毎月同じ給料を得ることができるなど安定感がある企業で働くことは、精神的に楽な面もありメリットも大きいです。

ただ一方で、大成功や一攫千金は難しいというデメリットもあります。

経営を保つために守りに入ったり、新しいアイデアや現場の声が反映されることも少ないでしょう。

そこで近年人気があるのがベンチャー企業です。

決まり切った仕事に嫌気が差し、自分の力を試したい、将来的に大きく稼ぎたいと考える人たちから特に人気があります。

自分の意見が上に通りやすかったり、意志決定のスピードがあるベンチャー企業で働くことはやりがいも感じることでしょう。

しかし、ベンチャー企業には弱みもあり、働く人のタイプや考え方によっては向き不向きが激しい面もあります。

そこで今回は、ベンチャー企業に向いていない人の特徴についてご紹介していきます。

ベンチャー企業への転職を考えている人や、ベンチャー企業での仕事が辛いと考えている人は今後の転職活動の参考にお役立てください。

ワークライフバランスを保ちたい人

ベンチャー企業は激務の場合が多いです。

特に規模が小さく、将来的な成長が見込まれる企業の場合には今が頑張りどきとばかりに仕事に明け暮れ、一人当たりの業務量が膨大になることがあります。

毎日定時に帰ってプライベートも充実させたいと考える人は、ベンチャー企業は向いていません。

業務分担がしっかりされていて、やるべき仕事も決まっている、そんな企業で働く方が、日々の仕事やプライベートの予定も立てやすく、ワークライフバランスが保てると言えるでしょう。

ベンチャー企業に転職したいのであれば、しばらくはプライベートを捨てる覚悟もときには必要です。

安心・安定を望む人

給料や福利厚生がしっかりしていて生活の補償が確保されている、将来的にもなくなる仕事ではないため長く働き続けることができる、そんな安心・安定を望む人は多いです。

もちろんそのような企業で働くことは良いことですが、ベンチャー企業でそれを叶えることは難しいです。

近年は業務拡大につき規模が大きくなったベンチャー企業もありますが、やはり資金力がない小規模の企業が多いのも事実です。

将来的に大きな成長を遂げる可能性はありますが、現時点では給料や福利厚生に期待できなかったり、倒産リスクがついてきます。

安心・安定を望む人には向いていません。

頑張っていることを評価されたい人

ベンチャー企業には実力がない人を雇う余裕はありません。

頑張っていることを評価されたいと思っている人は意外に多くいますが、いくら頑張っても結果を出せない人は評価の対象になりません。

急ぎの仕事がないのに残業をしたり、結果よりも過程を大切にする人にとっては厳しい世界です。

自分の実力を試したいとベンチャー企業に転職を考えている人は、今の仕事で頑張っていることを評価されたい傾向にあるのか、それとも常に結果を出そうとしているのか冷静に分析することが必要です。

学歴を糧に生きてきた人

偏差値が高い大学に入るには相当な努力が必要ですし、その努力は評価されるべきものです。

しかし、高学歴の人の中には、その学歴だけを糧に生きてきたという人がいます。

勉強はできても仕事のやり方は誰にも教わっていないからわからない、という人もいます。

そのような人たちは総じてプライドが高く、仕事ができない自分を認めたくないため、謙虚な姿勢で仕事に取り組んだり、積極的に質問をすることが少ないです。

学歴があっても、学歴を意識しすぎることなく、しっかりと仕事に取り組んできた人は大企業だろうとベンチャー企業だろうと活躍できます。

学歴だけを糧に下手なプライドで生きてきた人はベンチャー企業で活躍することはできません。

ベンチャー企業は革新的なアイデアや柔軟な姿勢が求められるので、学歴は関係ないのです。

自分の高い学歴をどうしても活かしたいのであれば、学歴が比較的重視される金融や教育などの道を進むのも手です。

法知識が豊富で詳細も気になる人

近年は労働基準法などの法知識を、一般の人でもある程度持つようになりました。

メディアなどでも法律について取り上げられる機会も多く、法律に興味があるという人も多いでしょう。

ベンチャー企業では大企業のようにコンプライアンスが徹底されていないことが多くなります。

労働実態の詳細まで把握できない、本人の裁量に任せている部分も多いということもあります。

もちろん法遵守は当然のことですが、実際には少数精鋭で大きな業績をあげようとする場合に、サービス残業が起きてしまったり、長時間労働になってしまうことは大いにあるのです。

下手に法知識がある人の中には何でもかんでも「これって労基法違反では?」と経営陣に食ってかかるような人がいます。

法律や詳細が気になることは分かりますが、ベンチャー企業では気になるところだらけで自分の身がもちません。

法律が大事なのはわかるけれど、それ以上に大切なこともあるという気持ちがなければベンチャー企業で活躍することは難しいでしょう。

転職したらきちんとした教育を受けたいと感じる人

転職組は即戦力が求められるとは言っても、ある程度の教育は受けられるはずだと感じる人は多いでしょう。

しかし、ベンチャー企業に大手のような研修や教育体制を望むのは難しいです。

特に人数が少ないベンチャー企業の場合は、先輩たちも自分の仕事で手一杯ですし、新人とは言え転職組に対して丁寧に仕事を一から教えてくれる余裕などはありません。

転職してから仕事を覚えたい、きちんとした教育を受けたいと感じる人にはベンチャー企業は向いていないでしょう。

仕事のやり方や知識の入れ方は自分で工夫していくもの、その覚悟を持っていないと難しいです。

向いていないと感じたらベンチャー企業から転職しよう

人気もあって、将来的な成長に期待してベンチャー企業に就職したものの、自分の仕事のスタンスと合わないと感じている人は多くいます。

その場合にはできるだけ早くベンチャー企業から去るべきです。

激務で体を壊したり、倒産危機などに陥ったとき、ベンチャー企業で働いていたことを後悔することになります。

ベンチャー企業に向いている人は、そのようなリスクを覚悟して働いていますから、自分の選択に後悔することは少ないです。

自分にはベンチャー企業は合わないと感じた今こそ、転職を考えてみるときです。

転職は転職エージェントを利用して慎重に

ベンチャー企業を辞めて転職を考える場合には転職エージェントを利用しましょう。

ベンチャー企業が向いていない人は安定や将来性を考える場合が多く、法整備がしっかりとされた企業で働く方が向いています。

そのような企業へ転職するには事前調査が重要ですから、自分一人の転職活動には限界があります。

転職エージェントは、掲載にあたって企業審査がしっかりとされている場合が多く、ブラック企業や法律に無頓着な企業を避けることができます。

希望の条件やスキルなどを登録しておくことで、良い求人を紹介してもらえることもあり、自分で探す手間が省けます。

無料で利用できる転職エージェントを活用して、賢く慎重に転職活動を行ってください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。