転職市場は活性化しており、かつては転職が難しいと言われた40代にも十分にチャンスがあります。

とはいえ、40代で未経験分野への転職となると一気に転職ハードルが上がるのも事実です。

40代で未経験分野に挑戦したいと感じたら、諦めるしかないのでしょうか。

今回は、40代からの未経験転職について、転職のポイントとアピールすべき点、40代未経験でも転職可能な仕事を紹介します。

40代で未経験分野への転職が難しい5つの問題点を解説

新しいことに挑戦するのに年齢は関係ないと言われますよね。

40代が未経験分野への転職を希望してもいいはずです。

40代が未経験分野への転職が難しいと言われるのはなぜなのでしょうか。

40代で未経験という立場は、採用側に問題視されやすい要素を5つ紹介します。

1.吸収力や柔軟性の問題

40代は社会人経験が豊富な分、自分なりの考え方や知識も備えています。

それ自体は素晴らしいことですが、新しいことを入れる余白がすでに少ないと言い換えることもできるでしょう。

未経験分野で働くには新しい知識やスキルを覚える必要がありますが、経験や知識が邪魔をするのです。

吸収力や柔軟性の問題、もっと現実的に言えば記憶力の問題もあります。

2.学ぶ意欲の問題

40代でも若者以上に意欲的な方も大勢いますが、全体的に見れば、やはり年齢とともに学ぶ意欲は衰える傾向にあります。

個人差はあるため努力でクリアできる問題のようにも思えますが、採用側が「40代は学ぶ意欲が低くなっているだろう。」と感じやすいことが問題なのです。

3.体力の問題

新しいことを覚えるのは心身ともに疲れることでもあります。

40代の場合は若い頃に比べて体力が落ちてくるため、最初の教育段階で疲れ果てて嫌になってしまわないかも不安材料になるでしょう。

仕事を覚えたとしても、その後に続けていくだけの体力があるかも不安が残ります。

4.教育サイドの問題

未経験者は教育を前提として採用しますが、教育する側の問題もあります。

新人への教育を任されるのは20代、30代の人材も多いですが、自分より年上の人を相手に教えるのはなかなか難しいというもの。

教育側も試行錯誤しながら教えている中、ベテランならではの突っ込みが入ったり、上から目線で対応されたりすることもあります。

20代や30代の教育担当者にとって40代は「教えにくい」存在であり、人事担当者もそれを認識しているため、40代での未経験者は敬遠するのです。

5.定年までの勤務年数の問題

未経験者の採用は最初の教育コストをかけてでも自社の思い通りに育て上げ、育ってから企業に貢献してくれることを目的としています。

若ければ若いほど育った後の勤務年数が長くなるため、その分企業への貢献度が高いことになるでしょう。

40代の場合、40歳で転職して5年かけて仕事を覚えたとしても定年まで残り15年。

20代の未経験者に比べて圧倒的に短い期間しか貢献期間がないのです。

40代で未経験分野に転職できる可能性はあるの?

