職場に女性がいれば必ず遭遇するイライラ状態。

仕事をスムーズに行うためには女性社員との上手な関わり方が必須ですから、イライラを見つけたら賢く対処する必要があります。

この対処法は、自分が男性であるときはもちろん、女性であっても使えることができますから、ぜひ身につけておきましょう。

そこで今回は、職場の女性のイライラの本質と対処法、女性面接官への対応のコツについてご紹介していきます。

女性のイライラはどんなときに起きる?ケース別対処方法

女性のイライラは、なぜ起きてしまうのかその本質を知っておくと対応がしやすくなります。

ここでは、女性のイライラの本質とその対処法についてご紹介していきます。

ホルモンバランスの乱れ

生理や更年期など、女性は男性に比べてホルモンバランスが非常に乱れやすいものだということをまずは知っておきましょう。

それを知っておくだけで、「自分が何か気に障るようなことをしてしまったかな?」という不要な心配をしなくて済みます。

女性が起こす原因不明のよく分からないイライラは、ホルモンバランスが乱れているときであることが多いです。

そんなときは、近づかないでそっとしておくのが一番です。

周囲の敏感な話し声なども察知しますから、できるだけ私語も控えて、大人しく目の前の仕事に集中するようにしましょう。

できない相手へのイライラ

女性はミスを恐れ慎重に仕事に取り組む姿勢がありますから、仕事自体はよくできる人が多いものです。

そのため、できない人に対してイライラしてしまうことがあります。

特に、質問をしたり努力しないで、やる気があるのかないのか分からないのに仕事ができない人に対しては、「なぜできないなら質問しないのか?」というイライラを持つことが多いです。

もし女性から自分の仕事ぶりに対してイライラされていると感じたら、わからないことはしっかりと聞いて、やる気はあるけれど今はわからないだけだということをしっかりアピールしましょう。

やる気があって一生懸命努力している人が自分を頼ってくることに対して、女性も悪い気はしないはずです。

不真面目な人へのイライラ

女性は総じて生真面目で細かいことに気が行き届く人が多いです。

大枠を捉えて結果を大切にする男性とは異なり、とにかく真面目で一生懸命な「過程を大事にする人」を好む傾向にあります。

そのため、自分がカリカリと真面目に働いている横で居眠りをしていたり、ネットで遊んでいる(ように見える人)に対してイライラすることが多いです。

イライラしている女性の前ではとにかく真面目さをアピールすると良いでしょう。

嫉妬心によるイライラ

女性は、自分はちやほやされたいけれど、他の人がちやほやされていたり、ちやほやしている人を見ると嫉妬心でイライラしてしまうという不可解な部分がある生き物です。

特に20代後半以降にもなってくると、若い女性に対して異常な嫉妬心を燃やしてしまう人もいますから、女性の前で女性をおだてることは控えるようにしましょう。

褒めるのであれば、全員を均等にほめるべきです。

何だか面倒だなと感じるかもしれませんが、これができる人は女性たちから好まれ、仕事がしやすくなるのです。

仕事がスムーズにいくのであれば、このぐらい大したことではないと思いませんか?

男であることを全面に出す態度にイライラ

女性は、男性の中で男性に負けないように働きたいと思う反面、やはり男性独特の強い態度や頑丈な体つきには怖いと思ってしまいます。

特に男性であることを全面に出すような、怒鳴ったり強い口調で物事を言う人を嫌います。

政治家などを見ても、女性に人気が高いのは、物腰が柔らかくて紳士的な雰囲気の人たちです。

女性に対しては強く言えば言うほどその反感を買い、イライラさせていると心得ましょう。

同じことを言うとしても、言い方に気を付けるだけで女性は驚くほど扱いやすくなるのです。

認めてもらえないことに対してのイライラ

女性の管理職への登用の促進が叫ばれてはいますが、多くの女性たちは決定する責任を負いたくない、プライベートを大切にしたいという理由などから実際には出世をしたいと思っていません。

しかし、出世したくないからと言って、認められなくても構わないというのとは別問題なのです。

女性は真面目で一生懸命に働いているからこそ、それに対して認められたいと強く思っています。

ですから、自分の仕事ぶりが認められていないと感じると、それがイライラにつながるのです。

仕事の成果そのものというよりも「頑張ってるね」「いつも偉いね」などと言ってもらえることでイライラは解消されます。

肩肘張って頑張っている人に対しては優しく声をかけてあげましょう。

肩の力が抜けて女性特有の柔らかさや優しさを、仕事で良い方向に活かしてくれるはずです。

身につけておけば転職もうまくいく!女性面接官への対応のコツ

ここまでご紹介した女性のイライラを理解しておくと、女性がどういう生き物なのかがある程度把握できるようになります。

これは転職先の人間関係にも活かすことができますし、転職活動中の面接官が女性だった場合にも対策として使えます。

近年は女性の社会進出が進んでおり、現場の女性を面接に同席させたり、採用担当が女性である場合も多いですから、女性面接官の対応は覚えておいて損はないでしょう。

女性面接官を邪険にせず男性面接官と同様にアピールすること

面接官が年齢のいった男性と若い女性だった場合、どう見ても男性の方が決定権のある役職がついていそうですし、意識せずとも男性の方相手に自己アピールをしてしまうという人がいます。

しかし、そこに女性が同席しているということは、現場で一緒に働くのはその女性である可能性が高いですし、男性上司は必ず女性の意見を聞くことでしょう。

それなのに男性相手にばかり目線を配りアピールをするようでは同席した女性の印象は悪くなります。

「私は男女問わず対等に接しますし、あなたのこともしっかりサポートします。」という姿勢が伝わるように、女性面接官を含むその場にいるすべての面接官の目をできるだけ交互に見るようにしましょう。

女性は話を聞いてくれる人を好むのは面接も同じ

女性は、自分ですでに決めていることであっても、誰かに聞いてもらいたい生き物だとは、薄々感じている人も多いのではないでしょうか?

例えば買い物中の「どっちがいい?」と意見を求めてくるにも関わらず、こちらがすすめた方ではなく自分ですでに決めた方を選ぶというのが良い例です。

ここから分かるのは、女性はとにかく話を聞いてくれることを好むということです。

面接の場であっても女性という本質に変わりはありませんから、女性面接官の話はしっかり真剣に前のめりで聞きましょう。

女性は話をしっかり聞いてくれる人に対して悪い印象は持ちません。

面接時のアドバイスをもらうなら転職エージェント

転職活動の面接には応募先の業界によっても少しずつコツが異なります。

面接に関して、「こんな場合はどうすれば良いのだろう?」と疑問に感じることがあると思いますが、その疑問は転職支援のプロに聞くのが一番です。

転職エージェントに登録することで、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントの面談を受けることができます。

面接のときの疑問点を質問できるだけでなく、転職に関する様々な支援やアドバイスを受けることができますから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、女性のイライラの本質と対処方法、転職活動時の女性面接官への対応のコツについてご紹介してきました。

女性のイライラへは、上手に対応できる術を身につけておくと、どこに行っても使えます。

転職後にスムーズに仕事を行うためにも、転職を成功に導くためにもぜひ覚えておいてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。