女性を中心に人気の職種と言えば事務職です。

給与が相対的に見て低い傾向にあるものの、どの業界、企業においても募集をだせばあっという間に埋まるという人気ぶりです。

事務職が人気であることはすでに周知の事実。

そのため事務職を目指して内定がもらえない場合でも「応募者が多いから」と決めつけてしまっているケースを散見します。

しかし、一旦冷静に考えてみましょう。

事務職の内定をもらえないのは本当に人気職種だからでしょうか。

他の原因もあるとしたら、それを突きとめない限りは内定は難しいでしょう。

そこで今回は、事務職の内定をもらえない人の本当の原因を解説します。

事務職は楽だからという理由

立て続けに事務職に応募しても内定がもらえない場合、まずは志望動機を振り返ってみてください。

特に未経験で事務職を目指す人は、職種への志望動機が重要です。

なぜ事務職という仕事に就きたいのか、堂々と理由を説明できるでしょうか。

「座り仕事だから楽そう。」「空調がきいたオフィスワークで快適に仕事ができそう。」といった薄い理由ではありませんか?

もちろん面接で、「事務職は楽そうだから希望します。」という人はいないでしょう。

しかし、頭のどこかでこの気持ちがある限り、志望動機を明確に答えることができず、人事担当者の心に響くことはありません。

事務職は人気である一方で「やりがいがない」「ルーチンワークが退屈」といった理由で辞める人もいます。

企業としてはそうなることは避けたいので、きちんと目的意識をもって事務仕事に取り組んでくれる人を求めているのです。

単純に応募数が少ない

転職活動では、1人あたりの応募数が10社、20社は当たり前と言われます。

経験がある人でも同様です。

経験者が同時に応募してきた求人であれば、経験豊富な人が不採用になる可能性だって十分にあるでしょう。

もし現在の応募数が2桁に満たないのに「何社受けても不採用になる。」と思っているならば、転職活動というものを冷静に見つめてみることも必要です。

もう少しどっしりと構え、1社ごとの反省点を活かし、地道に転職活動を続けていく覚悟をしましょう。

コミュニケーションスキルが不足している

顧客とのやり取りが多い営業や接客業でないという理由で、事務職にはコミュニケーションスキルが不要だと思っているなら間違いです。

外部の人とやり取りが発生することは当然ありますし、さまざまな職種の人と接点を持つのが事務の仕事。

バックオフィスと呼ばれる、従業員の働く環境を整える職場であれば、なおさら他部署の人とコミュニケーションを取る機会が多いでしょう。

忙しい専門職に代わって、社内外との調整などの役割を担うこともありますよ。

職場内での連携も必須なので、黙々と事務仕事をしていればいいわけではないのです。

面接官の質問とずれた答えを返している、会話のキャッチボールがスムーズにいかないなど、コミュニケーションスキルの不足が不採用の原因かも。

事務職は誰とでもうまくコミュニケーションが取れるタイプの人の方が、採用確率が高いのですよ。

協調性がないと思われている

個人のスキルや能力が成績に反映される営業や販売とは異なり、事務職は協調性をもって働けるかどうかが重要です。

電話をつなぐ、トラブルの相談をおこなうなど、職場内の人と関わることは頻繁にあります。

他部署の仕事への理解も必要なので、相手の立場に立って物事を考えられる人でないと難しいでしょう。

基本的に事務所内での仕事が多いため、1人協調性がない人がいるだけで職場内の雰囲気が悪化します。

他の職員への影響も大きいので、協調性がない人は人事担当者としては避けたいところ。

協調性があるかどうかは面接で大体わかります。

面接官の言葉に対してすぐに否定的な言葉で入る、少し厳しい言葉を投げかけるだけで露骨に嫌な顔をするなど、感情的なコントロールができない人は難しいでしょう。

前職で、チームワークが必要な仕事にどの程度関わってきたのかも重要です。

協調性をもって業務に取り組んだエピソードを交えて、職歴を説明する工夫が必要です。

パソコンや電話応対など事務に活かせるものが何一つない

専門的な知識やスキルが不要とあって、未経験でも転職しやすいとされている事務職。

確かに特殊な知識は必要ありませんが、大前提として求められるスキルもあります。

事務職に活かせるものが何一つない場合は、それが内定に至らない大きな原因でしょう。

まずはパソコンスキル。

プログラミングなどまでできる必要はありませんが、ワードやエクセルなどのオフィスソフトは普通に使えなくてはなりません。

未経験で、かつ前職でパソコンをほとんど使わない仕事だった場合、パソコンスキルがあることの証明が難しいため、パソコン関連の資格を取るのは一つです。

資格がすべてではありませんが、客観的な証明となり、事務職への意欲が感じられるため評価される可能性は上がるでしょう。

また、事務職は電話応対ができない人には難しい職種です。

基本的な敬語の使い方などビジネスマナーがなっておらず、電話応対をした経験がない人は、内定ハードルが一気にあがります。

LINEやSNSなどの普及もあって、プライベートでも電話を使わない人が増えていますが、事務仕事では必須。

最近は新卒の若手事務職が「電話に怖くてでられない」という話題も聞かれますが、正直事務職に転職したいなら避けられない問題です。

内定がもらえずに悩んでいるなら転職エージェントを利用すべき

どうしても事務職に転職したいけど内定がもらえないなら、転職エージェントのサポートを受けましょう。

面談を通じて内定がもらえない原因を一緒に考えてくれますし、求人紹介のほか、応募書類の添削や面接対策などさまざまな支援をおこなってくれます。

内定に至らない原因をよく考えずにやみくもに活動しても時間を無駄に浪費するだけ。

プロの支援を受けて、何がだめでどうすべきなのかを具体的に探っていきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、事務職の内定がもらえない人の本当の原因を紹介しました。

人気職種がゆえにライバルは多いですが、単純にそれが理由でないこともよくあります。

本当の原因に目を向けてみることで内定が一歩近づきますから、ぜひ掘り下げて考えてみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。