仕事でも転職でも「多角的な視野をもつことが大事」と言われます。

多角的な視野をもつことで、さまざまな選択肢に含まれる機会を損失するリスクを回避し、柔軟性を養うことにもつながり、職場における人間関係を保つこともできるからです。

多角的な視野こそが、ビジネスマンとしての素養を深め、自身の成長に大きく貢献することでしょう。

しかし、具体的にどのようにすれば多角的な視野をもてるのか、よくわからないと思いませんか?

そこで今回は、多角的な視野をもつための心構えを紹介します。

常に「自分は違うのではないか」という疑問をもつこと

仕事でも転職でも、何かを決定する、考えるという場面がありますよね。

自分がだした答え、考え方について、いつも疑問を投げかける姿勢が大切です。

「こう思うけど、別の考え方はないのか。」「自分の経験上ではこうだけど、本当に正しいのだろうか。」と考えてみてください。

物事を決めつけたり、自分が経験したことや知っている情報内でしか判断できないと、所詮は小さな世界での話です。

その範囲内で事足りるならいいのですが、最善策を考えたり、企画を練る、複数のパターンを提示したい場合はどうでしょうか。

たとえ経験不足だとしても、「この人に聞いてみたらどうだろう。」「あの本なら載っているかも。」と、あの手この手で調べていけば、経験外の最善策を導き出すことができます。

それも、自分の考えがすべてではないと、常に疑問をもっているからこそなのです。

「なぜ相手はそう考えるのか」を考える

自分と異なる意見をもつ人に遭遇すると、「この人は間違っている。自分が正しい。」と反射的に思い込んでしまうことがあります。

誰もが自分の間違いを認めたくないし、相手よりも自分が上に立っていたいと思うからです。

しかし、自分一人が何十年という短い人生の中で経験したことや入手した情報は、なんとも小さなもの。

これだけの情報量がある世の中において、自分の考えが必ず正しいなんてことはないのです。

意見が食い違う相手に対しては、一旦心をフラットにし「なぜ相手はそう考えるのか」を考えてみることが必要です。

その理由を知れば、納得できたり、そういう考え方も「アリ」なのだと思えることがあります。

自分側からの方向で物事を判断するのではなく、いつも相手の立場に立って考えてみること。

このことが、多角的な視野をもつことにつながるのです。

100%はないと自覚する

よく「物事に100%なんてない」と言います。

誰もが一度は聞いたこの言葉ですが、しっかりと自覚して過ごしている人は多くありません。

これが、多数派有利の不条理を生みだしているのです。

本当は、少数派の意見が正しいことだってありますよね。

このことをいかに意識しているかどうか、少ないパーセンテージでも聞く価値があるということを知っているかが重要です。

恐らく、「物事に100%ってあると思いますか?」と質問すれば、多くの人が「ない」と答えるでしょう。

しかし、質問されて答えることができるのと、常に自分の中にもって考え方に活かせるのとでは全く違います。

多角的な視野をもつとは、さまざまな可能性があるということを、誰かに言われなくても、判断時にだしておけるかということなのです。

意見する前に調べてみる

自分が一度口にしたことは、後で間違っているとわかっても、なかなか訂正しにくいですよね。

何となく相手が忘れてくれるまで待ってしまうことがあるでしょう。

こういう経験が頻繁にある人は、周囲から「視野が狭い」「決めつけ傾向にある」と思われている可能性があります。

自分の意見や知識を堂々と言っても、「あの人は頭が固くて話が通じない」と、段々信頼されなくなっていきます。

視野が狭いことによって、人間関係にも悪影響を及ぼすということ。

何かに意見する機会があるなら、まずは言い方を工夫しましょう。

その場で事実確認ができないことなら、「現時点ではこう思うけど、調べてみるね。」と言い、断言しないことも必要です。

時間的な余裕があるなら、意見する前に調べてみることも有効です。

もちろん、信憑性が高い情報源を見極める力と、情報理解力も同時に養うことが必要です。

いろいろな分野の本を読む

視野が広い人は、本をたくさん読んでいる傾向にあります。

実際に経験したこと、会ったことがある人を通じて知識を得ることも大切なのですが、時間的な理由から、情報量にも限りがあるからです。

本は、著者の経験や考えや分野知識を、数時間の間に知ることができる貴重な情報源です。

1人の人と知り合いになって考え方を知るには時間がかかりますが、本ならば最短ルートでたどり着けます。

何かの分野について知りたい場合でも、わざわざ学校に通ってゼロから覚えなくても、本を読んで概要を理解すれば十分というケースもあるでしょう。

ポイントは、いろいろな分野の本を読むことです。

一見仕事や転職とは関係のなさそうな、小説だって構わないのです。

小説の中には多種多様な職業の人、さまざまな考え方の人が登場します。

小説がきっかけで特定の仕事に興味を持つことだってありますし、自分とは異なる考え方をする人に出会うことだってできます。

多角的な視野をもつと転職に有利に働く

変化の激しい現代、企業でも視野が広く柔軟性がある人材を求めています。

さまざまなリスクを予想して対処法を考えることができたり、柔軟なアイデアによって他にはない企業メリットを生みだすことができるからです。

つまり、多角的な視野をもという心がけが、自身のキャリアにいい影響を与えるということ。

転職先の選択肢も広がり、これまでの自分では想像もしていなかったような天職に出会える可能性も広がります。

いつも決めつけるクセがあったり、よく考えずに発言してしまう人は、まずはそんな自分を見つめ直し、冷静に視野を広げてみるようにしましょう。

さらに視野を広げて活動したいなら

転職活動は孤独な戦いですから、どうしても自分の内側にこもり、視野が狭くなりがちです。

転職について意識的に視野を広げるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは転職支援のプロですから、自分が知らない転職事情やノウハウを提供してくれ、固定概念を崩してくれます。

キャリアカウンセリングを通じて、将来についてじっくりと相談してみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。