未経験の分野に転職したい、職種を変更したいなど、キャリアチェンジのために資格取得を目指すケースがあります。

経験がない分、資格が意欲のアピールにもなり、実際に業務で使える資格であれば評価される可能性があるでしょう。

仕事や家事にと忙しい毎日の中で勉強を続けるのは簡単ではありませんが、大いにチャレンジする意味があると言えます。

しかし、「資格取得のために会社を辞めて勉強に専念する」となると話が別です。

現在、将来ともに大きなリスクを抱えることになるため、慎重にならなくてはなりません。

そこで今回は、会社を辞めて資格取得を目指す場合のポイント、注意点を紹介します。

会社を辞めて資格取得に専念するリスク

まずは、会社を辞めて資格取得に専念することには、どんなリスクがあるのかを整理していきます。

勢いで辞めてしまい無職になる前に、リスクを許容できるかどうかを考えておきましょう。

勉強期間中の生活はどうするか

会社を辞めて学校に通う場合、この間の生活はどうするのかという現実的な問題を考えなくてはなりません。

生活費を稼ぐためにアルバイトをすると勉強時間が減る、勉強に集中すると生活が立ち行かなくなるというジレンマに、必ず直面するでしょう。

アルバイトをしないなら、下記の条件が必要になります。

  • 数年は生活できるだけの貯金がある
  • 親や配偶者などを頼れる状況でかつ理解もある
  • 運用やネットビジネスなどで「不労所得」がある

条件を満たしているなら、会社を辞めるハードルはぐんと下がります。

いつ合格できるかわからない不安

超難関資格の場合、1年に1回の試験がほとんどですし、勉強すれば必ず合格できるものでもありません。

合格までに最速で1年ですが、3年、5年と当たり前にかかるでしょう。

いつ合格できるかわからない不安もあり、精神的にもかなりきついものがあります。

ブランク期間ができることで転職が不利に

学校に通うなどして一時的に仕事から離れることを「ブランク期間がある」と言います。

無事に資格を取得しても、ブランク期間だけは消すことができません。

ブランク期間は、企業の人事担当者にとって下記のような懸念材料となり、転職が不利に働くことがあります。

  • 会社員としてのストレス耐性が薄れていないか
  • 働く意欲が保たれているのか
  • ビジネスマナーなど社会人としてのスキルレベル低下

ブランク期間を気にするかどうかは人事担当者の考え方によります。

しかも、単に休んでいたわけではなく、あくまでも仕事に活かすための資格取得という目的があります。

他のケースでブランク期間ができてしまった人よりは、前向きなため理解される可能性はあるでしょう。

しかし、働いていない間に下がってしまった意欲や、ストレス耐性低下への懸念は、すべて排除できるものではありません。

転職で不利になる可能性も確実にあると理解しておきましょう。

資格取得が評価されることはないの?

資格自体は、無意味なものと揶揄されることがあるものの、向上心や勉強熱心な姿勢の証でもありますから、一定の評価を受けることが実際にあります。

特に業務に関わりのある資格や、スキルレベルの分かりやすい証明になるものは、取得する意味があると言えるでしょう。

ただし、転職組の場合は即戦力として、向上心とともに経験が重視されます。

経験が全くない場合は、厳しい戦いになると思っておきましょう。

会社を辞めてまで資格取得を目指した場合、何の資格かもポイントです。

その業務をおこなう上での必須資格でない限りは、計画性のなさや危機管理能力の低さを懸念される可能性も。

会社を辞めなくても取得できたのに辞めてしまうという「考えの甘さ」がネックになるということです。

資格取得のために会社を辞めるべきかのポイント

資格取得のために会社を辞めるべきかどうかを迷ったときは、下記の質問に対しての答えを1つ1つ出していくことで判断できます。

どんな点がポイントになるのでしょうか。

会社を辞めないと取得できないかどうか

そもそも、会社を辞めないと取得できない資格とは何でしょうか。

1日のうちほとんどを勉強に充てなくてはならない超難関資格か、昼間学校しかやっていない専門職に限られるはずです。

1日数時間の勉強で毎日コツコツ続ければ合格できるなら、それは会社を辞めないと取得できない資格ではありません。

まずは、今取ろうとしている資格がこれらに該当するのかをしっかり見極めましょう。

資格合格までにかかる勉強時間、合格率、取得後のキャリアなど、資格について調べておくのです。

会社を辞めてまで取る必要がある資格か

難関資格にしても専門資格にしても、そこまでして取るべき資格は、「その資格がなければ仕事ができない」「資格取得してキャリアチェンジすることが将来大きな意味をもつ」ものでなければならないでしょう。

でないのなら、会社を辞めてまで資格を取る意味は、はっきり言って「ない」と思っておきましょう。

転職を考える業界事情をよく調べておき、資格がなくても活躍している人がいるかどうかを確認したいですね。

働いていない間に生活できる?

働いていない間に生活が成り立つのかどうかは、事前に細かくシミュレーションしておきましょう。

家賃、光熱費、食費など生活費のほか、住民税や国民健康保険料などは前年の所得にかかるため、正社員時代の所得を元に計算されます。

それらをしっかり支払った上で生活できるのか計算しておく必要があります。

残業代もボーナスもでないわけですから、急な出費に対応できるだけの余裕も必須。

ここまで確認すれば、会社を辞めて勉強に専念すべきかどうかが見えてくるでしょう。

会社を辞める前にキャリア相談を

キャリアチェンジを目指す場合、いずれは転職活動を始めるわけですが、会社を辞める前に活動を開始しましょう。

転職エージェントを利用すれば、キャリアカウンセリングを受けられるため、必要資格や会社を辞めてから目指すべきかどうかなど相談ができます。

資格の勉強を始めるには強い意志や勢いも必要ですが、キャリアだけは別。

先走って会社を辞めると後悔する可能性もあります。

プロに相談しながら、よりよいキャリアチェンジの方法を探っていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。