更年期障害は中高年の女性だけでなく男性や若い女性にも起こりうることです。

気持ちの浮き沈みが激しかったり、汗をかいたり動悸がしたりと身体的に表れやすい症状でもあります。

職場にこれらの症状で悩む人がいる場合には、周囲としても適切な対処をすることでいらぬトラブルを避け、本人を支えてあげることにもなります。

自分や自分の家族にもいつかは起こる可能性があることですから、他人事だと思わずにしっかりとその対処方法を身につけるようにしましょう。

今回は、職場にいる更年期障害の人への対処方法についてご紹介していきます。

突然のイライラには近づかないことが一番

更年期障害の場合には、感情の起伏が激しかったり周囲からは何がきっかけなのか分からないようなことで急に怒り出すことがあります。

これは本人にも止められない感情で、以前は非常に穏やかで優しかった人であってもそうなってしまうことがあるのです。

日によって機嫌が大きく違うことは周囲にとっては気を遣うことではありますが、まずは「そういうもの」と認識を持って、イライラしているなと感じたら近づかないことが大切です。

機嫌が悪いときには、なるべく淡々と、業務上必要な最低限のことだけを話すようにしましょう。

また、他の人と楽しそうに話している様子を見てイライラを増幅させてしまうこともありますから、とにかく大人しく目の前の仕事だけに集中する必要があります。

「暑いんですか?」とからかい気味に聞かないこと

仲が良い上司や先輩などに対して「暑いんですか?」は禁物です。

更年期に悩む人は女性が多いですが、特に女性は元々汗を気にするので傷つけてしまいます。

汗をかいていることを指摘されると、余計に汗をかいてしまうというスパイラルにはまってしまい、それで心底悩むという人も多いのです。

汗をかいて暑そうにしていたら、そっと冷暖房の温度を調整しておくとか、「この部屋暑いですよね。ちょっと冷房つけてきます。」などと言って自分も暑いということを強調してあげましょう。

ミスを責めてはいけない

更年期になると集中力が散漫になったり、忘れっぽくなったりして些細なミスが多くなってくることがあります。

大きなミスであれば、なぜそのようになってしまったのかを振り返る必要はありますが、ミスを責めるだけではいけません。

そもそも、ミスは誰にでも起こりうるものなので、それを防ぐために1人だけで仕事を終わらせないようにチェック体制を整えるなどの対策が必要です。

まずはチェック体制を整えて大きなミスにつながらないような対策を立てることで、様子を見ることが必要です。

何もできない自分を責める必要はない

更年期で悩む人は、元々の性格とのギャップに苦しんだり、誰にも言えずに辛い思いをしている人が多くいます。

周囲から見ても辛そうで何とかしてあげたいと思うかもしれません。

しかし、医師ではない以上、なかなか処方箋を見つけてあげることは難しいでしょう。

そんなときに、自分のことのように悩み、何もできない自分を責める必要はありません。

特に女性や自分の家族が同じように悩んでいた経験がある人の場合には、相手の辛さへの理解があるばかりに、自分までもが苦しむことになってしまいます。

更年期はいつか症状が軽くなるものなのだと気楽に捉えることも大切です。

自分自身が悩み過ぎてしまうと、精神的に負担が大きくなり、うつ病気などを引き起こすこともあります。

今は苦しいけれど無理をするときではないとそっと見守ることも大切です。

仕事への影響があまりに大きい場合には相談を

更年期の対象者が、上司や重大な決定を行う人の場合には、仕事そのものへ大きな影響が出てしまうことも考えられます。

その場合には、自覚症状を無視せずきちんと受診することも社会人としての重要なことになってくるのですが、本人が認めたくないという理由で対策を講じないことがあります。

残念ながらそれでは仕事が成立しなくなってしまいますし、周囲が放っておいて済む話ではなくなってきます。

まずはその上の上司に相談し、仕事を分散させてもらったり、会社として更年期で悩む人向けのセミナーを開くなどの対策を立ててもらうようにしましょう。

場合によっては診断書を提出してもらって、休職を促してもらうことなども必要になってきます。

その際、相談したことが更年期の対象者の耳に入らないように細心の注意を払ってもらうことも大切です。

逆上してしまって相談者自身が辛い思いをしてしまうことも考えられるからです。

更年期がひどくてイジメに合う場合には

更年期の対象者にイジメを受けてしまうという場合には、更年期の症状が相当悪化していることが考えられます。

あなたが噛み付いたところで状態は改善されませんから、すぐに誰かに相談して対策を講じる必要があります。

まずは受診をしてもらって自身の症状を認識してもらう必要があることと、イジメなどの被害がある場合には退職をしてもらうことも考えられることです。

どちらにせよ、イジメなどに発展してしまった場合には、あなた一人でどうにかできる問題ではありませんから、会社に判断をゆだねるようにしましょう。

会社として女性管理職を辞めさせることに抵抗があることも

近年は女性の社会進出が進み、女性管理職の割合が高いほど時代に合った良い会社であるという風潮があります。

もちろん優秀な女性が多い中で女性管理職が増えていくことは好ましいことなのですが、世間体だけを気にして女性管理職を増やそうとしている会社があることは事実です。

そのため、更年期になりイジメや嫌がらせなどをしてしまった女性管理職であっても、会社としては辞めさせることに抵抗があることも考えられます。

更年期は仕方のないこととはいえ、実際にイジメ被害にあった本人よりも更年期の対象者が優遇されたり守られてしまうようでは、社員を本当に大切にしている会社とは言えません。

そのような目に合った場合には、その会社はそのレベルの会社なのだと冷静に判断することも必要になってきます。

早めに見切りをつけて転職を考えてみることも必要ではないでしょうか?

転職は転職エージェントを活用して

世間体だけを気にして自分を守ってくれなかった会社を辞めて転職をするのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

非公開求人を含む多数の優良な求人が掲載されており、希望の条件に合った求人が見つけやすいです。

また、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントから、応募書類の添削や面接時のアドバイスなどを受けることができます。

一人での転職活動よりも内定の確率がぐっと上がりますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、職場にいる更年期障害の人への対処方法についてご紹介してきました。

女性の社会進出が進む現代では、避けて通ることはできない問題です。自分の身を守るためにも対処方法を知っておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。