携帯電話の販売員は、学歴がなくても比較的就職しやすい職業と言われることもあり、簡単な仕事だと思っている人もいます。

実際は非常に激務で、覚えることも多く大変な仕事です。

携帯電話ショップを訪れると若い販売員が多く見られますが、これは販売員として長く働き続けるという人は少ないという証拠でもあります。

給料が安い場合も多く将来性についても不安が残る職業です。携帯ショップ店員の仕事が辛いと感じているのであれば、早めの転職をおすすめします。

そこで今回は、携帯ショップ店員が転職した方が良い理由と、仕事のデメリットについてお話していきます。

携帯ショップ店員はどんなことが大変?

c16

携帯ショップ店員の仕事は、カウンターのお客さんに携帯の説明をするだけの簡単な仕事ではありません。

どんなことが大変なのでしょうか?実際に携帯ショップで働いた経験のある方たちの声を元に、まとめました。

1日中話しているのが大変

携帯ショップ店員というと、基本的に座り仕事ですし携帯の操作や説明など、体力的には負担がなさそうなイメージがあるかもしれません。

しかし、ひっきりなしにくる客への対応で、1日中しゃべり続けているのは相当に体力を使います。

人と話すのが好きという人には向いているかもしれませんが、会話というよりは一方的な説明が多い部分もあり楽しいだけではありません。

携帯の知識以外にも覚えることがたくさんある

現在の携帯市場は、各社のCM合戦などからも分かるように、次から次へと新しいサービスや機種がでてきたり際限なく新しい知識を詰め込む必要があります。

また、携帯の知識だけでなく料金プランやキャンペーン、パソコン操作や顧客へのクレーム対応等、携帯ショップ店員が覚えることは本当にたくさんあります。

やはりこれが大変で、辞めたいと感じる人も多いです。

繁忙日の忙しさが半端ではない

c22

携帯ショップは休日は特に大忙しです。

お正月なども携帯ショップには携帯の不調を確認しにくるお客さんや、帰省してきた大学生の子供を連れた家族など、たくさんの人で賑わっています。

まるで大病院や、人気の飲食店のように2~3時間待たされることも珍しくありません。

目まぐるしい忙しさや、待たされることで不満が膨らむ顧客への対応などもあり、現場はピリピリムードで決して楽しい職場とは言えません。

顧客の前では当然笑顔ですが、裏では困っていても助けてくれない先輩やイライラした態度をぶつけてくる同僚など、職場の雰囲気は最悪というお店もあります。

昼休憩もなく働き続ける

顧客は昼だろうと関係なく訪れるため、時間通りに昼休憩が取れることは少なく、立て続けの来客が重なり休憩自体が取れないこともあります。

客がいたとしても店長などがしっかりしていれば休憩を意識的に取らせてくれます。

しかし、客をさばけばさばくほど店舗の売り上げにつながるため、見てみぬフリをされるケースも多いです。

夜帰りが遅くなる

携帯電話ショップの営業時間は地域などによっても異なりますが、大体19時~20時に営業が終わります。

しかしそのあとの締め作業が2時間近くかかることもあり、毎日22時帰宅になるという場合が多いです。

営業時間を通しての勤務だと法定労働時間を超えてしまうため、早番や遅番などを制度としては設けているお店がほとんどですが、実態は違います。

早番でも遅番でも帰宅時間は同じで、何のための交代制か全くわからないような状況で働いている人も多くいます。

夜の帰宅時間が毎日遅いという悩みは、携帯電話販売員の悩みとして非常によく聞かれることです。

また、新人の場合には勤務時間外に研修が行われることも多く、当初の契約内容とは異なっているという不満もよく耳にします。

残業代がつかないことが暗黙のルール

携帯電話販売員の悩みを聞いていくと、残業代がつかない、タイムカードを営業時間が終わると同時に強制的に押すように指示があるといったことがよく聞かれます。

これは、営業時間が終わる締め作業を労働時間としてみなされておらず、利益を取れる営業時間内にしか給料を払いたくないという企業の姿勢が見え隠れしています。

労働基準監督署などの監査が厳しくなっている近年ですから、強制的に行うお店は減っているのかもしれません。

しかし、「そうするのが当たり前」と、上司や先輩たちから教えこまれるなど、暗黙のルールとして蔓延しているお店はまだまだ多いです。

客からのクレームが多い

携帯電話は精密機器ですから、故障やトラブルなどに見舞われることが多い商品です。

それゆえ、客からのクレームも多く、その対応に苦労するという販売員も多いです。

また、近年流通しているスマートフォンは機能性が高いですが使いこなせる人は少なく、その操作方法や、販売店とは関係のないアプリの使い方まで聞いてきて説明できないと怒る人もいます。

