IT系のスキルや知識をもっている人から人気が高まっているのが、社内SEという職種。

各求人媒体で特集が組まれたり、社内SEに特化した情報を公開しているサイトが存在するなど注目されています。

一体なぜそんなに社内SEは人気なのでしょうか。

今回は、社内SEの魅力と、社内SEを目指す人が知っておきたい転職活動の注意点を紹介します。

大人気!社内SEの魅力に迫る

社内SEになりたい人は非常に多いのですが、何がそんなにいいのか気になりますね。

まずは、社内SEのどんな点が魅力なのか、仕事のメリットを紹介していきます。

勤務先がコロコロ変わらず安定している

社内SEの業務範囲は企業ごとに異なりますが、主には自社のシステム開発や企画、運用や保守などをおこないます。

自社システムを利用する社員たちからの問い合わせに答えたり、トラブル時には職場にかけつけて対応することもあります。

どの仕事をするにしても自社で働くのが基本で、勤務時間も他の社員たちと同じです。

顧客である外部企業でほとんどの時間を過ごす常駐SEと比べると、プロジェクトごとに勤務先や勤務時間が変わらないため、安定して働くことができます。

常駐SEも正社員ではありますが、不安定な派遣社員と共通点があるためデメリットを感じやすい人が多いのも事実。

安定して自社での仕事ができる社内SEは人気が高いのです。

自社のために働けるやりがいを感じやすい

社内SEにとってのクライアントは自社の社員です。

同じ会社で働く仲間なので、頻繁に顔を合わせたり仲良くしている人も多いでしょう。

その人たちのサポートができたり、使いやすいシステム作りのために奔走することは、非常にやりがいの高いことです。

クライアントの希望が絶対の常駐SEと異なり、自社の社員に近い距離で提案したり、意見交換ができるはず。

社員たちにとっても、気軽に相談に乗ってもらいやすいため頼れる存在となるため、双方にとっていい循環が生まれます。

自分の好きな業界で働くことも可能

常駐エンジニアを多数雇う企業はIT業界に属していますが、社内SEはさまざまな業界に在籍しています。

近年はどの業界でもシステムを利用したビジネスが基本なので、業界の幅は非常に広いのが特徴。

アパレル、医療介護、宿泊観光業界の情報部門など、自分が好きで興味がある業界で働くこともできるのです。

IT業界という枠にとらわれることなく、ITの仕事に関わることができるのは魅力的でしょう。

顧客からの圧力や無理な要求がない

外部企業に常駐して働く常駐SEの場合、常に顧客の元で業務を遂行するため、緊張感もありストレスを感じやすいと言えます。

顧客は自分たちの方が立場が上であると認識しているため、無理な納期や作業内容を要求してきたりすることも。

社内SEの場合は基本的に発注サイドで、外部とのやり取りをする場合も客としての立場です。

自分たちのペースで仕事ができ、作業時間なども融通がきくため、残業も少ない傾向に。

ワークライフバランスが取りにくいと言われているIT職種の中でも、比較的バランスを保ちやすい職種と言えます。

上流工程を経験してキャリアアップを目指せる

発注側である社内SEは上流工程を経験することができます。

下流工程に携わることが多い常駐SEに比べると、キャリアとしてのメリットが。

下流工程しかおこなったことがないSEは、結局はその範囲でだけしか腕を磨いていくことができません。

もちろん、下流工程ができる知識やスキルはキャリアに必要ですが、どちらもできる方が強いのは確か。

特に、中小企業の社内SEを経験しておくと、上流工程から下流工程まで全体を知ることができるため、今後のキャリアを考えると有意義な経験となるでしょう。

社内SEを目指す人の転職における注意点

メリットが大きい社内SEという仕事ですが、転職するにあたって注意点もあります。

社内SEが人気だからという理由で転職すると痛い目に合う可能性も。

ここからは、社内SEが転職するときに気をつけたいポイントを解説します。

「社内SE=安定」は注意が必要な考え方でもある

ここまで社内SEの魅力をお伝えしましたが、社内SEが安定的な立場であるという考え方は注意も必要です。

確かに自社のために働く職種ですが、業務内容が大きく変わる可能性もあります。

社内の方針が変われば合わせる必要がありますし、部署異動の可能性も否定できません。

常駐SEのようにSEとして働き続け、さまざまな現場を経験する方が、スキルを磨いていけることがあります。

社内SEとしての価値を高めるべく、スキルや知識向上に努め、社内の人との円滑なコミュニケーションを心がけておくことは非常に大切だと言えます。

社内SEは人気職種のため倍率の高さは覚悟して

需要が高まる社内SEですが、IT業界以外での募集も多いため、募集枠が少ないことも特徴です。

情報部門など専門部署での募集の場合は欠員補充がメイン、社内SEを雇ってシステム導入を試みたい企業の場合でも、とりあえず1~2人だけ募集するというケースもあります。

人気職種のポジションを勝ち取るためには、応募書類から面接までさまざまな対策を講じておく必要があります。

転職活動は転職エージェントの利用がポイント

社内SEを目指して転職活動をするなら、転職エージェントの利用が吉。

人気職種のため、やみくもに転職活動しても失敗する確率があります。

書類添削や面接対策、求人紹介など、転職活動全体をバックアップしてくれる転職エージェントを活用して、戦略的な活動をおこないましょう。

社内SEの場合、大手かIT系に特化した転職エージェントの2択です。

大手転職エージェントの場合、求人件数が多く、IT系職種も豊富に扱っています。

大手ならではの企業パイプを活かした、優良案件に出会えるチャンスも広がるでしょう。

大手転職エージェントだと、IT系職種を専門的に扱っているコンサルタントがいたり、IT・Web関連に特化したサイトを展開していることも多くなります。

IT系特化型の転職エージェントでは、コンサルタントもIT系知識を持つ人が多く、話が通じやすいというメリットもあります。

独占案件を扱っていることも多く、ダイレクトに求人が探しやすいという魅力も。

大手とIT特化型の転職エージェントを上手に使い分けて活動の幅を広げていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。