残業時間を減らすために、家庭に仕事を持ち込んでいませんか?

しかし、家庭に仕事を持ち込むことには様々なリスクがありますからやめましょう。

今回は、家庭に仕事を持ち込むことのデメリットと、家庭に仕事を持ち込まないための方法についてご紹介していきます。

家庭に仕事を持ち込むのはNG!そのデメリットとは?

会社では残業をしていないように見えても、家で仕事を行う隠れ残業が実は多いです。

しかし、家庭に仕事を持ち込むのはデメリットが大きいですからNGです。

どんなリスクが考えられるのか見ていきましょう。

家族は大きなストレスを抱えている。家庭崩壊もあり得るかも

疲れて家に帰ってきてまでパソコンをカタカタと打ち込み仕事に没頭する、または仕事でのストレスを家庭に持ち込み家族や子供に当たってしまう…。

忙しいのだから仕方がないと思っていませんか?

家庭に仕事を持ち込むことで、家族がどのような心理状態になっているのかを一度でも考えたことがあるでしょうか?

家族はせっかく家に帰ってきてくれたのに、仕事モード全開のあなたに対して心配もするでしょうし、家族自身の大きなストレスにもなっています。

家にいるのにコミュニケーションが取れない、家にいてもずっとイライラしている、そんなあなたに辟易としているかもしれません。

実際に、仕事を家庭に持ち込むことが続いたせいで喧嘩が絶えなくなり、離婚にまで至ったという夫婦は多くいます。

家族との時間は癒しの時間、エネルギーを充電するための必要な時間、そう決めることが大切です。

働いても残業代がつかないから無駄

家庭に仕事を持ち込むということは、職場で仕事をしているわけではありませんので残業代という目に見える形のものが手に入りません。

成果報酬の場合であっても同じです。

家で仕事をすることで、職場でするよりも成果を上げられるのかというと決してそうではありません。

もはや家で仕事をすることのメリットはないのではないでしょうか?

仕事と家庭の境界線が曖昧になって休まる時間がなくなる

仕事を家庭に持ち込むことが続いてくると、そもそも仕事と家庭との境界線が曖昧になってしまいます。

常に仕事のことを考えてしまうため、頭も心も休まる時間がありません。

人は、連続して働いたり頭を使い続けることで生産性が落ちることが分かっています。

しっかり休みを取ってリフレッシュすることで、新たなアイデアが生まれたり仕事の効率が上がったりするものなのです。

また、常に頭の中から仕事が離れないということは、精神的に大きな負担がかかっています。

仕事のことばかり考えていてストレスが溜まり、うつ病になってしまったという人も実際にはいるのです。

会社の機密情報を持ち歩くことのリスク

家庭に仕事を持ち込むことは、自分自身や家族に対してだけでなく会社への被害も考えられます。

まず、仕事の多くは機密情報や個人情報などを含むものであり、持ち歩くことのリスクも大いに考えられます。

さらに自宅のパソコンという、会社よりセキュリティ機能が落ちるツールを使って仕事を行うことで、ウイルス感染などのリスクもあります。

自分は残業代をもらわずに会社のために仕事をしていると思っているかもしれませんが、実はその行動が会社を危険にさらしているかもしれないのです。

家庭に仕事を持ち込まないための方法とは?

家庭に仕事を持ち込まない方が良いとは分かっていても、仕事が終わらないし気になってしまう…。

そんな方のために家庭に仕事を持ち込まないための方法をご紹介していきます。

限られた時間内に終わらすという意識こそが効率をアップさせる

まずは、「絶対に仕事を家庭に持ち込まない」という強い意識が必要です。

なぜならば、家でも仕事ができる、その気持ちが日中の仕事効率を妨げていることが考えられるからです。

人間は時間があればあるほど気持ちに余裕ができてしまいます。

後でやればいいやと思ってしまったり、自分では気づいていないうちに集中力が下がりスピード感も抑えられてしまうのです。

これは、残業についても同じことが言え、時間外にやればいいやという気持ちの緩みが長時間労働につながるのです。

「とにかく仕事は定時までに集中してやる!」その意識こそが、短い時間で高い成果を上げられる低燃費な人材を生み出すのです。

多少の仕事であれば早朝出勤でも良いのでは?

ノー残業デーなどで社内全体が早く帰るときに、仕事が残ってしまった…。そんな場合に今日だけはと仕事を家庭に持ち込んではいけません。

その意識が仕事と家庭の境界線を曖昧にして、家庭に仕事を持ち込む癖がついてしまいます。

多少の仕事であれば、次の日の朝早く出勤して片付けても良いのではないでしょうか?

早朝は人も少なく、電話や話しかけられることによって仕事が中断されることもありません。

朝の1時間は日中の2~3時間に匹敵するほどのすさまじい作業効率を叶えることも可能です。

また、早朝であれば通勤ラッシュや車の渋滞に巻き込まれることもなく通勤時間の短縮にもなります。

仕事が終わって帰るときに明日やることリストと片づけを

仕事を家庭に持ち込まないためには、1日の仕事が終わったときに自分の脳に「今日の仕事は終わり!」と認識させることが非常に効果的です。

例えば、デスクの上をしっかり片付けてから帰る癖をつけることで、デスクだけでなく頭の中もすっきり整理され、今日の仕事の終わりを認識できます。

また、明日やるべきことをリストに書いておき、明日の予定を組んでおくことで、家庭で明日の仕事について考えを巡らせることもなくなります。

些細なことのように感じるかもしれませんが、オンとオフを脳にしっかりと認識させる良い方法ですので試してみてください。

仕事自体がきつくて無理なら転職も

日中の仕事効率を高め、オンとオフの切り替えをしっかり行っているにも関わらず仕事が多すぎる、また残業自体が許されないのでどうしても家庭に仕事を持ち込む必要がある、そんな人もいるでしょう。

しかし冷静になって考えてみると、そこまで仕事効率を上げたのにも関わらず膨大な仕事量があるのは明らかに人手不足です。

他の職員と協力して、上司に人員の確保を求めましょう。

それが叶わないのであれば、サービス残業をすることによって人件費を抑えようとする会社の意図が見え隠れしています。

また、仕事量が多いにも関わらず残業を許可しないのは、表立っての残業削減を目指し実際には労働者に長時間労働を強いる、ブラック企業の可能性が大きいです。

もしくは労働者の仕事量を把握できていない無能な上司の存在があるのかもしれません。

どちらにせよ、そんな会社に将来性や働く価値があるのかは考えてみるべきかもしれません。

その会社には見切りをつけて転職を考えてみることも必要ではないでしょうか?

転職エージェントなどに登録をして、そろそろ本格的に転職に向けて動きだすときがきているかもしれません。

転職エージェントを利用すれば在籍しながらの転職活動がスムーズに行えます。

ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、家庭に仕事を持ち込むことのリスクと、家庭に仕事を持ち込まないための方法についてご紹介しました。

真面目で頑張り屋の人ほど仕事を家庭に持ち込みがちですが、良いことは何一つありません。

ぜひ工夫して仕事と家庭の区別をつけるようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。