企業の人事担当者から見て、明らかにやる気がないと感じてしまう応募書類があります。

人事担当者は忙しい時間の中で多くの応募書類に接するわけですから、やる気がない応募書類はスルーしたいと考えるのは当然です。

応募書類すらろくに書けないのに、面接で期待できるはずがないと判断するでしょう。

では、人事担当者にやる気がない応募書類だと思われるのはどんなものなのでしょうか?

その特徴をご紹介していきます。

証明写真が手抜き

証明写真が明らかに手抜きの場合には応募先企業へのやる気が疑われています。

例えば写真そのものの出来栄えはどうでしょうか?

写真館などプロが撮影したものであれば良いのですが、セルフの証明写真機を利用する人もいるでしょう。

それ自体は問題ないことがほとんどですが、端のラインがガタガタしていて、定規やカッターを使わずハサミで切ったことが丸わかりなのはNGです。

履歴書に貼りつけする際にも曲がっていたり、写真の周りに糊がはみ出てしまっていたりするのが分かるのも同様です。

これは「応募書類という大事な書類ですら丁寧に作成することができない」ということを物語っています。

日頃の仕事も丁寧に取り組んでくれない人だと思われても仕方がないでしょう。

また、撮影時の服装や髪形、背景の色などは応募書類として適切でしょうか?

スーツではない、髪形が不潔な印象など、「本当に採用されたいのか?」と疑ってしまいます。

書き損じを修正してある

書き損じた箇所を、修正液などで直してある履歴書もやる気のなさが感じられます。

パソコン作成が基本の職務経歴書と違い、履歴書の場合は手書きの方が好ましいとする人事担当者もいます。

その場合、ボールペンで記載するため書き損じてしまったら新しい履歴書に最初から書き直すのが基本です。

履歴書一枚作成するのはそれなりに大変ですが、希望の企業への応募書類なのに書き直さないのは、熱意がない証拠と思われます。

当然ながら、消しゴムで消せるタイプのボールペンで書くのもNGです。

後に残る応募書類ですから、やる気どころか常識レベルがないと判断されてその時点でアウトでしょう。

人事担当者は多くの書類を見慣れていますから、どんなボールペンで書かれているのかは意外とばれてしまうものなのです。

住所に社名、資格名などが略してある

転職活動では同時に複数の企業に応募していくのが基本ですから、住所や社名、資格名など文字数がかさむ情報はついつい略して書きたくなってしまいます。

しかし何でも略して書いてあると「正式名称で書くのが面倒だったのだろう。」と思われてしまいます。

例えば以下のようなことです。

  • 住所欄の都道府県名を省略する
  • 株式会社を㈱とする
  • 資格を正式名称ではなく一般的に使われる名称を使う

応募書類の情報は正確性が求められますから、小さいことだと思っても略さず正式名称で書くようにしましょう。

企業のシステムによっては応募時の履歴書を元に社員データを作成することがあり、正確に書かれていない場合は情報の信憑性にも関わってくることです。

やたらと空欄が多い履歴書

やる気が感じられない応募書類の中でもよく挙がることとして、空欄が多い履歴書があります。

例えば資格欄や本人希望欄、趣味欄などは、特になにもない場合に空欄にしてしまう人がいますが、やる気がないと思われます。

資格欄が空欄の場合、自動車免許など本当に何も書くものがないのか考えてみてください。

もし今何か勉強中のことがあるならば、「〇〇試験受験中」と書いてあるだけでも印象が違います。

職歴が長い人ほど、これまで何もしてこなかった人なのかなと思われることもあります。

本人希望欄に書くことが特にない場合は「貴社規定に従います。」と記入しましょう。

趣味欄は何かしら自分が好きなことや得意なことを書けば良いので、空欄の場合は考えることを放棄したとも思われます。

内容の薄い職務経歴書

職務経歴書はA4サイズに2枚程度が基本です。

情報を詰め込み過ぎの見にくいものも敬遠されますが、内容がほとんどないようなものはさらに良くありません。

ボリュームが1枚の途中までしか書いていない、履歴書の内容とほとんど同じことが書かれているなど、明らかに手抜きした職務経歴書だと、会ってもらうことは難しいでしょう。

社歴が短くて書くことがないという人もいるでしょう。

その場合は、短い社歴の中でも深く掘り下げて書いていく、研修などで学んだことも書いていくようにすると、経験が短いなりに魅力的な内容に仕上がります。

年齢からキャリアの少なさは分かりますから、書くこと自体が少ないのは人事担当者も理解しています。

短いキャリアの中でも、いかに自分をアピールしようとしているのかが重要なのです。

志望動機や自己PR欄に個性が感じられない

志望動機や自己PR欄など、どの業界や職種でもよく書かれる項目というものがあります。

これらについては、内容に独自視点があり個性が感じられるのかを見られています。

どの応募先にでも使えるような志望動機であったり、転職ノウハウ本やサイトに書かれているものをそのまま書いているようなものは大体予測ができるというものです。

体裁よく整えられた言葉であっても、中身がないものに人事担当者は興味を示しません。

本やサイトを参考にするのは良いのですが、そのままマネするのではなく、自分なりの言葉や考えを書くようにしましょう。

企業研究や自己分析をしっかり行っていくと、オリジナルの志望動機や自己PRができるようになります。

やる気がない応募書類と思われないために

応募書類を見てやる気がないと思われてしまうと、面接に呼ばれる可能性は著しく下がると覚悟しておきましょう。

応募書類の作成方法を間違えてしまったことで不採用になるなら、それこそ労力が無駄になるというものです。

作成した応募書類は、自分の中で完結せずに第三者に見てもらうようにしましょう。

自分では気づかなかった点を、人の目が入ることで発見できる場合があります。

第三者は家族や友人でも良いのですが、特に転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは転職支援のプロですから、やる気がないと思われないだけでなく、ぜひ面接に来てもらいたいと思われる魅力的な応募書類作成に一役買ってくれます。

応募書類の添削サービスがありますので利用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、企業の人事担当者にやる気がないと思われる応募書類の特徴をご紹介しました。

やる気がないという印象を持たれてしまうと書類選考突破は難しくなります。

応募書類の基本に戻って、魅力的な書類作成を目指しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。