転職活動では、複数の企業に同時応募するのが基本です。

そのため、やむを得ず辞退することもあります。

辞退のタイミングや連絡手段は、選考中と内定後など状況によって異なります。

そこで今回は、選考中、内定後それぞれの辞退を、いつどんなタイミングでおこなうのかについて解説します。

面接前など選考中の辞退方法

まずは、面接前や書類選考送付後など、選考そのものを辞退する方法を紹介します。

選考中の辞退は、面接までの日数や何の選考中かによってどんな手段を使うのが異なります。

自身の状況と照らし合わせて判断しましょう。

面接までの日数は何日?

選考途中で辞退したい場合は、次の面接までの日数によってメールか電話かを使い分けましょう。

次の面接があり、日数が3日以上あいている場合はメールでも可能です。

面接前々日~当日に辞退したい場合は電話でしっかり伝えるのがマナー。

このタイミングでメールにしてしまうと、いつメールを確認してもらえるかわからず、場合によっては当日ドタキャンと一緒になってしまいます。

面接の日程調整などで迷惑をかけることになるため、確実に連絡がつく方法を選びましょう。

最終面接前の辞退は電話

次の面接までに日があっても、最終面接や役員面接まで進んでいる場合は必ず電話で辞退しましょう。

そこまでの選考には、多くのコストや日程調整における負担が発生しています。

それを辞退するわけですから、メールでは不誠実な印象。

お詫びと、最終面接まで対応してくれた感謝の気持ちを丁寧に伝えるべきです。

書類選考を辞退したい場合は?

書類を送付してすぐに別の企業から内定をもらった場合など、書類選考を辞退したいケースも考えられます。

この場合は、電話ではなくメールがいいでしょう。

選考がおこなわれていない時点で、面接を実施してもいない応募者から電話をもらっても「誰でしょう?」状態。

メールの方が送付された履歴書と突き合わせて確認しやすいため、人事担当者も助かります。

メールで辞退するときの例文

メールで面接を辞退する場合は、下記の例文を参考にし、要件を端的にまとめましょう。

最後に連絡先を書いて送信します。

<例文>

お世話になっております。

〇月〇日〇時から面接のお時間をいただいている△△と申します。

この度、諸般の事情により面接を辞退させて頂きたく、ご連絡を差し上げました。

面接の時間を確保していただいたにも関わらず、大変申し訳ございません。

どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

末筆ながら貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。

内定後の辞退方法

ここからは、すでに選考が終わっており、内定がでた後に辞退する方法です。

内定後の辞退は非常に心苦しいですが、複数応募が基本の転職活動においてはあり得ること。

人事担当者の方も仕方がないとわかってくれますので、何より丁寧にお詫びとお礼を伝えることを心がけましょう。

内定後は電話か訪問

内定がでた後の辞退をメールだけで済ますのはやめましょう。

内定をだしたのは「この人を採用したい!」と思ってくれたからこそ。

すでに人事担当者と顔を合わせているケースが多いでしょうから、電話か訪問で誠実に辞退したいですね。

基本的には電話辞退で十分ですが、先方から「直接会って話がしたい」と言われるケースも稀にあります。

担当者に特別お世話になったなど、自分の方から訪問して謝罪したいと考える場合もあるでしょう。

ただし、相手の負担もありますから、あらかじめ電話やメール連絡して日程調整してから。

アポイントなしで突然訪問するのは迷惑です。

「内定を辞退させていただきたいと思っているので、一度ご訪問して詳細のお話しとお詫びに伺いたいのですが」と伝えましょう。

「訪問まではけっこうです。」と言われたら、素直に電話口で済ませましょう。

電話で辞退するときの切り出し方

電話で辞退するときは、電話口にて氏名、面接日と時間、何の職種での応募だったかなどを述べ、誰からの電話なのか明確に説明します。

簡単に挨拶したら、「このたびの内定を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。」と切り出します。

そのあと、面接時間を確保してくれたことへの感謝とお詫びを述べましょう。

辞退の理由を聞かれた場合の対処法

メールも電話も、基本的に辞退理由については伝える必要はありません。

「都合により」「諸事情により」など曖昧でOK。

ただし、先方から理由を聞かれることもあるので、その場合は「他社から内定をいただきました。」などと正直に言ってもいいでしょう。

社名や詳しい条件面などは言わないのが無難です。

そこから掘り下げて聞いてくる担当者は稀ですが、答えにくい内容を聞かれた場合は「その件についてはお答えできません。」と、やんわり断りましょう。

人事担当者が離席中の場合

電話しても人事担当者が離席している場合はどうすべきでしょうか。

これについては、担当者がつかまるまで電話をかけ続けるべきだと言う人と、電話口に出た人に伝言をお願いすればいいと言う人と意見がわかれるところです。

前者の場合、確かに誠実ではありますが、何度も電話をかけることで電話対応をする人の負担になるリスクがあります。

後者の場合は、最初から伝言ありきで「いなくてラッキー」という雰囲気がでないよう、少なくとも1回は、あらためてかけ直すのがベターではないでしょうか。

対面で辞退するときの流れ、切り出し方

対面で辞退する場合、あらかじめ約束した時間に訪問し、受付で氏名と、担当者とアポイントがある旨伝えます。

手土産などは不要ですが、スーツで行くのがベター。

訪問の場合は辞退理由を伝えることが前提なので、先方が納得できる理由を用意しておきましょう。

転職エージェント利用時の辞退

転職エージェントを経由して応募いている場合、選考中か内定後の辞退に関わらず、転職エージェントに連絡します。

企業へ直接連絡するのに比べて負担が少ないでしょう。

連絡方法は、企業へ直接連絡する場合と同じように、状況に応じて使い分けましょう。

エージェントへの辞退連絡は、理由を詳細まで伝えるのが好ましいです。

何がネックになったのかを知ることで、エージェントとしても、次の紹介案件をより適切なものに修正できるからです。

今後どのように転職活動を進めていくのかを含め、エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。