世の中には「若気の至り」で片付けられる問題がありますが、転職活動においては若さゆえの失敗はできるだけ避けたいところです。

なぜなら一度キャリアに傷がついてしまうと、今後の職業人生に大きく影響を与えることになるからです。

若いうちにこそ転職をという考えは間違っていませんが、勢いだけの転職ではまずいというものです。

そこで今回は、20代を中心とする若い人がやりがちな転職失敗パターンをご紹介していきます。

同じ失敗をしないようにぜひ参考にしてください。

やりがいを求め過ぎたことによる失敗

若い人ほどやりがいを求めて転職したがります。

仕事においてやりがいは大事なのですが、それだけでやっていけるほど甘いものではありません。

やりがいを求め過ぎて転職すると、給与が低くて生活できない、長時間労働に悩まされる、高い結果を求められるためプレッシャーに負けてしまうなどが原因で、辞めてしまうことがよくあるのです。

ある程度社会人経験を積んで苦労してきた世代には理解ができるのですが、どうしてもやりがいという言葉の魅力に惑わされるのが若い世代の特徴です。

やりがいを求めるなということではなく、他の点とのバランスが大切だということです。

税金や社会保険などの知識不足による失敗

サラリーマンであれば基本的な税金や社会保険の知識はある程度持っているものですが、若い世代だと知らないということも多いです。

家族や先輩から教えてもらえる環境にいない場合、自分で調べない限りは誰も教えてくれないからです。

よくある失敗としては、税金や社会保険料が引かれた後の手取りを想定していなかったため、転職して給与が振り込まれた段階で驚くということがあります。

生活できると踏んでいた給与が想定より少なくて、生活自体が厳しくなってしまうのです。

専門家のように詳細を知る必要はありませんが、毎月何がどの程度引かれていて、会社を辞めた場合にはどうなるのかなど、最低限のことは覚えておきましょう。

高学歴若年者は自分の実力を高く見積もりがち

何十年も社会人として働いていると学生時代のことなど遠い昔になりますが、若い世代にとっての輝かしい過去は学生時代にあるということがあります。

特に高学歴の若い世代は職歴から誇れるものが少ないため、学歴を自分の実力だと勘違いすることがあります。

この勘違いによって、「自分はもっとできるはずだから実力を試したい。」とやみくもに転職してしまい、思うように成果を出せず転職を繰り返していくことになります。

転職先の職場の人に上から目線で接するなどして孤立してしまうということもあります。

もちろん高学歴出身者は優秀で仕事もできる人は多いのですが、それは社会人になって努力して磨いていった仕事上のスキルがあってこそです。

学歴が高いことと仕事ができることは、必ずしもイコールにはならないという点は覚えておきましょう。

勢いで辞めて失業手当がもらえなかった

退職すると失業手当がもらえるという知識はある人がほとんどですが、必ず誰でももらえるわけではありません。

若い人が注意したいのは、失業手当の受給要件である雇用保険の加入期間を満たしていない可能性があるという点です。

自己都合退職の場合、離職前の2年間に雇用保険の加入が12か月以上必要となります。

つまり、新卒で就職して数か月で転職する人はその時点では失業手当はもらえないということです。

また、短期間での再転職を繰り返しているような場合、すでに失業手当の受給を受けていると、雇用保険加入期間がリセットされます。

加入期間を満たしていない場合は、前回のように失業手当がもらえない可能性がありますので注意してください。

若い世代は転職しやすいこともあって、失業手当の支給期間は短いです。

失業手当をあてにして勢いよく辞めてしまうなどはないようにしましょう。

残業や通勤時間がだんだんきつくなる

若いうちは体力も気力もありますから、転職先を決めるときに残業時間の長さをあまり気にしないという人もいます。

しかし、30代に入ったぐらいから体力的に厳しいと感じることが増えてきます。

若いころの転職を間違えたかもしれないと後悔するケースは珍しくありません。

頑張って管理職になれば残業が減るというものでもなく、企業風土によっては立場関係なく残業はあるものです。

今はいいけれど長い目で見たらどうなのかは、転職先を決める際に考えておくべきでしょう。

また、意外と見逃しがちなのが通勤時間の長さです。

若いうちは通勤ラッシュに耐える体力はありますが、年齢と蓄積された疲れで苦痛に感じることが増えてきます。

特に20代のうちに持ち家を購入した人は、転職時の通勤時間は考えておくようにしましょう。

引っ越しという逃げ道がなく、何年後かに後悔する可能性があります。

働きながら学ぶことの想像以上の大変さ

若い世代が転職するときのメリットとして、未経験やスキル不足であっても採用されやすいことがあります。

年齢が若い分、将来的な成長に期待して自社で育てたいと思ってもらえるからです。

これ自体は良いことなのですが、大前提として将来的に育つということがあるので、転職後に勉強したりスキルを磨いていくことが必要です。

若い人が転職した場合、最初のうちは「入社してから勉強を続けてスキルアップに励みます!」とやる気がみなぎっているのですが、実際には仕事を覚えるだけで手いっぱいになります。

本人としては、仕事は仕事で覚えて、業務時間外に勉強をしてぐんぐん成長していく、そんな姿を思い描いているのでここで挫折を経験します。

それどころか、日々の仕事すらまともにできずに先輩から怒られるなど、自信を失って辞めてしまうというケースがあるのです。

働きながら何かを学ぶことは想像以上に大変なことです。

やみくもに未経験職種にチャレンジするのではなく、まずは今いる環境で経験を積むことも大切です。

若さゆえの失敗を防ぐにはプロのアドバイスを受けよう

若いからこそ知らないことが多い、自分を客観視できないということはある程度仕方のないことです。

しかし、一度の転職失敗はキャリアにしっかりと残ってしまいますから、できるだけ下調べをした上で慎重に転職先を決めることは若い世代でも必要なことです。

わからないことも多いでしょうから、プロのアドバイスを受けながら転職活動をしましょう。

転職エージェントであれば、転職支援のプロとして、求人探しから面接対策まで全面的に転職をサポートしてくれます。

転職エージェントのサービスは無料ですから、安心して利用することができます。

最後に

いかがでしたか?今回は、若い人ほど転職でやりがちな失敗パターンをご紹介しました。

まだまだリスクを負える世代とはいえ、転職の失敗はできるだけしない方がいいに決まっています。

若い世代の転職は意欲と勢いだけでなく、冷静さも付け加えるようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。