仕事を辞めたい理由として、「ノルマがきつい」と多くの方が口にします。

特に、営業や販売など売り込みを基本とする仕事では、ノルマが設定されていることが多くあるでしょう。

会社でのノルマが辛い人は、転職を視野に入れてみてください。

ノルマがある仕事には向き不向きがあり、世の中にはノルマがない仕事も存在しています。

そこで今回は、ノルマが辛い人への転職のススメとして、ノルマが辛い理由とノルマがない仕事を紹介します。

ノルマが辛いのはなぜ?

ノルマは会社に必要なもの、ノルマがあるからこそ頑張れる、その言い分はわからなくはありません。

しかし、ノルマは多くの人にとって辛く厳しいもの。

ノルマは一体なぜ辛いのでしょうか。

そもそもノルマとはどんなものか

毎月〇件以上の契約、1日〇万円以上の売り上げなど、会社が業績に貢献するために設けた基準を「ノルマ」と呼ぶことがあります。

目指したいラインを個人や職場単位で設定する「目標」とは区別され、ノルマには強制力を伴うという特徴があります。

ノルマにストレスを感じるのは意志がないから

ノルマを自身の目標と置き換えて、意志をもって進める人はいいのですが、意志が含まれないノルマはストレスを感じやすくなります。

他者から決められた基準に対して自分の意志を含めることはそう簡単ではないため、ノルマ設定そのものに疑問を感じることもあるでしょう。

会社への不信感、目標よりノルマを優先せざるを得ない切迫感がストレスを増長させます。

ノルマにペナルティを設ける企業が多いから

ノルマにはペナルティがつきものです。

ノルマ未達の場合に氏名を貼りだされたり、上司からの厳しい叱咤を受けることで精神的に参ってしまう人もいるでしょう。

場合によっては、自腹で製品を購入させられる、給与を減額させられるなど、ブラック的な要素が含まれることもあります。

もともと達成不可能なノルマを課すことも、最初からペナルティがあるようなものです。

ノルマがある仕事に向いている人

ノルマがある仕事に向いている人には、たとえば下記のような特徴があります。

  • わかりやすい評価を望む人
  • 失敗を気にせず突き進んでいける人
  • 自社の製品が好きでたまらない人

ノルマという明確な基準があることで頑張れる人や、ノルマをノルマと思わない、いい意味での楽観性がある人たちです。

失敗があっても、それ以上の成功があればいいと思えるなら、ノルマが達成できず落ち込むことが少ないでしょう。

ノルマがある仕事に向いていない人

反対に、ノルマがある仕事に向いていない人もいます。

下記の特徴に該当する場合、ノルマをダイレクトに受け止めてしまい、ストレスを感じやすくなるでしょう。

  • 決められた仕事量をコツコツこなすのが好き
  • ミスをしない慎重なタイプ
  • 正直過ぎて自社製品の欠点を隠すことに後ろめたさを感じる人

性格的には、真面目で正直な人は、自分の理想と追求すべき利益との間にギャップをもちやすいため、ノルマをうまく使いこなすことが難しいでしょう。

1度の失敗で落ち込みやすく、その都度立ち止まってしまうので、ノルマを達成することがなかなかできません。

ノルマに追われたくない人はこんな仕事がおすすめ

ノルマに追われる仕事をすると心身ともに疲れてしまうという方は、ノルマのない仕事に転職することをおすすめします。

ノルマ自体の有効性は置いておくとして、そもそも適性がない仕事を我慢して続けるのはリスクもあるからです。

ノルマがない仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

医療、介護業界

需要が高く人手不足でもあるため注目度が高い医療、介護業界。

福祉の側面が強く、営業や売り込みをする仕事とは性質が違ってきます。

ただし、ノルマがないのは、主に専門職の場合や一般事務職だと思っておきましょう。

医療、介護業界でも、施設営業や入居者募集の際にノルマが設定されていることはあります。

営業職の場合は、高額案件のノルマがあるケースも想定しておきたいですね。

事務職、秘書などバックオフィス系

事務職、秘書など会社の業績に直結しないバックオフィス系も、基本的にはノルマという概念がありません。

ノルマを追う部署の人たちをサポートする仕事です。

ただ、事務職すべてがノルマなしというわけでもありません。

たとえば人事担当。

新卒の応募者数などにノルマがあることがあり、学校訪問やダイレクトメールなど積極的な営業活動をおこなう場合もあります。

サポートデスク

自社製品にトラブルが発生したときや、顧客からのクレームに対応するのがサポートデスクの仕事です。

基本的に何か困ったことが発生した場合の対策部なので、こちらから営業をかけることはありません。

その意味でノルマはありませんが、ノルマと同じくらい嫌がる人が多いクレーム対応が発生します。

製造工場

できた製品を売るのは営業や販売の仕事ですが、製造工場で作る場合はノルマがありません。

工場の稼働時間や作業スピードはマニュアル化されており、頑張ったからたくさん作れるというものでもないからです。

それよりも、製造工程におけるミスがないよう集中する、製品の質を高めることに注力することになります。

少し職人的な意味合いが強くなるかもしれませんね。

工場なので、決められた仕事を時間内に終わらせる効率や規則正しさは求められます。

飲食店、レジャー施設、宿泊施設

街中でのビラ配りなどを除けば、飲食店やレジャー施設、宿泊施設なども、個人ノルマを設定しにくい仕事です。

接客サービスが仕事の中心なので、来てくれたお客を「もてなす」という受け身的な側面が強くなります。

店舗や施設の魅力や接客レベルを上げていくことで顧客満足度につながり、結局は売上に貢献できるため、ノルマありきで仕事をする意味が薄いとも言えます。

全体としての売上目標はありますが、それはまたノルマとは別なのでしょう。

ノルマから逃れたいと思うのは間違いではない

ノルマがあるから仕事を変えたいと言う人に対して「それは甘いことだ」と指摘するのは簡単です。

しかし、ノルマのきつさに耐えることだけが仕事ではないですし、精神的なゆとりができ、自分の力を存分に発揮できるとしたら、それは有意義なことのはず。

ノルマから逃れたい自分を責める必要などないのです。

ノルマがない仕事は、転職エージェントを利用すればたくさんあります。

エージェントに希望を伝え、ノルマがない仕事を紹介してもらいましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。