どんな大企業であっても、倒産のリスクを抱える時代になりました。

働く側としても、その倒産リスクを早めに察知して、自分の身を自分で守る術を身につける必要があります。

そこで今回は、倒産寸前の会社の特徴と、倒産前に転職すべき理由についてご紹介していきます。

あなたの会社大丈夫?潰れそうな会社の特徴

勤めている会社が明らかに以前とは違うと感じたら、それは倒産の兆候かもしれません。

しっかりと見極めて、自分の身は自分で守ることが必要です。

ここでは、倒産寸前の会社の特徴についてご紹介していきます。

電話が鳴らず社内の雰囲気が暗い

以前はクライアントからの電話がひっきりなしに鳴っていたのに、たまに鳴る電話は出先の営業からの連絡事項だけ…。

また、それに伴って社内が静まり返っているのはかなり危険な兆候です。

クライアント数が激減しているのに加えて、社内でも何とか盛り上げようという空気がなく、暗くなってしまっているのでは、社員が諦めモードであることが考えられます。

その会社では業績のV字回復も難しく、沈没するのが目に見えています。

何の会議か分からない会議が頻繁にある

何だか最近上司たちの雰囲気が慌ただしく、何の会議か分からないけれど頻繁に会議が行われているという場合にも注意が必要です。

新しいプロジェクトなど前向きなことに対する検討会議であれば良いのですが、社員たちに内容が漏れないように進められている会議はネガティブなケースが多いです。

即座に倒産間近という判断はできませんが、危機意識を持つことは大切です。

ボーナス全カット!給料も一律ダウン

規程が厳しい給与と違って、ボーナスに関しては業績によって差が出るようになっています。

「去年と比べて少し減ったな」という程度であればまだ良いのですが、ボーナス全カットはかなり危険です。

相当業績が悪いことを物語っています。

さらに、ボーナスだけでなく給与も一律ダウンなど改定が行わた場合は相当まずいです。

ボーナスをカットするだけでは追いつかず、月々の人件費を削減する必要がでてくるほど会社が追い込まれている証拠です。

経営陣が今後どのような動きをしていくのか、注意深く見ていく必要があります。

外部の人が頻繁に訪ねてくるようになる

一般事務の女性が、頻繁にお茶を入れているのは来客が多い証拠です。

外部の人が頻繁に経営陣を訪ねてくるようになったら、注意が必要です。

特に銀行関係者などが多くなってくると、資金繰りについての相談かもしれません。

お茶出しをした人にこっそりと「今日の来客はどこの人?」と聞いてみると良いでしょう。

まるで主婦?おばさん節約が止まらない

今で備品を割と自由に使えていたのに、急に口出しが厳しくなったり、電球が切れていても変えてくれない。

このような、小さなことへの節約兆候が見られるようになったら注意が必要です。

経費削減は大切なことですが、業績が悪化しているときに必要なのは、家庭で主婦が行うような細かすぎる節約ではありません。

大規模な方針転換や改革など、経営者目線での判断が必要です。

そういったことを行わず、小さな節約にだけ目を向けて社員を厳しく監視し、締め付けだけを行うような会社は経営手腕がないと判断すべきです。

業績を回復させるのも難しいでしょう。

経理課の退職が相次ぐ

経理課の人たちが相次いで退職していく場合、ほぼ倒産は間近だと思いましょう。

経理の人たちはは経営の根幹にかかわる資金繰りなど、他の部署の人たちが普段絶対に目にすることのない情報を持っています。

経理課の人たちが相次いで辞めるのは、経理課の管理職が「もうこの会社はだめだ。」と見限って、自分の部署の可愛い部下たちを先に沈没寸前の船から逃がしている可能性があります。

さらに、経理課の管理職自身が辞める場合には、もはや救いようがない状況にあるかもしれません。

倒産しそうな会社を見極めたら早めの転職を心がけよう

倒産しそうな会社を見極めたら、早めに転職することが必要です。

ここではその理由と、転職を成功に導くための方法についてご紹介します。

倒産してからの転職にはどんなデメリットがある?

会社の倒産前に辞めることは、転職先で評価を下げるのでは?

と思うかもしれませんが、一般社員であればほとんど気にすることはありません。

欧米などでは、逆に危機管理能力が低いと判断されて、倒産後の転職では評価を下げることが多いそうです。

日本でも倒産前か後かが評価に影響を与えるとすれば、どちらに傾くかは経営者次第なので、評価に関しては気にしても無駄でしょう。

それに、会社が倒産してしまってからの転職活動にはデメリットが多くあります。

まず倒産した会社には給料の支払能力がなく、最悪の場合には給与未払いや退職金の不支給などが起こりえます。

まだ支払能力のある倒産前に、転職を決めてしまうのが得策です。

さらに、倒産を理由に失業した場合には失業手当が早めにもらえたり、長くもらえることがありますが、失業手当はあくまでも補填に過ぎず、給料の6割程度しかもらえません。

倒産後では転職活動に焦りがでて転職先にも妥協が入ってしまいますから、今後の職業人生を考えると不利に働きます。

有休は今のうちに消化して転職活動に利用しよう

倒産してしまっては、使いきれずに残っていた有休も無駄になってしまいます。

有休は金銭と同じで、40日まるまる残したまま会社が倒産してしまえば、40日分の給料をドブに捨てることになります。

こまめに利用して残さないようにするのが得策です。

有休は上手に利用して、転職活動の面接などに使うようにしましょう。

転職活動には転職エージェントを利用しよう

転職をするのであれば、転職エージェントを利用することがおすすめです。

非公開求人を含む多数の優良求人がありますから、希望の条件に合う求人を見つけやすいでしょう。

また、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントの力を借りることで、転職を早めに成功に導くことができます。

応募書類の添削や面接指導など様々なアドバイスが受けられますのでどんどん利用しましょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は、倒産しそうな会社を見極めるコツと、早めの転職をすすめる理由についてご紹介してきました。

会社が潰れないように社員が努力することはもちろん大切ですが、その努力が実らなったり、経営陣が答えてくれなかった場合には早めに見切りをつけることが大切です。

会社はあなたを守ってはくれません。

自分の身は自分で守るしかないのだと考えて、早めの転職を心がけましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

30万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

スキルや強みを分析し、最適なキャリアプランを考え、転職を成功に導いてくれます。

年収交渉や企業とのやり取りも、安心して任せることができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動を進めましょう。

リクルートエージェントの登録は簡単

b28

リクルートエージェントのサイトに移動後、「かんたん!スピード無料登録」ボタンを押しましょう。

簡単な基本情報を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。