新人が入ってくるたびに悩みを抱えてしまうのは、自分自身のストレスになりますよね。

あなたの職場にもこんな困った後輩はいませんか?

  • 注意すると目に見えて落ち込んでしまう
  • 後輩なのに先輩を馬鹿にしたような言動が目立つ
  • からないことを質問しないので後でミスが発覚する
  • 敬語が使えず誰にでもフランクなのが良いことだと思っている
  • 仕事にやる気を出してくれない

後輩指導に悩む人が覚えておきたいこと

困った後輩への指導に悩む人は本当に多いですが、悩みを抱える前に覚えておきたいことがあります。

どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

けなして伸ばすは今の時代には通用しないと心得る

けなされたりプレッシャーを与えることで伸びるタイプと、褒められて伸びるタイプがいると言いますが、それは昔の話のことではないでしょうか?

今の若い世代の人たちの中で、残念ながら負荷をかけることによってなにくそと伸びるタイプの人たちは多くありません。

逆に負荷に耐えられなくて辞めてしまったりパワハラだと不満を漏らしてしまうだけのケースが多いです。

これは、「今の若い子はだらしがない」と言ってしまえばそれまでですが、時代背景や教育方針などによるところが大きいので、若い世代の人たちが悪いわけではないのです。

まずはこれを心得ておくことで、後輩指導の方向性が随分明確になるのではないでしょうか?

後輩がだめだと思う前に自分の理解がしっかりあるかを振り返る

後輩に対してイライラしたり、「どうしてこんなことも分からないのか」と怒りを感じることもあるかもしれませんが、そう感じたときにまずは自分はどうなのかを客観的に分析することも必要です。

説明の仕方が初心者にも分かるような言い方だったのか、威圧的な伝え方をしていなかったのか、そしてそもそも自分自身がしっかり理解をしているのかを冷静に振り返ってみましょう。

自分自身が、「どんな角度から質問されても明確に答えることができる」までの理解が進んでいなければ、それを初めてその仕事をする人に理解してもらうのは難しいことかもしれません。

後輩が話しかけやすい雰囲気を作る努力を

分からないことがあったら質問するのが仕事の基本、社会人であればそれを理解している必要はあります。

しかし、SNSの普及などの時代背景もあり、実際に人に話しかけたりすることが苦手という人は多くいます。

そんな人にとって、いつもピリピリしたムードを醸し出していたり、眉間にしわを寄せながら忙しそうにしている先輩に質問をするのは非常に勇気がいることですし、ストレスなのです。

せめて、後輩が話しかけやすい雰囲気を作ろうと努力するのも先輩や上司の務めではないでしょうか?

表情を柔らかくするように意識する他にも、朝出勤したらプライベートな話を少しだけ振ってみるとか、ちょっとしたブレイクタイムに話しかけてあげるとか、そんな心づかいをすることで、後輩が質問しやすくなります。

横柄な後輩にはときには突き放すことも必要

優しくすることで能力を発揮してくれる後輩であればまだ可愛いのですが、中には変にプライドが高くて態度が偉そうという後輩もいます。

特に高学歴であったり、ビジネス本などから得た知識を真に受けてしまうタイプの人に多いかもしれません。

このタイプの人は認められたい願望が強いので、下手に張り合ったりせず良いところを褒めてあげるように心がけましょう。

ただし、先輩や上司への態度が悪い場合や敬語が使えない場合など、「人としてどうか」というときにはしっかりとした態度で注意をすることも必要です。

何度注意しても直らない場合には、突き放して放っておくことも必要です。

その場合にも、困っているときは最終的には助けてあげるようにして、飴とムチを使い分けることが効果的です。

自分の態度の悪さに気づき、それでも助けてくれた先輩に段々感謝の気持ちが湧き上がってくるはずです。

後輩に執着しすぎず、信じて任せてみることも

後輩のダメなところや困ったところが気になってしまうと、それに執着しすぎるあまり段々後輩を監視して裁く癖がついてきてしまいます。

そうなると後輩はますます萎縮して能力を発揮できなくなってしまいます。

また、後輩への執着はあなた自身にとってもデメリットです。

常にイライラしたりストレスを溜めこみやすくなり、仕事以外の場所でも後輩を思い出してしまって休まるときがありません。

実際に、後輩の指導の悩みが発展してストレスを溜めこみ、うつ病などになってしまった人もいるのです。

困った後輩に悩みを抱えているときは、後輩に執着していないかを振り返ってみましょう。

ときには後輩を信じて任せてみる、「これはもう口出ししないから任せたよ」と伝えてあげることで、後輩自身のやりがいややる気にもつながります。

自分だけが育てる必要はないと知ろう

例えあなたが教育係に任命されたとしても、あなただけが後輩を育てる必要はないのだと思っておくことも必要です。

具体的な仕事の方法はあなたが教えてあげる必要があるかもしれませんが、それ以外の社会人としての常識や、人としてのあり方については会社全体で指導をすべきものだからです。

自分一人で責任を感じすぎず、周りが後輩に指導をしていたら、有り難くお願いすることも必要なことです。

自分一人が悩みを抱えていて周りが助けてくれないなら

あなたに後輩の指導を任せっきりで、あなた自身の負担が大きいのであれば、まずは周りに助けを求めてみることも大切です。

具体的な業務の指導はするけれど、それ以外のところは他の人にも指導をお願いしたいと伝えれば、周囲の協力を得てあなたが後輩に時間を取られることも減るはずです。

ただし、助けを求めたにもかかわらず「それはあなたの仕事」と一切協力を得られない場合には、果たしてその会社はあなたにとって良い会社なのか、良好な人間関係が築けている会社なのかについて目を向けることも必要です。

後輩以外にもデメリットが大きい会社であれば、早めに転職をすることも大切なことではないでしょうか?

転職するなら転職エージェントを利用しよう

今の会社に見切りをつけて転職を考えるのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします。

非公開求人を含む求人数が圧倒的に多いですから、希望の条件に合った良い求人が見つけやすいでしょう。

また、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントに転職時の相談事をできるのもメリットです。

社内の協力体制が整っているような働きやすい会社なのか、雰囲気はどうなのか、内情などについても詳しいです。

企業の採用担当と密接に連絡を取り合っていて、疑問点なども確認してくれることがありますから、どんどん利用すると良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、どんな会社にもいる困った後輩との接し方についてお話してきました。

困った後輩と上手に接するには、まずは理解と自分自身の改め、そして周囲と協力しあうことが必要です。

あとは下手に気を遣いすぎたり構いすぎることなく、しっかりとした態度で臨むようにしましょう。

後輩への悩みは抱えすぎるとストレスになりますから、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。