失敗は成功の元とは言え、実際に自分が転職を失敗して痛い目に合うことは避けたいというものです。

そこで今回は、転職を失敗したと感じた人たちのケースを元に、どんな対策を講じるべきかをご紹介していきます。

転職成功を叶えるためには、失敗談を参考にして同じような失敗をしないようにすることが大切です。

社内の雰囲気が悪かった

やりたい仕事があって転職したのに、入ってみたら社内の人間関係がギスギスしていたり、社長がワンマンで誰も逆らえないなど、社内の雰囲気が最悪だったという失敗があります。

これは、「職場の人間関係だけは入ってみなくては分からない。」と、社風や経営者の人柄などを確認していなかったから起こることです。

一人一人との相性は実際に付き合ってみなければ分かりませんが、ある程度どんな雰囲気の会社なのかは調べることはできます。

職場見学や面接での質問、同族経営かどうかを調べるだけでも推測できることはあります。

人間関係は仕事内容以上にきつく感じる人もいるポイントですから、可能な限り確認しておきましょう。

残業が増えてしまった

残業の多さがネックになって辞めたのに、逆に転職して残業が増えてしまうことがあります。

例えば募集要項に書かれている残業時間は20時間だったのに実際は3倍近くあるとか、残業代を申請しないだけでサービス残業が慢性的にある社風だとか、実態は異なるというケースが多いです。

この失敗を防ぐためには、募集要項の内容を鵜呑みにせず面接で実態を確認することです。

残業が何時間か直接聞くよりも、1日のタイムスケジュールを確認したり、繁忙期があるのかなどを聞くと良いでしょう。

残業時間がそれなりにありそうな会社であれば、恐らくまた同じ理由で辞めたくなります。

その時点で別の企業をあたるのも賢い選択です。

給与が思っているよりも少なかった

転職して給与が下がってしまい、生活が厳しくなるというのも意外と多い失敗です。

残念ながらこの失敗の原因は、事前の確認や知識が不足していたことがほとんどです。

内定をもらったら労働条件通知書などの書面で、給与を含むすべての労働条件を確認しておくべきです。

その時点で怪しい点があれば内定辞退すれば良いのであって、募集要項や面接で言われたことを信じ過ぎるのはいけません。

また、まだ若い人など税金や社会保険の知識が不足している人でやりがちなのが、給与の額面を実際にもらえる額だと勘違いしてしまうことです。

額面からは税金や社会保険料、その他引かれるものがあるということは忘れないでおきましょう。

経営者の考え方に納得できず辞めたくなった

転職してから経営方針に違和感を感じたり、部下の意見が聞き入れられない環境でやりたい仕事ができないということがあります。

これは、転職前に経営方針を十分に確認したり、面接で経営者の話をしっかり聞いておかなかったことが原因です。

特に規模が小さい会社の場合は、経営者自ら面接に登場することがありますが、どことなく堂々としていてカリスマ性があるように感じてしまうことがあります。

経営者の雰囲気だけに惑わされてはいけません。

経営者の考え方と、自分の仕事への考え方の方向性が一致しているのかなどを、しっかり見極めるようにしましょう。

ハードワークへの耐性がなかった

「やりがいある仕事に転職したい。」「もっと責任ある仕事に関わりたい。」と転職して失敗してしまうケースとして、ハードワークへの耐性がないということがあります。

これは、やりがいさえあれば大変な仕事でも耐えられると、自分の体力や精神力を高く見積もり過ぎてしまったため起こります。

やりがいは大切ですが、仕事は給与や労働時間などその他の要素とのバランスが大事なものです。

熱い気持ちはよいのですが、自分を客観視する冷静さを持ちましょう。

同じく前職であまり残業がなかったという人も、残業があることが想像以上にきついことだったと気付く場合があります。

残業が多い職場に一度もいたことがないという人は、残業が少ない現職が恵まれているという点についても一度考えておくべきです。

想定外の仕事が多くあった

特に未経験職種への転職者で多い失敗として、想定外の仕事があることに悩まされるということがあります。

その職種への憧れが強くて転職した場合なども、大変な仕事の方が多くて辛くなるとうことがあります。

これは職種研究を怠ったとか、仕事内容の良い面しか見ていなかったなどが原因です。

職種変更や経験が少ない職種への転職を行う場合、職種研究を通じて、仕事の良い面だけでなく悪い面も見つめておくことが大切です。

仕事は自分が得意なこと、好きなことだけをやれるということではありません。

嫌な仕事や苦手な仕事に直面したとき、どう乗り越えられるのかを考えておきましょう。

自分を高く見積もりすぎてプレッシャーに負けた

大幅な年収アップを望んだり、前職より規模が大きい会社に転職する場合など、面接でうまくアピールできて転職したとしても、転職後に苦労することがあります。

周囲の期待に応えられないことに転職してから気付いたり、仕事についていけずにミスを連発したりするのです。

企業側にとっても、思っていたレベルに達していない転職者は悩みの種となり信頼関係もギクシャクします。

転職してステップアップしたいという想いは大切なことですが、これまでのスキルや経験をすぐに活かせる職場を選ぶのが転職成功のカギです。

自分の実力を見誤ることのないように、必要以上に自分を大きく見せることはやめて、等身大の自分でチャレンジしましょう。

転職を成功に導く転職活動の方法は?

転職を失敗したくないという想いが強いなら、転職支援のプロである転職エージェントを利用して転職活動をするのがおすすめです。

転職先を決めるには事前確認が必要な点が山ほどありますし、自分一人で情報収集するのは限界があるというものです。

転職エージェントであれば企業とパイプがあって情報を持っていることがありますし、面接で聞きにくいことを確認してくれる、効果的な聞き方をアドバイスしてくれるなどメリットが大きいです。

転職活動全体を通じて全面的にサポートしてくれますので、上手に活用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は転職を失敗したケースから見る対策をご紹介しました。

他人の失敗談はリスクヘッジとして有効に使うべきです。

ぜひ今回ご紹介したケースを参考に、同じような失敗をしないように転職活動を行ってください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。