紙媒体の衰退が著しい現代ですが、本が好き、本の魅力を多くの人に伝えたいなど、使命感にも似た感情をもち、書店員への転職を目指す人は少なくありません。

書店の正社員として働くのは現実問題としてどうなのか、気になることでしょう。

そこで今回は、書店の正社員になるために知っておきたい業界事情と、書店員に求められる資質、転職活動方法を紹介します。

出版業界はやはり厳しい?書店の業界事情を解説

まずは書店の業界事情について。

書店を含めた出版業界は今どのようになっているのでしょうか。

転職先として選ぶ以上、よく考えておきましょう。

出版物、書店ともに減少傾向に

インターネットでいつでも自由に情報にアクセスでき、電子書籍や、書籍以外の娯楽が増えた昨今、出版物は年々減少しています。

それにともない、廃業する書店も増えており、特に個人書店はあまり見かけなくなってきました。

何年も前から指摘されている業界の危機的状況ですが、回復の決め手となる手段がまだ見つかっていないと言えます。

離職率は高め。理由は将来性と薄給

書店員の離職率はやや高めの傾向にあります。

本が好きで仕事自体はやりがいがあるけれど、仕方なく辞めるという人も大勢います。

大きな理由は、業界全体の勢いがなく将来性に不安を感じること、薄給のため生活が厳しいといった点が挙げられます。

書店正社員の給与事情は?

書店員の給与は決して高い水準ではなく、アルバイトだけでなく、正社員であっても同じです。

特に若い方や経験年数が少ない場合、月収は20万円未満も珍しくなく、賞与も期待できません。

店長クラスになれば大幅アップするわけでもなく、少し手当がつく程度と思っておきましょう。

今書店の正社員を目指す人は、新しいことにチャレンジできる仕事への興味と、本が好きでやりがいを感じながら仕事ができるという点に重きを置いている人が多いです。

複合型書店が増加中!総合エンタメとして切り開く

出版物と書店の減少など、良くないニュースばかりが指摘される出版業界ですが、アイデアを活かした面白い動きが活発化してきています。

その象徴的な動きが、複合型書店と呼ばれるタイプの書店の増加です。

書籍販売コーナーの横にカフェがあり、カフェ内で新品の本が読めたり、音楽や映像を取り入れたイベント開催や実施されたり。

従来からある文具やCDコーナーをさらに充実させ、専門性の高い書籍を扱うなど工夫もされています。

業界全体として勢いがない今だからこそ、新しい道を切り開くチャンスとも言えます。

企画を考えたりアイデアを練るのが好き、好奇心があって行動に移す実行力がある方は、「ワクワクすること」「自分が好きなこと」にチャレンジできる可能性があるでしょう。

書店の正社員に求められること

正社員として書店に転職するには、どんなスキルや資質があればいいのでしょうか

。書店の正社員に求められること、アピールできるポイントを紹介します。

本が好きで知識が豊富であることは必須

書店員にもっとも必要な資質は、やはり本が好きで本の知識を豊富にもっていること。

書店員が接客するのは、本が好きな方も非常に多いので、その方たちを上回る知識や興味がなくてはなりません。

最近は、書店員のおすすめコーナーが設けられるなど、書店員が本のプロフェッショナルであるとの認識が広まっているため、書店を訪れる人たちも、書店員に高い期待を寄せているのです。

書店自体が減っている中、書店員の質を高め、書店の魅力を再認識してもらうためにも、書店員に求められる役割は大きいものがあります。

提案力がある書店員が求められている

書店を見渡してみると、さまざまな場所でPOPが備えられていたり、分かりやすいランキングやコーナーが設けられていたりと、来店者に興味をもってもらえる工夫が施されています。

インターネットでも手軽に本が買え、電子書籍もあるこの時代、書店が生き残るには、書店自体にいることの楽しさ、本の魅力を熱量をもってダイレクトに伝えることが必要でしょう。

このため、書店員は単に本の知識があるというだけでなく、提案力に長けていることが求められます。、

図書館司書や外国語があるとアピールできる

書店員に必須の資格はありませんが、転職の際には、図書館司書資格があれば本に精通しているプロとして、その資質をアピールできます。

最近は書店を展開する企業が、自治体と提携して図書館を設立する動きなどもあるため、民間企業に勤めながら図書館で働けるチャンスもあります。

また、外国語ができる書店員も価値があります。

書店がある立地によっては、外国人の方が多く訪れたり、専門性の高い洋書を扱っている店舗もあるため、外国語ができる書店員がいることは大きなメリット。

特に英語に強いと幅広く対応できるため、他の書店員からも頼られる存在になるでしょう。

転職して書店の正社員になる方法

書店の正社員になるには、どんな方法があるのでしょうか。

書店の正社員を目指す人の転職活動方法を紹介します。

アルバイトからステップアップする

書店には多くのアルバイト、パートが働いています。

正社員求人がなかなか見つからない、大好きな書店があるけどアルバイト求人しかでていないといった場合は、アルバイトから入社するのも1つの方法です。

ただし、正社員登用制度自体がないと、いくら優秀でも正社員になることは難しいので、アルバイトの面接で聞いておくようにしましょう。

正社員になりたいくらいの方であれば、やる気がある証拠でもあるため、アルバイト面接にも通りやすくなります。

転職エージェントや転職サイトを利用する

書店の正社員求人は、書店数自体が減少傾向にあることから、決して多いとは言えない状況です。

ただし、転職エージェントや転職サイトを利用することで、求人がでたタイミングで応募に踏み切ることができるため、じっくり探す人には適しています。

転職エージェントの場合は、キャリア面談で希望を伝えておくと、求人を探して紹介してくれます。

応募時にはサポートを受けられるのも大きなメリットでしょう。

転職サイトの場合は、スカウトオファー機能を利用すると、条件に合致した人にスカウトメールが届くため、その中から気になる求人を選ぶことも可能です。

大手の転職エージェントや転職サイトであれば、かなり条件がよく興味深い求人も掲載されています。

書店の正社員として転職するためには、こうしたツールは徹底的に利用するのがおすすめです。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。