転職経験がある人の話を聞くと「社長がワンマンだったのが嫌だった」という退職理由と挙げる人が多くいます。

ワンマン社長は決定がスピーディーで社員を良い方向に導いてくれるなど、必ずしも悪いというわけではありません。

しかし、やはりどこかで行き詰ったり、社員への態度がひどくて優秀な人材が離れてしまうといったことはよくあります。

ワンマン社長に耐えられないという人にとっては、転職先はワンマン社長が経営者ではない企業を選びたいでしょう。

そこで今回は、ワンマン社長かどうかを事前に確かめる方法をご紹介していきます。

企業HPやパンフレットを確認する

企業研究の一環として企業HPや会社のパンフレットなどを見る機会があるでしょう。

このときに社長が創業者かどうかを確認してみてください。

社長が創業者で現役バリバリでやっている場合、ワンマン社長の可能性が高まります。

よほど謙虚な姿勢を保つ努力をしている人か、ワンマンだったことで人が離れていった経験などを経ている人でなければ、ワンマン社長のケースが多いです。

だから悪いということではないのですが、その社長の元でやっていけそうかどうか、社長の経営理念に共感できるのかは考えておかなくてはなりません。

また、企業HPやパンフレットなどを見ると、いたるところに社長が登場している場合も少し危険です。

社員ではなく自分を前面に押し出している場合は、社員を信頼しておらず自分がやるしかないという考えの人である可能性もあります。

さらに社員紹介などがされている場合、その社員たちのコメントに社長を褒めるような文言が多く並んでいるとまずいです。

普通はどんな会社だとか、社員たちはどんなことをしているのかという紹介のはずなのですが、やけに社長への敬意を示すコメントが多いという場合は慎重になるべきです。

社長がワンマンで絶大的な権力を持っている可能性が高まります。

同族会社は可能性あり

創業者が社長で、他の役員も親族が名を連ねているいわゆる同族会社はワンマン社長がいる可能性があります。

やはり重要な役どころに自分の親族を据えるのは、他人の意見を聞きたがらないことの一つの証です。

同族会社が必ず悪いわけではありませんが、やはり従業員が息苦しさを感じやすい傾向にあります。

他の従業員の話が果たして通りやすいかどうかも、社長の柔軟性にかかっていると言えるでしょう。

企業HPなどで会社変遷を確認してみる、役員の名字を確認してみるなどすると、ある程度同族会社かどうかは判断できます。

自分の話をしたがって応募者の話を聞かない

中小・零細企業であれば、最終面接で社長がでてくるのも珍しくありませんから、社長の話し方や態度で見極めるという方法があります。

まず一番多いのが、自分の話を長くしたがって応募者の話をあまりちゃんと聞いていないという人です。

応募者に向かって質問を投げかけているにもかかわらず、答えにはあまり興味のないような感じで、自分の意見を話し始めます。

こういう人が経営者の場合、社員の話を聞かず、意見も採り入れないというワンマン社長である可能性が高まります。

また、中小・零細のワンマン社長でよくいるのが、話し方が威圧的で声が大きいということです。

よく言うとどこかオーラを感じるというか、経営者然としているとも言えるかもしれません。

特に若い人は気を付けてほしいのですが、人生経験が少ないと、威圧的であっても堂々とした態度の人に対して「この人すごい!」とカリスマ性のようなものを感じてしまうことがあります。

そして入社してしばらくすると、カリスマ社長ではなく単に横暴なワンマン社長であったということに気付くというわけです。

自分を気に入った理由が浅い

ワンマン社長は応募者のスキルや経験を見極めるというよりは「好きか嫌いか」で判断します。

嫌われてしまえば不採用になるのでそれまでですが、面接で幸か不幸か気に入られてしまった場合は要注意です。

例えば、面接全体を振り返ってみて、自分が関わりたい仕事や得意なことをうまくアピールできなかった、自分の話をほとんどすることができなかった、だけど元気だけは保っていたら社長から気に入られたという場合。

自分を気に入ってくれたのは良いのですが、その理由に根拠が薄そうであれば少し疑ってみた方がいいかもしれません。

単に好き嫌いで社員を判断する社長は、気に入られているときはいいですが、社長の意見と違うことを言うようになってあっという間に嫌われてしまうということがあります。

そうなると会社に居づらくなり、再度の転職を余儀なくされるということもあります。

職場見学して社員の様子を判断する

可能であれば、入社前に職場見学を申し出てみましょう。

求人広告などに「職場見学有」と書いていなくても、こちらから申し出れば対応してくれる場合があります。

そして社内の雰囲気を確かめてみましょう。

社長が通ったときにやけに大きな声で挨拶をするなど、ピリッとした空気が流れるようであればワンマン社長の可能性があります。

もちろん社長に対して挨拶するのは社員として当然なのでしょうが、その空気感で社員の社長に対する気持ちが見えてきます。

また、面接で社長プラス他の従業員が同席している場合、その従業員がどの程度発言権を持っているのか、社長に対してどんな態度を取っているのかも一つの判断材料になります。

まるでお飾りのように同席しているだけであれば、社長の権力に抗うことができないできないのかもしれません。

社長以外の人の挙動にも注目してみましょう。

転職エージェントに聞いてみる

転職エージェントを利用した転職活動であれば、ワンマン社長がいる企業で働くことを回避できる可能性が高くなります。

転職エージェントは、企業内情に詳しいケースもあり、企業の採用担当と話をする機会も多いため、事前に確認したい点を聞きだしてくれます。

また、転職エージェントの掲載にあたっては企業審査がしっかりと行われるため、いわゆるブラック企業と出会う確率が少ないです。

ワンマン社長でブラック経営という最悪の企業を回避する方法としては有効と言えるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、応募先の経営者がワンマン社長かどうかを確かめる方法をご紹介しました。

前職を退職した理由がワンマン社長だったという人や、ワンマン社長の元でだけは絶対に働きたくないと感じている人はぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。