「沖縄に移住したい!」という希望をもつ人は本当に多くいます。

定年退職後の夢ではなく、若いうちから移住して沖縄で働きたいという人も。

その場合、仕事をどうするのかという点が一番の問題になりますよね。

預貯金がたくさんあったとしも、今後何十年と生きていくためには働くことが必要でしょう。

そこで今回は、沖縄転職のポイントと注意事項を紹介します。

沖縄の最低賃金は全国最下位

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、沖縄の最低賃金は714円と、宮崎県とともに全国最下位の水準です。(平成28年10月1日~)

また、沖縄企業では賞与がないこともよくあるため、年収にはあまり期待できません。

沖縄に転職する場合は、年収がダウンすることを許容できるかどうかもポイントです。

最低賃金が低いなら物価も安いだろうと思うかもしれませんが、なんでもかんでも安いわけではありません。

全国的に水準があまり変わらない日用品などもありますから、思っているよりお金がかかりますよ。

車がないと不便なので、車を購入することにもなるでしょう。

リゾートに行くわけではなく生活をしなくてはならないため、生活費や給与がどのくらいかはしっかり調べて転職に踏み切りましょう。

参照:厚生労働省 地域別最低賃金一覧
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

沖縄はやっぱり仕事が少ない?

平成29年5月度の沖縄の有効求人倍率は1.13倍。

全国平均が1.49の中、全国ワースト3位という低水準です。

有効求人倍率というのは、有効求人数を有効求人登録者の数で割った数のことで、倍率が1を上回ればそれだけ仕事が見つかりやすく、1を下回れば探すのが大変ということになります。

沖縄の有効求人倍率は常に全国ワースト1,2を争うような水準なので、1.13という倍率は沖縄にしては悪くないといったところでしょう。

ただ、決して仕事がたくさんある地域ではないことはお分かりいただけるはず。

非正規雇用が多い地域でもあるため、正社員として転職するためのハードルは高いでしょう。

沖縄に行ってから仕事を探すといつ見つかるか分かりませんから、移住前に仕事の確保が必要です。

参照:厚生労働省 職業安定業務統計
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/114-1.html

交通費はないのも普通?

沖縄は完全な車社会で、電車もモノレールである「ゆいレール」があるくらいです。

そのため、交通費の概念が曖昧になりがちなのです。

通常企業が交通費を支給するときは、定期券などの料金をもとに適正な価格を導き出します。

電車がない沖縄では基準が不明確なので企業によって交通費がバラバラ。

交通費がないという企業も珍しくありません。

交通費は労基法上の義務ではありませんから無くてもいいわけですが、全国的には「交通費はあって当たり前。

無い企業は待遇が悪い。」という考えが主流なので少し驚くかもしれませんね。

沖縄ならやっぱり観光業に就くべき?

沖縄で働くと言えば観光業を思い浮かべる人は少なくないでしょう。

もともと観光、宿泊業界で働いていた人なら、それを活かした転職を目指すのはとてもいい方法です。

リゾートホテルや観光施設などでアピールできます。

ただ、今まで観光業とは関係ない仕事をしてきた人は、いきなり観光業界に飛び込むのはリスクが伴います。

生活環境ががらりと変わる上に職種変更ともなればストレス必至。

せっかく身も心も解放されたいと沖縄への移住を目指したのに、ストレスだらけでは本末転倒です。

一般的な転職活動の基本をもとに、これまでの経験やスキルが活かせる転職をまずは心がけるべきでしょう。

沖縄の転職情報を得る方法

沖縄に転職する場合は、求人探しの時点で苦戦を強いられます。

求人誌やハローワークといった、昔からある探し方が基本になり、全国展開の転職エージェント、転職サイトなどは求人件数はかなり少なめです。

ただ、大手IT企業の支店など、給与や信頼性ともに安心できるお宝求人に巡り合えることもあるため、チェックしておくことはいいでしょう。

給与相場が低い沖縄でも、IT、Web関連はそれなりの水準を保つことができます。

沖縄での仕事探しは、焦らずじっくり求人を探していくことが大切ですね。

沖縄では、全国的に知名度が高い転職エージェントや転職サイトではなく、地元独自の情報サイトがあります。

「沖縄 転職サイト」で検索するといろいろ出てきますので、ネットで探したいなら情報サイトを利用しましょう。

知人の紹介が堅い

沖縄の企業は中小零細が多いため、自社HPなどをもたないケースが多くなります。

通常企業研究をおこなうときはHPや口コミサイト、企業訪問などから探っていきますが、沖縄の場合は難しくなります。

そのため、知人の紹介やツテを頼るのがもっとも堅い方法と言えるでしょう。

できれば沖縄以外の場所でも暮らした経験がある人からの紹介の方が、ギャップを感じやすい点や注意事項などを教えてくれるため好ましいです。

沖縄でのんびり働きたいなら非正規雇用プラス副業も

都会の喧騒を離れ、沖縄でのんびり働きたいという場合、お金のことは気にならないという人も多いかもしれませんね。

ただ、沖縄とはいえ生活費はかかりますから、そのためのお金は必要です。

正社員で働ければ一番ですが、難しいなら非正規雇用も一つの道。

その代わり、パソコンを買い、ブログやサイト運営、クラウドソーシングで仕事をもらうなど、副業もあわせて考えておくといいでしょう。

非正規雇用でも、副業収入があれば何とかやっていけるはず。

沖縄は観光地として人気が高く、興味がある人も多いため、沖縄関連の話題をブログで書くなどして稼いでいる人もいますよ。

最後に

いかがでしたか?今回は、沖縄転職のポイントと注意事項を紹介しました。

沖縄はとてもいいところで、観光に訪れるのには最高の場所。

ただ、移住して生活するとなると思うようにいかず苦労する可能性もあります。

沖縄で働くということ、生活していくということをよくリサーチしたうえで、慎重に転職に踏み切る必要があるでしょう。

できれば、観光などで訪れた際にツテを作っておく、下調べを十分にしておくなどし、転職先を確実にしてから移住したいですね。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

30万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

スキルや強みを分析し、最適なキャリアプランを考え、転職を成功に導いてくれます。

年収交渉や企業とのやり取りも、安心して任せることができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動を進めましょう。

リクルートエージェントの登録は簡単

b28

リクルートエージェントのサイトに移動後、「かんたん!スピード無料登録」ボタンを押しましょう。

簡単な基本情報を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。