仕事と家庭の両立に奮闘する「働くママ」に悩みがつきない一方で、夫である男性の仕事と家庭の両立にも超えるべき壁がいくつもあります。

管理職を目指すことが一般的な男性の社会、職場における育児中の人への理解不足など。育児中の男性が仕事と家庭を両立させることもまた大変なことなのです。

そこで今回は、育児に奮闘する男性に注目し、仕事と家庭を両立させる方法を紹介していきます。

家族が皆笑顔にいるには時間捻出がカギ

子供がまだ小さい場合、妻は出産という大仕事を終えた肉体的な疲労と、思い通りにはならない育児ストレスから精神的にもサポートが必要な状態です。

夫は子供の面倒を代わりに見るだけでなく、掃除や片づけなど家事もやる必要があるでしょう。

帰宅から就寝までの時間は、日本のサラリーマンなら3~4時間あればかなりいい方で、食事と入浴をして終わりという人も珍しくありません。

とはいえ、家事、育児でヘトヘトに疲れている妻に全部を押し付け、自分だけ明日の仕事に備えて早く寝ることもできないでしょう。

やはり必要になってくるのは時間捻出。

家事、育児にかける時間を捻出するためには、仕事時間を大幅に短縮させる、自分の趣味の時間を削るといった方法が必要になります。

早朝出社するイクメン多数

働く男性に対しては、職場の理解や上司のサポートはなかなか受けられない状況。

その中でいわゆる「イクメン」と呼ばれるような人はどのような工夫をしているのでしょうか。

特に多いのは、「残業しないで帰り家事育児の手伝いができるよう、早朝出社する」というもの。

仕事効率が上がる朝に集中して仕事をすることで、労働時間を減らしながら結果を残す努力をしています。

本来であれば、個人の工夫ではなく会社が男女問わず育児支援を積極的におこなうなど、組織としてやるべきことがあるはず。

とはいえ個人単位でやれることをやるしかないと、少しでも時間を捻出するために奮闘しているのです。

早朝出社に関しては、保育園へ子供を送るのを妻に任せることが大前提になります。

妻との話し合いの中で、夫婦にとってもっともいい形を考えることも大切でしょう。

夫婦が得意なことを書きだしてみる

共働き夫婦が時間を効率的に使うには、「得意なことは得意な方がやる」ことにした方がスムーズです。

夫だから、妻だから、という考え方は捨て、家事育児に関する得意なことを書きだしてみましょう。

たとえば、夫が残業しないで早く帰ることができれば、夕飯の買い物や準備などやれることがたくさんありますが、料理ができない、買う物もよくわからない夫に任せるより、妻がやった方が早いということはありますよね。

代わりに、妻は早めに出勤し、残業しないで帰ってこられるように工夫し、朝に保育園に送っていくのは夫の仕事としてもいいでしょう。

妻の方が家事が得意で結局妻が全部やることになるという場合、保育園の送り迎えだけは自分が何としても頑張るという意識も大切。

自分ができないことが多いなら、できることは何かを絞りだして、徹底的にやり遂げるのも1つです。

夫が持ちたい毎日の目標

男性が仕事でのストレスが多く育児との両立が大変だとは言え、やはり妻にかかる育児、家事負担は相当なもの。

フルタイムで働く妻であればなおさら、夫の協力が不可欠です。

仕事がどんなに大変であっても、可能な限り協力するという姿勢を見せることが大切です。

必要なのは毎日の目標。

「残業は2時間まで」「子供のお風呂に入れるのは自分がやる」といった目標を立て、実行する努力をしましょう。

目標を立てずに「時間ができたら協力する」という姿勢では、妻のストレスはMAXに。

「毎日やってくれることがいくつもある」ということが、妻にとっても夫の協力度を判断する材料になります。

土日を有効活用する

自分の時間を持てないことで、夫婦のストレスが溜まり、互いを責めあうような悪い関係性になってしまうなら、いっそ育児時間を当番制にしてみるのも1つです。

たとえば、土日のうち1日について、「半日ずつ自分の時間を持つ」と決めるのはいかがでしょうか。

夫婦が交互で子供の面倒を見るようにし、半日だけは自分の趣味や好きなことに没頭できる時間にするのです。

夫婦どちらにも自分の時間を設けることがポイント。

不公平感が生まれないですし、半日あればそれなりに好きなことができます。

なぜ半日かというと、残り1日は夫婦と子供の家族皆で過ごせる時間があるからです。

子育てに当番制なんて…という気持ちになるかもしれませんが、あくまでも家族皆が笑顔で幸せに過ごせるための対策です。

子供にとってみても、両親どちらかとじっくり過ごせる時間があれば「ママには言えないけどパパには言える」相談ができたり、「忙しいパパが自分のために時間を取ってくれている」と認識できるというメリットもあります。

転職するなら男女比と年齢層に注目

今の会社でどうしても残業を減らす工夫ができない、職場の育児理解が全くないという場合、転職することも選択肢に入れましょう。

特に妻の職場で理解があり、給与や待遇などにも恵まれている比較的「いい職場」で育休を取得できている場合などは、妻にはそこで復帰してもらい、夫である自分が環境を変えた方がいいこともあります。

転職先を見極める際のポイントは職場の男女比と年齢層。

男性だらけの職場で育児理解を求めるのは難しいですが、女性比率が高い職場であれば、育児に奮闘する男性は比較的好意的な目で見られます。

年齢層も重要。

年配の人だけ、育児経験のない若い人が中心、といった職場ではどうしても理解は得られにくいものです。

30代、40代前後の育児世代がしっかりいる企業の方が、理解されやすい傾向にあります。

男女比や年齢層は面接で聞くこともできますが、聞きにくいなら転職エージェントを利用するのが効果的。

エージェント独自の情報網があり、企業の人事担当者から聞きだすスキルももっています。

育児しやすい職場という希望をエージェントに伝えておき、条件にあう企業を探しだしてもらいましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。