転職先の情報を調べるとき、経営者がどんな人かが気になる人は多いでしょう。

経営者の考え方は企業そのものですから、働きたい企業かどうかを見極めるための重要な要素になります。

経営者のタイプはさまざまですが、大きくは、若手経営者と年配経営者にわけることができます。

どちらにも魅力があり、雇われることのデメリットも存在しています。

若手経営者と年配経営者の違いを知ることで、転職活動に新たな視点が加わり、転職の方向性を決める手助けになるはず。

そこで今回は、若手経営者と年配経営者それぞれの魅力と、雇われることのデメリットを紹介します。

若手経営者の元で働くことの魅力

若手経営者に明確な定義はありませんが、一般的には45歳未満の年齢で会社経営をおこなっている人を若手経営者と呼ぶことが多いようです。

若手経営者の元で働くには、どんな魅力があるのでしょうか。

若手経営者から刺激を受けながら成長していくことができる

経営者としての経験は少ないですが、その分経営者としての成長性に期待できます。

特にバイタリティーがある若手経営者の場合は、積極的な事業展開や情報収集をおこない、自身も勉強をし続け、エネルギーが満ち溢れています。

このような若手経営者の元で働くことは、大きな刺激となり、自分も頑張ろうという気持ちになります。

仕事へのやりがいも感じやすく、夢中になって取り組むことができるのではないでしょうか。

若手経営者は柔軟性があり人の意見も聞く

若手経営者の傾向として、外部への経営相談を積極的におこなっていることがあります。

自身が経営経験が少なく未熟であることを理解しているからこそ、人の意見を聞き、柔軟性をもって経営に取り組めるのです。

労働者にとっては、企画や提案をしやすい、自分の好きな仕事をやらせてもらえるチャンスが広がるといった魅力があります。

若手経営者の元で働くことのデメリット

経営者としての経験値が低めの若手経営者の元で働くにはデメリットもあります。

リスクも想定し、許容できるかをじっくり考えてから転職に踏み切りましょう。

労働や税金など法律に関しての知識が薄い場合がある

従業員を雇うには各種労働法を順守する、税金や社会保険の適正な納付をおこなうなど、事業主としての責務を果たさなくてはなりません。

若手経営者の場合、営業活動をする、投資をおこなうといった「攻め」の姿勢があるものの、企業経営の基本となる法律に関しては手薄になりがち。

企業全体を見ると、営業部門は強くても、経理や人事労務、法務などのバックオフィス系は人材が不足しているケースもよく見られます。

若手経営者が経営する少人数のベンチャー企業が「労働基準法などあってないようなもの」となりやすいこともその証拠。

長年に渡って経営ノウハウを身につけており、人事労務や法務部門を強化してきた年配経営者との違いはここにあります。

法律を守れない企業は、いつ転落していくか分からないため、そこで働く労働者にとっても大きなリスクが潜んでいると言えます。

計算ができず大きなリスクを抱えることがある

若手経営者と言うと聞こえがいいですが、若いうちに起業し、多額の借金を背負ってしまう人も少なくありません。

共通しているのは、計算ができないこと。

自分のやりたいことがあったり、クリエイティブで斬新なアイデアは思いつくのですが、肝心なお金の計算ができないため、借金の返済計画がむちゃくちゃだったり、こだわってコストをかけ過ぎることで赤字続きになったりします。

労働者としては、給与未払いになる、経営者が突然夜逃げをして失業することになるといった危険があります。

年配経営者の元で働くことの魅力

経営者としても、人間としても経験値が高い年配経営者。

年配経営者の元で働くことも多くの魅力があります。

圧倒的な経験と器の大きさ

年配経営者の魅力は、経験に裏付けされた知識と持論があり、従業員たちを導いてくれるところ。

大きな器があり、従業員を我が子のように包み込んでくれます。

人生経験も豊富なため、話題の引き出しも多く、話を聞いているだけでもとても勉強になります。

こうした年配経営者の元で働く従業員は往々にして忠誠心が高く、会社のため、経営者のために誠実に真面目に働く人が多いです。

「穴」がない経営ができる

経営者が年配であることは、それまで長きに渡って企業経営が継続されてきたことを示しています。

多くの企業が倒産していく時代において生き残ってきたのは、確かな経営を続けてきた証。

こういう企業は「穴」がないのです。

組織マネジメント力があり、攻めと守りのバランスの取れているため、安定経営につながります。

コンプライアンス違反を犯さないよう、企業経営の足元をすくわれないためにも、バックオフィス系もベテランたちを揃えています。

従業員の中でスペシャリストと呼ばれる人を大切にし、しっかり貢献してもらっているのが年配経営者なのです。

年配経営者の元で働くことのデメリット

年配経営者の元で働くことは、それなりにリスクもあることです。

雇われて働くにはどんなデメリットが考えられるのでしょうか。

年配がゆえに二世問題が発生する

年齢的に経営を継続するのが難しくなってくると、経営者の子供が会社を引き継ぐことが多々あります。

敏腕経営者とはいえ人の親。

自分の子供は可愛いため、甘やかされて育っていたり、社会に一度も出ないまま企業の重役に据えられることがあるのです。

いくら年配経営者を尊敬し尽くしてきた従業員でも、二世になった途端に軽んじられ、意見が聞き入れられなくなるのはよくある話。

株主の目が届く大手ならまだしも、中小企業の二世問題は、多くの労働者を悩ませています。

考え方が保守的になりやすい

年配経営者の場合、考え方が古く頑固になりやすいという特徴ももっています。

柔軟な考え方ができる年配経営者もいますが、若手経営者に比べると、これまでの経験や考え方を手放せない人が多いのです。

時代の流れ的に「こうした方が業績が上がる!」という提案をしても、なかなか受け入れられない可能性も。

企画や提案力のある人にとっては、歯がゆい思いをすることもでてきます。

転職先を見極めるために転職エージェントを利用しよう

今回ご紹介した経営者の特徴は、もちろんすべての経営者に当てはまるわけではありません。

若くても慎重で法律知識が豊富な経営者もいれば、年配でも柔軟な頭をもち攻めの経営をおこなう経営者もいます。

重要なのは、自分が応募する企業の経営者がどんな考えをもっているのかという点。

転職してから後悔しないためにも、転職エージェントを使って事前に調べておきましょう。

業界事情や企業の内情に詳しい転職エージェントなら、有益な情報を提供してくれるはずです。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。