転職活動中の応募段階で、多くの方が悩むのが志望動機ではないでしょうか。

自分ならではの志望動機がなければ、企業側に意欲をアピールすることができないと分かっていても、どう切り込んでいけばいいのか困りますよね。

まずは、「どんな切り口からスタートするか。」を整理してみると、その後の志望動機をスムーズに組み立てることができます。

そこで今回は、志望動機の切り口について、5つの王道パターンとNG例を紹介します。 

志望動機はこう切り出す!5つの王道切り口を紹介

志望動機をどう切り出すのかはある程度パターンが決まっています。

その中で、自分だけの考え方やエピソードを織り交ぜてオリジナル性を出していくのがポイント。

ここでは、志望動機の切り口として考えられる5つのパターンを紹介します。

自分の経験が活かせる場所

「これまでの経験や身につけたスキルが活かせる」は、企業側に貢献度をアピールできるため、志望動機の切り口としてとてもいい方法です。

未経験の業界や職種の場合でも、どんな経験なら活かすことができるのか、共通点を導きだして盛り込むようにしましょう。

ただし、応募先でなければ活かせないと思わせることが必要なので、後述する「応募先ならでは」の魅力を付け加えるようにしましょう。

企業の特徴や強み

深い企業研究によって企業の特徴や強みを切り口にするのも、志望動機の伝え方としては王道の方法です。

これによって企業は、意欲的に情報収集をおこなっているか、応募者が自分なりに分析して企業の特徴をつかんでいるかなど、希望度の高さと分析力を把握することができます。

企業HPに載っているようなことだけをピックアップして述べるのではなく、業界全体の中でどんな立ち位置なのか、他社と比較してどうなのかなど、広く深く企業研究をおこなっておきましょう。

企業理念への共感

企業が掲げる理念は、企業の性質やあり方そのものなので、企業にとって非常に大切なものです。

企業理念への共感も、志望動機の切り口として入りやすいはず。

ただ、単に「理念に共感しました。」だけでは、信憑性もなぜ共感したのかはわかりません。

自身の経験と照らし合わせて「だから共感しました。」と言えるようにすべき。

商品サービスを利用してみて、企業理念が反映されていると感じたエピソードなどもあるといいでしょう。

社風への適性

理念に近いものがありますが、企業の社風も志望動機の切り口として考えられます。

「意見やアイデアを積極的に言い合う」「顧客視点で常に行動している」など、社風の魅力をアピールするのもいいでしょう。

現場社員たちの考え方や顧客への対応は、企業そのもの。

こちらも、実際に働いている人たちを見てどう思ったのか、なぜその社風が自分に合うと感じたのかなど、具体的な要素を盛り込むといいでしょう。

特定の分野なら資格も切り口になる

志望動機の切り口としてはやや弱いものの、特定の分野なら資格も1つの切り口です。

たとえば、法律系の難関独占資格などは、資格がなければ従事できないこともあり、資格取得をきっかけに働き始めることはあります。

そもそもなぜ資格を取ろうと思ったのかなどは整理しておくべきですが、そこがクリアできれば説得力のある志望動機です。

どの資格にも使えるわけではありませんが、資格を直接的に使う仕事なら切り口としてアリ。

他の切り口とあわせて使えば志望動機に深みがでるでしょう。

志望動機の切り口は前向き&具体性を持たせること

志望動機の切り口は、どのパターンを選ぶにしても、共通して必要なのは前向きなものであること。

さらに経験やエピソードを具体的に付け加えることで、自分だけの志望動機とすることができます。

企業の人事担当者の心を掴むためには、応募者の背景が見えるようなオリジナルの志望動機が必要。

志望動機が思い浮かばない場合は、まだ企業や業界の研究が不足していると思って、もう一度情報収集をしてみましょう。

こんな切り口は注意!人事担当者が嫌う志望動機とは?

志望動機の切り口によっては選考に暗雲が立ち込めることも。

ここからは、注意すべき志望動機の切り口例を紹介します。

給与に待遇など条件面を全面に押し出してくる

誰にとっても気になる給与や待遇ですが、その魅力を志望動機の切り口とするのは好まれません。

「きれいごとを言わず正論で勝負したい。」

その気持ちはわかりますが、「自分勝手」な志望動機だと思われかねません。

なぜなら企業は「その給与が欲しいです。」と言ってくる人には興味がなく「こんな貢献ができます。」と言っている応募者を求めているからです。

あくまでも企業目線からはどう見えるのかは、自身の志望動機と言えどしっかり意識しておきたいですね。

成長できそうなど企業側への過度な期待

「自分が成長していける場所だと感じた。」「将来性がある企業だから。」なども、切り口としては残念な印象です。

一見ポジティブな志望動機なのでやってしまいがちなミスですが、企業側への過度な期待が見え隠れしています。

企業を学校のように育ててくれる場所と勘違いしている、「将来性があって安泰だからラクできそう」など、ぶら下がり社員になりそうな兆候を予測されます。

成長性や将来性などのキーワードを使うときは、あくまでも補足要素として使うこと。

企業は中途採用者に今すぐ貢献してほしいと考えているため、今何ができるのかを真っ先に伝えるべきでしょう。

やりがいは自分で感じるもの

「やりがいがありそうだと感じた。」も、ポジティブな印象があるものの、志望動機の切り口としては弱いです。

そもそもやりがいは企業が提供するものではなく、自分自身がどう感じるのかなので、どんな仕事をするにしてもやりがいを持って働くことは可能です。

そのため、どうしてもその企業で働きたいという志望動機にはならないのです。

志望動機の書き方に迷ったら

志望動機は応募書類、面接双方において選考結果を大きく左右する重要な要素です。

適当に組み立てたまま応募に踏み切っても不採用になる可能性が高いので、しっかり準備しておきましょう。

志望動機の書き方に迷ったら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

キャリア相談を通じて本当の志望動機が整理されてきますし、応募書類の添削や面接対策なども受けられます。

希望の転職を叶えるために上手に利用しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。