AさんとBさん、同じことを話しているのに受ける印象が異なる、なぜか片方だけに説得力を感じた。

こんな経験はないでしょうか。

これは、その人の話し方が影響しています。

同じくらいの知識や経験をもっているのに、相手に与える影響が悪いとしたら、話し方で大きく損していることになりますよね。

転職面接も職場の人間関係においても言えること。

今すぐ自分の話し方を見直して、得する話し方を目指しましょう。

今回は、損してる話し方の特徴と改善策を紹介します。

転職面接で損してる話し方はこれ!

転職面接では、話している内容もさることながら、話し方も重要です。

面接官にとって応募者は見ず知らずの人なので、話し方一つで大きく印象を左右します。

たとえ、本当は人柄がよくて真面目で仕事熱心な人でも、話し方次第ではそう捉えられないことも。

転職面接で損してる話し方を紹介します。

否定から入る話し方

面接官は応募者の反応を見るために、ときに厳しい指摘をすることがあります。

納得できない指摘であれば、「しかし…。」と、否定から入って反論したい気持ちになるでしょう。

普段から否定から入る話し方をしている人は、間違いなく面接でもその癖がでてしまいます。

「でも」「だって」「違う」など、否定言葉を最初に使うのはリスクがありますよ。

厳しい指摘に対しては、「確かにわたしには〇〇という面があります。ただ、現在改善するために△△をおこなっており…。」と、一旦受け止めた上で、今自分がやっている努力や工夫を前向きに伝えるようにしましょう。

相手の興味関係なくひたすら長く話す

要点がまとまっておらず、ひたすら長く話すのは自己満足以外の何ものでもありません。

興味のない話を聞かされ、周囲は間違いなく飽き飽きしているため、損している話し方の典型例でしょう。

転職面接でも、話す内容をポイントを絞ってまとめ、伝えられるかどうかを見られています。

「自分が」どう話すのかではなく「相手が」何を聞きたいのかが重要な視点。

話し言葉が多い分、内定が近づくわけではないと覚えておきましょう。

前置き、脱線が多い

同じく話が長い人に多い特徴ですが、前置きや脱線が頻繁に起こります。

相手への理解を深めるために長い前置きをする人もいますが、それ以上に「聞く気が失せる」リスクも忘れてはなりません。

前置きは補足程度に抑え、早めに本題に入りましょう。

面接でもやけに前置きが長く、結局本題に入る前に面接官に話を変えられてしまうケースがあります。

脱線が多いのはナンセンス。

家族や友人との会話なら脱線も楽しいですが、面接では「話を聞いていない。」「理解力がない。」と思われる可能性大です。

間をつなぐ言葉が多い

とてもいいことを話しているのに、間をつなぐ言葉が多いことで、内容が全く頭に入ってこないことがあります。

話している内容がいいだけに、非常に損してると言えますね。

間をつなぐ言葉とは「えっと」「あのー」「すなわち」など。

面接官も人間なので、つなぎ言葉が多い応募者は、内容より話し方の印象だけが残ってしまいます。

話し方のクセのようなもので、これを改善するには、まずは自分の話し方を客観的に確認すること。

意識してみるだけでも違いますし、本格的にやるならボイスレコーダーなどで録音して聞いてみるのもいいでしょう。

専門用語を多用する

専門用語を多用する人も敬遠されます。

たとえば、業界特有の専門用語、その職種内でだけよく発生する用語、職場内で使う略語など。

横文字が多い人も、面接官によっては気にされることがあります。

面接官が同じ業界の方であっても、立場や業務内容は異なりますよね。

専門用語を多用することで話が伝わりにくいだけでなく、「クライアント目線で話ができないのではないか。」と懸念されるかもしれません。

「どこの誰にでも通じる話し方」を意識することが大切です。

職場の人間関係で損してる話し方もある!

転職面接だけでなく、職場の人間関係でも損してる話し方があります。

覚えておかないと、転職した後の人間関係がうまくいかないことも。

どんな話し方に気をつければいいのでしょうか。

早い段階で敬語を崩す

付き合いが短い相手に対し、早い段階で敬語を崩すのはリスクがあります。

人によって「タメ口全然OK!」の人もいれば、職場の人とは敬語で会話したい人もいますよ。

早い段階で敬語を崩してしまう人は大抵が、相手の希望は無視しています。

許されているとしても、たまたま相手が「タメ口OK派」だっただけ。

人間関係を運だけに左右させていることになるため、損しています。

語尾を伸ばした話し方

「わたしはー」「あのー」など、語尾を伸ばした話し方も職場では適切ではありません。

若い女性がやると一定層からは可愛いと思われるものの、ビジネスの場では頭が悪いと思われてしまい、結局損です。

本当は賢くて優秀な人でも、責任ある仕事を任せてもらえない可能性もあるでしょう。

同性社員からのやっかみにも合いやすいため、面倒な人間関係のトラブルに巻き込まれることも。

メリットはないと思っておきましょう。

声が大きい

声は大きい方がいいと思われがちですが、大き過ぎる声は威圧感を与えるため損です。

人前でスピーチをするときとは、また違うので注意が必要ですよ。

普段の職場での会話では、周囲が作業に集中していることもあるため、相手にだけ伝わる大きさで十分。

特に女性相手には、「うるさくて周りに気を使えない人」とレッテルを貼られてしまう危険性を意識しましょう。

人の話を自分の話にすり替える、かぶせる

相手が話しているとき、自分の話にすり替えることは、その場では気持ちがいいかもしれませんが、相手からの印象は最悪なので大損です。

「へーそうなんだ、わたしもね…。」と、相手の話へは適当に相槌を打ち、自分の話に変えていないでしょうか。

相手がまだ話している最中に言葉をかぶせるのもありがちな失敗です。

自分が話すより、相手の話を聞くことを優先させましょう。

損してる話し方かどうかは転職エージェントに聞いてみよう

転職活動をスムーズにすすめるために、転職エージェントを利用する方は多いでしょう。

転職エージェントでは事前面談や、面接対策をおこなってくれます。

エージェントの視点から見て、損してる話し方を改善すべきだと思ったら的確なアドバイスをくれるでしょう。

本番の面接に役立つアドバイスなので、しっかり聞いておきたいですね。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。