[転職の体験談]
大阪府 21歳 男性 Mさん 転職回数2回

僕は仕事を始めてたったの2ヶ月で転職したことがあります。

当時の僕は専門学校を卒業して、自信に満ち溢れて自分の就職したかった飲食店に就職しました。仕事がきついこと、大変なことは若い自分なりに考えていました。

でも自分がやりたいことなら絶対に続けられる、という自信だけで仕事を始めました。

専門学校では出来る限り勉強して調理の練習もしました。料理について勉強したり練習するのはとても楽しくて周りの友達と競うことがとても充実した時間になっていました。

仕事を辞めようと思った原因

仕事を辞めようと思ったのは、飲食業を始めて2か月ちょっと過ぎた頃でした。

早すぎる。もっと続けないと意味がない。という方もいるかもしれませんが僕の意思が弱かったのかもしれません。

同期入社が5人いましたが、僕はその中で一番頑張っていることが認められ、前菜料理を入社1か月で任してもらえることになりました。

とてもうれしく「頑張るぞ!」と思っていましたが、それが結果的に仕事を辞めるキッカケでした。

自分が全く通じない

前菜料理をするために調理場に入りましたが、学校で習ったことが全く通用しませんでした。毎日勉強、勉強という日々が続きました。

毎日睡眠5時間ほどで働きました、でも仕事は一向にうまくいきませんでした。そのうち僕が頑張っても意味はないんじゃないか、頑張るだけ無駄じゃないかと思うようになってしまいました。

自分のキャパを超えていた

自分のキャパを超えた仕事が自分をダメにした原因の一つです。

調理に関しては学校でもそれなりの成績だったので自信がありました。それに「みんなが期待してくれているから絶対に応えないと」という思いがどんどん自分を苦しめていきました。

その結果、ついに仕事を続けられなくなりました。

今思えば、キッチンに入るのはもう少し後だったら、考え方も違っていて仕事を続けていられたのではないかと思います。

当時の僕はそのことを心の底から相談できる相手がいませんでした。辞めた後にいろんな人に話せるようになるまで、仕事の悩みは自分で抱え込んでいました。

同期と仲良くできなかったこと

同期と仲良くできなかったことも原因の一つです。

僕が他の同期より早くキッチンに入ってしまったので、同期入社で入ったホールの子たちが帰った後も、一人だけで働くという状況になってしまいました、

同期のみんなより朝早くきて、夜遅く帰って、そんなことをしていると同期と喋ることも少なくなり、入社した頃の半分も会話が出来なくなってしまいました。

よく同期や仲間と助け合うといいますが、本当に大切なことだと思います。

実際僕も同期と話したりできていれば、仕事を続けられていたかもしれません。それは今考えるとどうしようもないのですが、悩みを話せる相手は大切です。

休みが少なかった

休みが少なかったのも原因です。当時の僕は休みなく働くような生活をしていました。

そういう生活をしている中で自分の体もしんどくなり、気持ちも疲れてしまっていたので仕事場に行くのが苦痛で仕方なかったです。

楽しかったはずの飲食業の仕事が、ただただ、作業をこなすだけの仕事になってしまっていました。それに気づいたときは本当に辛かったです。

やりたかった仕事が、こなすだけの仕事になった時に、僕はそれには耐えられず辞めてしまいました。

気持ちにも体にも余裕があれば、仕事を辞めることにはならなかったと、今なら冷静に考えれます。

好きなことを仕事にすること

僕は好きな仕事をすることはとてもいいことだと思います。それは夢に向かって仕事をしているということだと思いますし、やりたいことを楽しんでできることは、一つの才能だと思います。

でも、もしその楽しかった仕事が苦痛に変わった時、それを話せる相手が周りにいるか、気持ちや体に余裕があるか、それだけでも全然結果は変わります。

辞めてから気づいてしまった僕ですが、もしこのようなことに仕事をしている最中に気付けていれば、と思うと後悔することがあります。

その後どうなったかというと

実はすぐに次の仕事が見つかり、飲食業で働いています。今では仕事もきっちり作業分担できている会社に転職ができて、精神的にも肉体的にも充実しています。

たった2ヶ月で辞めてしまったため、どうにもならないと思っていましたが結果としては良い転職ができたということなっています。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。