに精一杯で、具体的な目標を考える余裕などありません。

2年目になるとようやく、仕事の流れを把握したうえで取り組むことができるようになり、3年目にかけて徐々に人に教える仕事などもでてきます。

このくらいから、自分がどんなキャリアを築いていきたいのかが見えてくるため、育てる方としてもやりやすくなります。

自分が一体何をしたいのかがよくわからない人よりも、具体的な目標をもって仕事に取り組む人の方が導きやすいというもの。

第二新卒はちょうど自身の方向性が定まってくる時期なので、企業としても育てやすく、成長スピードも加速しやすいのです。

<ここでのポイント!>

3年後、5年後のキャリアプランや仕事の目標は転職面接でもよく聞かれる質問です。

数年後に活躍する姿が面接官にイメージしてもらえうよう練っておきましょう。

たとえば、応募先が展開する事業を指し「御社でこんな仕事がしたい。」と述べる、仕事に必要な技術習得のため「〇〇資格を目指しています。」と言うなど。

仕事内容に絡め、具体性をもたせることが重要です。

さらに、転職理由についても重要視されるのが第二新卒です。

自身の目標と合致した前向きな転職理由でなければ、入社数年で辞めた事実を「忍耐力がない」と、マイナスにとらえられてしまう可能性も。

あくまでもステップアップのための積極的な転職である、ということをアピールしましょう。

第二新卒の転職活動はエージェントを活用しよう

第二新卒枠で転職活動するということは、転職自体が初めてというケースがほとんどのはず。

転職活動は、応募書類の書き方から面接対策まで、学生時代の就職活動とは異なる点が多くあります。

具体的に何から始めていいかわからない人も多いでしょうから、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職支援のプロとして、キャリアの方向性を一緒に考えてくれたり、書類添削や面接対策などをおこなってくれます。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。