「60歳まで働いて、その後は年金で悠々自適に暮らす」

数十年前の日本ではスタンダードな人生設計でしたが、現在の日本では夢になりつつあります。

年金制度の崩壊や先行き不透明な経済情勢を考えると、そろそろ「一生働く可能性」について考えておくべきではないでしょうか。

そこで気になるのが、定年関係なく続けられる仕事とは何かということ。

今回は、60歳以降もバリバリ稼ぐことが可能な方法を紹介します。

定年なしの企業を今のうちから探しておく

サラリーマンは60歳が定年と当たり前に思われていた時代も変わり、近年は定年という概念そのものが失われつつあります。

今の60歳は若者以上に活力があり経験豊富で企業に貢献できる人も多いため、60歳になった人を積極的に雇用したいと考える経営者も多数。

高年齢者雇用安定法によって、定年年齢60歳は時代遅れだと感じた人も多いのではないでしょうか。

求人媒体を見ると「定年がない仕事」特集が組まれていることだってありますよ。

定年になってから新しい仕事を探すより、今のうちから「もともと定年がない会社」を探すのは、定年後も安心して働き続けるための1つの方法です。

高年齢者雇用安定法って?

高年齢者の職業の安定や福祉を目的とした法律で、定年年齢の下限ほか、高齢者が年金受給開始までに安心して働けるための措置等が定められているものです。

具体的には、下記のいずれかの措置を実施するよう義務づけられています。

  • 65歳までの定年の引き上げ
  • 65歳までの継続雇用制度の導入
  • 定年の廃止

参照:厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page09.html

現状では、再雇用制度を含む「継続雇用制度の導入」が含まれているため、定年60歳を変えない企業もまだまだあります。

ただし、高齢化社会の日本では、高齢者の活用は急務であるため、今後は定年廃止や定年年齢65歳以上企業が増えてくる可能性、法律そのものが改正される可能性もあるでしょう。

士業は定年後も続けることが可能な有力資格

定年関係なく働ける筆頭の仕事が「士業」。

弁護士、司法書士、税理士、弁理士など、法律のスペシャリストなら知識や経験を活かして長く働くことができます。

事務所に雇われる場合でも、定年年齢を設けていないことがありますし、自身で独立開業することもできます。

いわゆる「体より頭を使う仕事」なので、年齢が高くなって体力が落ちても続けやすい。

法律を扱うため、年齢が高く経験が豊富な方が顧客からの信頼が得やすいという、仕事上の特性もメリットです。

資格取得と同時におこないたいのは人脈づくり

士業資格は難易度が高く、資格取得までに時間もお金もかかるため、「無謀な挑戦」にだけはならないようにしたいところ。

そもそも勉強する意欲やポテンシャルがあるかもそうですが、資格取得を目指すと同時におこないたいのは人脈づくり。

なぜなら、士業資格取得は開業こそできますが、安定した経営とは全く別ものだからです。

人脈があり、すでに顧客を抱えた状態で独立すること、これが定年後に士業として開業するための大前提となります。

さらに、バイタリティーを保ち営業活動にも精を出せるかも必要。

士業に限らずどの資格もそうですが、「資格=定年後も安泰」には決してならないのです。

「定年したら喫茶店経営」は早めの決断が吉

料理を作るのが趣味、食に興味がある人にとって、定年後に飲食店を経営するのは、一種のステイタスと言えるでしょう。

調理師学校には夜間部もあるため、働きながら調理師免許を取得し、退職金をもとにお店を開くことは不可能ではありません。

ただし、飲食店を開業し生活できるだけの収入を得るには、よほどオリジナリティがある店舗運営をしない限りは、やはり料理の腕が必要。

定年退職した後にどこかの飲食店で修業して腕を磨く必要があると考えると、のんびりもしてられません。

とにかく早めに開業資金を貯め、体力気力があるうちに料理の腕を磨くことも考えましょう。

本気なら、若いうちにダブルワークで飲食店で働くことを経験しておくことも必要です。

専門性を高めて講師業をおこなう

定年関係なく働ける方法として「人に教える仕事」も有力です。

年齢が高い人が若い人に何かを教えることは、もっとも自然な形と言えるでしょう。

教えられる方も素直に聞き入れやすく、豊富な人生経験の中で身につけた知識やスキルを思う存分発揮できます。

若い人を育てるやりがいも感じるため、60歳を過ぎても生き生きと働くことができるでしょう。

人に教える仕事もいろいろあって、専門学校の講師や、マナーや料理教室の先生、フリーランスとしてセミナーを開催するといった方法もあります。

いずれも必要なのは高い専門性。

今の仕事で専門性を磨き、将来的に講師業を視野に入れておくのはいいでしょう。

早い段階で、人前で話す訓練をしたり、学校や教室で必要な資格なども確認しておきたいですね。

やっぱり熱いのは農業

もともと定年という概念がない仕事と言えば農業。

お年寄りが多いイメージかもしれませんが、近年は若い農家の方も増えてきています。

自然相手の仕事のため難しさはありますが、年齢が高くてもかなり稼ぐ可能性がある仕事です。

アイデアを駆使して、オリジナル性の高い農産物を販売している農家もあります。

インターネットによる流通販路の拡大も後押しとなるため、IT知識や営業、マーケティングの経験も活かせます。

個人農家だけでなく、雇われて農業に就くことも可能。

求人媒体にごく普通に募集があるため、未経験の場合はサラリーマン農家もおすすめです。

フランチャイズチェーン経営はおすすめできない

定年退職後に始める人が多いフランチャイズチェーンの経営ですが、経営の素人がむやみに手を出すのにはリスクも伴います。

コンビニに代表されるように、本部からの理不尽な指示や金銭面の負担に、始めてみてから悩む人は多くいます。

現場経験があり、仕事の大変さを理解している人でないなら、あまりおすすめできません。

資金だけ失って借金まみれの老後を送らないためにも、慎重な情報収集と、周りの人の意見によく耳を傾ける謙虚さも必要となります。

定年関係なく働ける仕事は転職エージェントで探す

今の会社で定年以降働くことは難しいなら、転職可能性がある年齢のうちに転職しておきましょう。

とはいえ、定年年齢を設けているか、定年後も活かせるスキルが身につくかなど、企業の実態を個人で調べるのは困難。

転職エージェントを利用すれば、企業内情に詳しく、企業に聞きにくい情報も確認してくれるためスムーズです。

プロにキャリア相談もできるため、長く働ける仕事について聞いてみてもいいでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。