転職活動が実り内定を獲得したあとは、今の会社を退職するという作業が残っています。

トラブルなく次の会社で働き始めることができるよう、退職の意志表示はスムーズに行いたいですね。

そこで今回は、退職届の基礎知識として、退職届と退職願との違いや提出時の注意事項を紹介します。

退職届ってどんなもの?退職届の基本

退職届という言葉を聞いたことがないという人は少ないでしょうが、そもそも退職届にはどんな意味や効力があるのかご存じですか?

ここでは、退職願や辞表との違い、書面上の効力について解説します。

退職願や辞表とは違うの?

退職届と似たようなものとして「退職願」がありますが、実は両者は異なります。

退職願はあくまでも退職を願い出るものなので、会社への意志表示をし、会社がそれを承諾してはじめて退職が成立します。

言いかえると退職願は「合意退職」の申し出。

退職について会社側にお伺いを立てるものであり、退職の意志表示としては柔らかめで円満退職の意志がある書式と言えます。

一方退職届は労働者側が「確実に辞めます。」という強い意志を示したもので、一方的な「自主退職」。

退職届が受理された時点で効力が発揮されることになります。

実際のところ退職届も退職願も同じようなものとして扱われることが多いですが、実は意味合いが異なるため場合によっては使い分ける必要があるのです。

また、辞表は小説やドラマなどのフィクションではよく見られますが、一般社員が使うものではないとされています。

会社役員や公務員など、特定の人が提出するケースが多いので、民間の一般社員であれば退職願か退職届を使うようにしましょう。

退職の意志表示は口頭でも有効

実は退職の意志表示は口頭でも有効なので、退職届を出す必要は本当はありません。

特に会社から退職を迫られ泣く泣く辞めたなど、後に裁判などで戦いたいと思うようなケースの場合、退職届を出したことで自主退職の意志表示とみなされ、主張が通らない可能性もあるでしょう。

解雇などの場合も、会社側からの一方的契約解除ですから、退職届を出す必要はありません。

退職届の存在によって解雇ではなく自主退職とされれば、失業手当の受給期間などに影響を与える可能性もでてしまいます。

反対に、退職届を提出しなかったことでマナーの悪さを指摘されトラブルになることも避けたいもの。

自主的な円満退職を目指す場合は、退職届は提出しておくのがいいでしょう。

退職届を提出するときの注意事項

今の会社に退職届を提出する場合には気をつけたい点があります。

適切なタイミングや内容における注意点を解説します。

退職届はいつまでに出せばいいの?

まずはいつまでに提出すればいいのかという点を把握しておきましょう。

退職届の出し忘れによって退職予定日に退職できず、転職先の入社日がずれてしまうことなどないようにしたいですね。

民法627条では「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。」と定められています。

つまり、労働者が退職届を提出する場合、退職日の2週間前までに出せば法律的には認められているということです。

例えば転職先が決まっていて辞めたいのに会社側の強い引き留めが行われている場合などは、退職届を提出することで、法律上は2週間経過したら退職が成立することになります。

しかし、会社には就業規則があり、多くの会社では退職届の提出を退職日より1~3ヶ月前までに行うことが定められています。

法律上は問題なくても会社規則に違反することになるとトラブルの元ですから、就業規則の確認は必須と言えるでしょう。

退職届の提出タイミング

続いては、いつ以降に提出してもいいのかを確認します。

いつから提出していいという決まりは特にありませんので、退職届提出のタイミングは、マナー上の問題と言えるでしょう。

例えば何の相談もなくいきなり退職届を提出されたのでは、上司に失礼になることもあります。

まずは面談の申し出をし、その時点で退職の意志表示をし、職場の状況なども踏まえて具体的な退職日を決めていくのが好ましいでしょう。

ただし、退職日は会社が勝手に決めるものではなく、あくまでも労働者側の自由意志にもとづいています。

会社がどうしても退職日を延ばしてほしい場合でも、転職先の入社日が決まっている場合などはしっかりと意志表示をすればいいのです。

相手側の反応を見つつ、退職日を決定する権利は自分にあるのだということを理解しておきましょう。

退職理由は具体的に書かないこと

波風立てず退職したいと考えるのであれば、退職理由は具体的に書かず「一身上の都合」とするのが一般的です。

仮に会社に不満があって辞める場合でも、具体的な退職理由は書かない方がいいでしょう。

会社の怒りを買って転職先にあることないこと言いふらされても、困るのは自分です。

退職届を出すと決めたら、あくまでも形式的なものだと割り切ることが大切です。

書面として残るものですから、下手にトラブルを招く書き方はしないのが賢明でしょう。

退職届はコピーを取っておくこと

口頭でも問題ないとされる退職届を敢えて提出する理由を一つ挙げるとすれば、退職を確実に成立させるための証拠になるからです。

本人は退職の意志表示をしても、会社側が「聞いていない。」と言ってしまえば、最悪退職が成立しないこともあり得るのです。

そのため、退職届を提出するときは必ずコピーを取っておきましょう。

いざというときに自分の身を守るための対策です。

退職における困りごとも相談できるのが転職エージェント

転職市場の活性化により転職エージェントを利用して活動する人が増えています。

一般的に転職エージェントは求人紹介や面接対策など、内定までのサポートに終始すると思われがち。

しかし、今の会社をスムーズに辞めるためのアドバイスも行ってくれます。

内定を取り、実際に働き始めるまでをサポートしてくれるのが転職エージェントですから、退職における困りごとがあれば相談してみるといいでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。