40代は採用側から見てさまざまな不安材料があるため、未経験分野に転職できる可能性は、はっきり言ってかなり低いです。

しかし、ポイントを押さえて可能性の高い分野に絞ることで、転職可能性を上げていくことはできます。

まずは40代が未経験転職を成功させるのは厳しいと覚悟を持ち、それでも転職したいなら何をすべきかを把握するようにしましょう。

40代が未経験分野に転職するためのポイント

40代が未経験分野に転職するためにはどうすればいいのでしょうか。

ここからは、40代が未経験分野への転職を成功させるために、転職活動のポイントや心構えを紹介します。

未経験応募可能な求人に絞る

内定をスムーズに勝ち取るためには、企業のニーズを把握することが大切です。

一番分かりやすいのは「未経験者でも積極的に採用したい。」と考える企業に応募すること。

求人媒体を見ると未経験でも応募可能な求人で特集が組まれていたり、ネットでの求人広告なら条件を絞って検索することもできます。

未経験でも応募可能な求人はブラック企業が多いと言われることもあり、それなりにリスクはありますが、一社一社をよく調べる作業を丁寧におこなうことで回避しましょう。

経験者を求める求人に、未経験者でかつ40代が応募してきても、応募書類の時点で不採用になる可能性が高いです。

貴重な時間の無駄になるため、可能性がある求人に的を絞って応募していくことが大切ですよ。

入社してから覚えるのではなく今すぐ勉強し始める

未経験分野に転職するなら、新しいことを学ぶ覚悟は必須ですが、それは入社した後ではありません。

20代の場合は入社してから頑張ってくれればいいと思われますが、年齢のハンデがある40代にそこまで甘い企業はありません。

すでに勉強を始めている、具体的に努力している姿が見せることで、入社した後にも学び続けられる人材であるとアピールするのです。

たとえば、女性は40代になると体力的な負担が少ない事務職を希望することがありますが、事務職は20代でも転職が難しい大人気職種です。

未経験40代を事務職で採用してくれる企業は多くないことを認識し、それでも本気で事務職を目指すなら、パソコンやビジネスマナー関係の資格は取りまくるくらいの覚悟や気合いも必要になります。

無駄なプライドを捨てる

40代が転職した先で苦労したことを聞くと「自分より年下の同僚に教えてもらうのが苦痛。」「分からないことがあっても聞けない。」といった答えが返ってきます。

人生経験が豊富な40代からしてみれば、本来は自分が教える立場であろう相手から、教えてもらう、指示されることに我慢がならないのでしょう。

しかし、未経験分野への転職を成功させたい40代にとっては無駄なプライドとも言えます。

相手が誰であろうと分からないことは積極的に質問する、学ばせてもらう謙虚な姿勢を持つことが必要です。

転職エージェントを頼る

プロの力を借りるのも1つです。

転職エージェントなら、キャリア相談に乗ってくれ、転職活動をどのように進めていくか効果的な方法を教えてくれます。

あらかじめ希望を伝えておくことで、未経験でも応募可能な求人を探して紹介してくれるため、未経験分野への転職を希望するなら必須で利用しましょう。

転職エージェントの中でも、40代転職に積極的なエージェントと、若手の支援に偏っているエージェントなど特徴が異なります。

複数の転職エージェントと会って自身との相性を見極めることも大切です。

絶対に諦めない

40代が未経験分野に転職するのは難しい面が多いため、転職活動は長期戦を覚悟しましょう。

少なくとも1年、場合によっては2年以上かかることもあります。

これはつまり、在籍しながらの転職活動が必須であることも意味しています。

多額の貯金がある、副業で安定収入があるといった方でもない限りは、働きながら転職活動を進めていきましょう。

40代が他世代に比べて優れているのはここ!

40代が未経験分野に転職するなら、年齢的なハンデをポジティブに印象づけることで人事採用者の心に残りやすくなります。

40代が他の世代に比べて優れているのはどんな点かを見ていきましょう。

落ち着きや品がある

40代が若手に比べて圧倒的に有利なのは人生経験です。

経験があることで落ち着きになり、積み重ねた年月が人としての品格を生みだします。

元気で明るい若手もいいですが、落ち着いていて頼りになる、品があって対外的なイメージも良さそうな40代は魅力的に映ります。

人前でも堂々としている

「私は人見知りなので…。」と言う若手も多いですが、40代で言う人はほとんどいませんよね。

人見知りは小さな子供によく見られる現象の1つなので、人見知りを公言することは自ら稚拙さをアピールしていることでもあるからです。

40代にもなれば、たとえコミュニケーションに苦手意識があっても、人見知りという言葉で逃げることはせず、周囲とのコミュニケーションを工夫して乗り切ってきた人が多いです。