毎日の残業の中でも頑張れるのは、接客や人と話をすることが好きということも多いです

しかし、クレームでは怒鳴ってくる人がいたり急に態度が変わるような人もいて、人間というものの恐ろしさを感じるという人もいます。

顧客のニーズよりも売り上げを優先する体制に嫌気が

最近の携帯電話はスマートフォンをはじめ、ただでさえ機能が多く、全部の機能を使いこなせるという人は多くはないと思います。

それにもかかわらず、携帯ショップでは追加のオプション機能や副商材と言われるような、ハイスペックのメモリーカードなどを、携帯ショップ店員からすすめられることがあります。

これは、各携帯会社の競争が激しく、営業担当から厳しく言われているから販売をすすめています。

しかし、携帯をよくわからない年配の人にすすめて、無知識ゆえに購入に至った場合などは罪悪感を感じることもあるそうです。

なぜなら、その人にとってそのオプションや付属品は全く必要のないもので、無駄に終わってしまうことを、携帯ショップ店員自身が分かっているからです。

人を騙しているような感覚を覚える人もいるそうです。

年配の人に使い方を理解してもらうのが大変

最近は年配者の方でも使いやすいスマホもありますが、年配の顧客が多い田舎の店舗などでは、操作方法を求められることが大変という声も聞かれます。

故障ではないのに、自分で調べたり操作方法を確かめてみることができず、携帯ショップに来ては説明を求められます。

理解してもらうまでに時間がかかったり、他の顧客の対応ができなくなり困ることが多いです。

給料が安い

a13b

携帯ショップ店員は、覚えることが多く大変な仕事であるにもかかわらず、その給料は決して高いとはいえません。

給料だけが仕事ではありませんが、モチベーションが上がらず結婚を機に辞めるとう女性も多いです。

女社会の人間関係に悩みを抱える人も多い

携帯ショップの店員は最近こそ男性も増えましたが、まだまだ女性が多い職場です。

この人間関係が本当に大変で、少人数の店内という内向きの職場でさらに女性が集まると、陰湿ないじめや悪口などもお店によってはあります。

また、出会いが少なく若い人も多いことなどからも、合コンなどが週に2~3回あるなど、仕事後の付き合いに合わせるのが大変という声も聞かれます。

人間関係の悩みは深刻化すると人間不信になったり、我慢が続くことで精神的ダメージが大きくな、り最悪の場合にはうつ病などの病気を引き起こしてしまうことにもなります。

まずは信頼できる身近な人に相談したり、イジメやパワハラなどに合っているなどのひどい場合には行政や外部機関に相談することも可能です。

悩みを抱えすぎてしまうことだけは避けるようにしましょう。

携帯電話業界とショップ店員の現状と将来性

a28b

携帯電話業界やそこで働くショップ店員には将来性はあるのでしょうか。現状とともにご紹介していきます。

携帯ショップと言うと大手数社が独占状態でしたが、近年は格安スマホなどの台頭で携帯市場にも変化が訪れてきました。

日本経済の不安定さの中、携帯電話の料金の高さに疑問を投げかける人も増えており、今ある携帯会社がこのまま将来的に安定かというには疑問が残ります。

自分の大切な人生を考えよう

携帯ショップ店員は、人と接することができてやりがいがある仕事ですが、将来性や職場環境などを考えるとデメリットも大きい仕事です。

自分自身の人生の今後を、一度冷静に考えてみた方がよいです。

今のうちに転職をしておくことも必要

将来への不安を感じているのであれば、転職市場での価値が高いうちに転職をしておくのも必要です。

将来的には市場規模縮小やショップ閉店など様々なことが考えられますが、そうなったときに携帯ショップ店員はどこに転職すればよいのでしょうか?

目の前の仕事だけに着目していると、いざというときに転職先が見つからず途方に暮れてしまいます。

なぜなら携帯の知識やパソコン操作などのスキルは、携帯電話に特化したものでしかなく、商品自体の入れ替わりが激しいため、一度身につけた知識が他では役に立たないからです。

携帯電話の機能や料金プランをいくら覚えたところで、次々と新商品やサービスに代わられ賞味期限が切れるのはあっという間です。

年齢が上になればなるほど、転職先で求められるのは即戦力という「使える知識やスキル」です。

しかし、早いうちであれば未経験でもやる気次第で、様々な仕事にチャレンジできるチャンスが大きいです。

長く働ける業界に転職しよう

転職活動を行うのであれば、転職エージェントを利用して長く働くことができる仕事に転職をしましょう。

パソコン操作やサービスの説明などが多いという点では、事務系の仕事がおすすめです。

基本的には座りながらの作業が多く、覚えることも多くテキパキとした対応が求められる携帯電話販売員であれば、事務系の仕事を覚えるのはさほど難しくないでしょう。

もちろん事務系以外にも未経験でもできる仕事は多くありますが、応募のハードルが低いということは「誰でもいいから人手が欲しい」というブラック企業に当たる確率も高まってしまいます。

しかし転職エージェントは掲載のための審査もしっかりと行われているため、ブラック企業を避けることができます。

自身の適性に合い、長く続けることができる仕事を探すのは、転職エージェントを利用するのが安全で効率的です。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