結果的に、人前でも堂々としている、周囲の目を必要以上に気にせず自分を出せる人も多いため、安定感があります。

「働き方」を知っている

未経験であっても、40代はすでに社会人経験が長いことから、働き方を熟知しています。

ごく簡単な例で言えば、教えてもらうときはメモを取る、復唱して確認する、優先順位をつけて仕事をするといったようなことです。

もちろんこれらは働き方の基本なので、40代ならではの社内での立ち回り方、仕事を覚えるコツも身についています。

土台が安定しているので、多少時間がかかっても、自分の中にしっかり落とし込んで覚えることができるのです。

物覚えがよくても、仕事の背景や目的など肝心な点が抜けがちな若手にはない魅力です。

子育て経験がある女性は要領がいい

40代で子育て経験がある女性は、とにかく忙しい中で家事育児と仕事を両立させてきたという実績があります。

女性はもともと同時進行で何かをやることが得意ですが、子育てを経てさらに効率良く動く力が上がっているでしょう。

40代人材は仕事が遅いと思われがちですが、本当はテキパキこなせる力があることをアピールするのです。

若手より忍耐力がある

新卒3年以内離職率の高さが話題になることがありますが、世間ではすっかり「若手は忍耐力がなく辞めやすい」というイメージが定着しました。

一方の40代は、守るべき家族や住宅ローンなどを抱えている世代であることからも、多少辛くても辞めないというイメージがあります。

若手より忍耐力があって続けてくれそうだと思われるのは40代のメリットでしょう。

40代求職者が面接でやりがちな失敗

人材としての魅力も多い40代ですが、未経験分野への転職を成功させるには面接での致命的なミスは避けなくてはなりません。

40代が面接でやりがちな失敗を挙げますので、自分に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

身だしなみが古い

今の40代は、一見30代と思えるような若々しさを保っている方も大勢いますが、見た目年齢が人によってかなり分かれる世代でもあります。

たとえば40代後半の方は、バブル時代全盛期に流行ったような形のスーツやジャケットを着ていることがあります。

ファッションの好みは人それぞれですが、問題は、体型にフィットしていないように見え、だらしない印象を与えることです。

40代で初めての転職で、新卒時代のリクルートスーツを着てくる人もいますが、それもNGです。

体型の変化でサイズ感が合わなくなっていたり、落ち着きある40代とフレッシュ感がポイントのリクルートスーツとではバランスが合いません。

見た目は、営業や接客業など、社外の人と接する機会が多い職種では印象がよくありませんので、特に気をつけるようにしましょう。

人の話を聞かない

40代になると前職では人に教える側の立場であった人も多いでしょうから、人の話を聞くことから遠ざかっています。

普段から意識している人でない限り、年齢とともに段々と人の話は聞けなくなっていきます。

日頃のクセがそのまま面接ででてしまい、面接官の質問の意図を汲まずダラダラ話し続けるといったミスにつながります。

人事担当者が若いと敬語が使えない

40代くらいになると敬語を使えない人がでてきます。

スキル的には使えるのですが、相手によって使わない人もいるということです。

面接官は特に一次面接において、人事部の若手が同席することも多く、40代の求職者にとっては年下になります。

見るからに若い担当者に向かって敬語を使えない40代応募者もいるのですよ。

本人は使っているつもりでも、ときどき「うん。」「そうだな。」など、敬語ではない言葉が端々にでてしまうのです。

40代でビジネスマナーがなっていないと思われれば致命傷となります。

緊張の面接では普段の話し方のクセがでてしまいますから、丁寧に言葉を選んで話すようにしましょう。

40代が未経験でも転職できる業界、業種を紹介

40代が未経験分野に転職するなら、未経験への門戸が開けている業界や業種に絞って応募することで、内定獲得につながりやすくなります。

ここからは、40代未経験でも採用されやすい業界、業種を紹介します。

介護職

慢性的な人手不足の介護業界は、年齢問わず未経験でも受け入れています。

40代は介護業界の中ではまだまだ働き盛りなので、むしろ歓迎されることもあるでしょう。

ただし、介護職には体力的なきつさがありますので、計画的に資格を取得し、将来的にはケアマネージャーなどを目指すことも必要です。

まずは介護職員初任者研修ですが、実務者研修、介護福祉士とステップアップしていきましょう。

営業職

営業はどの業界でも通年募集をしており、経験や年齢を問わないケースが多い職種です。

特に住宅、リフォーム、保険業界などは未経験でも応募可能な求人が多い傾向にあります。

本人の努力次第で高収入も可能なので、挑戦する価値はあるのではないでしょうか。

営業職はノルマなどの悪いイメージもあることから、「アドバイザー」「コンサルタント」など、求人ごとに名称が異なることもあります。

よくよく仕事内容を確認してみると営業職そのものだったというケースは多いため、職種名だけで判断しないことも大切です。

ドライバー

ドライバーは、若手や高年齢者に比べて事故が少ない40代が重宝されやすい職種です。

タクシードライバー、宅配ドライバー、廃棄物回収ドライバー、長距離ドライバーなど、さまざまな業界でドライバーが必要とされています。

特にタクシードライバーは、未経験の40代でも多くの方が転職成功している職種です。

東京オリンピックに向けて観光ドライバーに需要があること、将来性や女性の社会進出を考えると、専門スキルを持った介護タクシードライバーやキッズタクシードライバーなどもあります。

結婚アドバイザー

特に40代女性が未経験でも挑戦しやすいのが、結婚アドバイザーです。

近年は結婚紹介所が身近になった時代。

ネットで完結するタイプの紹介所もありますが、アドバイザーが在籍する紹介所は安心感があるため一定の需要があります。

結婚アドバイザーは人生経験の豊富さをアピールしやすく、特別な資格なども不要なため、未経験者でも挑戦しやすいと言えます。

女性であれば男女問わず利用者が相談しやすい雰囲気があるため、より有利になるでしょう。

人の世話や話を聞くことが得意な方に向いています。

警備、清掃業

警備や清掃業も、年齢問わず未経験者を積極採用している業界です。

あまりいいイメージを持たれないこともある職種ですが、魅力的な求人も多数あります。

一流メーカーや大学、商業施設内での業務も多数見かけます。

憧れのオフィスやきれいな施設内で仕事ができるチャンスと言えるでしょう。

その他

その他にも、新聞屋や施工管理、飲食店、宿泊施設なども未経験応募可能な求人が多く見られます。

特に接客が必要な職種に関しては、若手よりも40代の方が接遇マナーや気配り力に優れているため、接客に力を入れている企業なら40代の魅力が伝わりやすいでしょう。

40代がやりたい仕事に挑戦したいなら独立やフリーランスも手

40代が未経験でも応募できる業界、業種を見て、「自分がやりたい仕事は1つもない!」と感じたでしょうか。

もちろん、今回紹介した以外にも40代が未経験で転職できた職種は多数あり、一概に言えることではありません。

あくまでも傾向の1つと位置づけて、企業ごとに探すことも必要になるでしょう。

ただし前述したように、40代が未経験分野に転職するのは厳しいものがあります。

本当にやりたい仕事があってこだわりが強いなら、雇われるのではなく自分でやってみることも選択肢です。

リスクはありますが、独立開業やフリーランスも昔に比べてチャレンジしやすい環境になっています。

リスクを取りたくない、仕事にもこだわりたいと思うなら、通常以上の活動期間や努力は必要だとぜひ覚えておいてください。

最後に

いかがでしたか?

今回は40代からの未経験転職について、転職のポイントとアピールすべき点、40代未経験でも転職可能な業界、業種を紹介しました。

40代が未経験でも挑戦しやすい求人に絞り、その中で40代ならではの魅力を伝えていきましょう。

40代が未経験分野に転職を成功させるには、やみくもに活動するのではなく、ポイントを押さえて攻めることが大切です。

ぜひ希望の転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。