面接は誰にとっても不安でいっぱいになるものです。

不安を払拭するには、事前準備をしっかりやっておくことが大切。

準備をおこなうことで安心感につながり、自然と気持ちが落ち着いてきます。

「面接の準備と言ってもなにをすればいいのかわからない。」という方は、面接日前日までに用意しておきたいものを知り、しっかりと整理しておきましょう。

今回は、面接までに揃えておきたいモノやマナー知識について紹介します。

服装は第一印象を左右する

まずは面接当日に着る服の準備です。

面接時の服装はスーツか私服になりますが、それぞれどんな点に注意すればいいのでしょうか。

スーツ選びのポイント

面接スーツの選び方は、年代ごとに下記の点を意識しましょう。

  • 20代…高価なスーツより、動きやすさ、手入れが簡単などの機能性を重視
  • 30代…管理職候補のこの年代のスーツは、上質な生地感と細すぎない適度なフィット感が肝
  • 40代…無駄な貫禄や古臭さを感じさせないよう、昔買ったものではなく今売っているものを着用

どの世代にも共通しているのは、サイズがあっていること。

面接官は意外とサイズの感じをチェックしていて、スーツを着ていればいいというものではありません。

面接で受けた見た目の印象は、そのまま取引先や顧客からの印象になるからです。

袖やパンツの裾がだぼついていたり、肩幅があっていないものはNG。

反対にピタピタし過ぎて「遊びスーツ」風なもの、体型の変化によってきつくなった若い頃に買ったものなどは避けましょう。

シワや汚れは悪印象

スーツは高いものかどうかより、体型にあっていてきちんとした印象を与えられるかが大切です。

スーツ選びを間違えなければ、あとはお手入れの問題。

着用したらブラッシングしてハンガーにかける、必要に応じてスチームアイロンを使うなどして、普段のお手入れを怠らないようにしましょう。

細かい点まで気を配れる人の方が、高い評価を得られやすいですよ。

私服は何を基準にする?

アパレル、美容などでは私服面接がおこなわれるケースも多くあります。

私服選びのポイントは、応募先で扱う商品やブランドイメージにあった服装かどうかです。

応募先企業の商品を使わなくていけないわけではなく、自分が働くことになるかもしれない企業がもつ「世界観」を見極めているか。

販売スタッフにしろその他の職種にしろ、自社商品ブランドの雰囲気を理解できていない人が、商品の売り上げに貢献できることはないでしょう。

靴や鞄の注意点

服以外には、靴や鞄なども目につきやすいアイテムです。

革靴は磨いておく、女性はヒール部分が剥がれていないかも確認しましょう。

ヒールは後ろ姿などでチェックされやすいポイントです。

鞄は、書類が入るビジネスバッグを基本とし、面接時に床に置くことを想定して、きちんと「立つ」タイプの物を選びましょう。

くたっとしている鞄は普段ならお洒落ですが、面接ではだらしない印象を与えます。

髪をカットする、髪色を染める

面接日にあわせて用意したい身だしなみとしては、髪のカットやカラーリングなども重要です。

女性の場合は長ければ束ねる、ピンで留めるなどできますが、男性はカットが必要。

仕事に面接にと大忙しの中、美容院に行く時間などないと思うかもしれませんが、髪型が与える印象は大きいので行っておきましょう。

最近は1000円カットなど、スピーディなカットに特化した美容院も多くありますので利用するのも1つ。

髪色は、黒かダークブラウンが基本ですが、応募業界によっても異なります。

金融、教育など保守的な業界では茶髪は敬遠されますので、自身が応募する業界や企業の社風をチェックしておきましょう。

最終チェック!持ち物を確認しよう

持ち物チェックは、前日の夜までには済ましておきたいところ。

当日の朝にバタバタと準備すると、忘れ物や遅刻の原因になります。

最低限必要な持ち物としては、あらかじめ指定された物のほか、応募書類の控えや筆記用具、手帳、携帯電話、現金などがあります。

応募企業によっては、交通費清算のための印鑑や、受付に身分証明書が必要な場合があります。

事前に確認しておきましょう。

応募書類のコピーを見て内容を把握しておく

面接前日に必ずやっておきたいのは、すでに提出した応募書類のコピーを見て内容を把握しておくこと。

転職活動は複数の企業に同時応募することが多く、書いた内容を混同しがちだからです。

面接では、面接での受け答えと書類内容に整合性があるかどうかもチェックされます。

そこに矛盾点が生じると、意欲の低さを指摘されかねませんので、気をつけるようにしましょう。

面接当日のマナーを事前に確認しておく

面接当日のマナーは、ぶっつけ本番だと危険です。

社会人経験があるとはいえ、面接は「非日常」。

普段やっていないことは、よくわからなくなってしまうものなのです。

ここからは、面接前日までに確認しておきたいマナーについて紹介します。

訪問時間のマナー

訪問する時間のマナーとしては、面接開始前の5~10分前が好ましいとされています。

中途採用者の面接の場合、休憩室や空いている会議室などを使うことも多いため、控室が準備できない企業もあります。

気合いを入れて早く着き過ぎても迷惑という可能性もあるため、適度な時間を心がけましょう。

当然ながら遅刻はNGです。

席次のマナー

席次のマナーについては、上座と下座の基本を覚えておきましょう。

一般的には、部屋の出入り口から遠い席が上座、近い席を下座と呼びます。

上座と下座のどちらに座るかは、下記の点を意識しましょう。

  • 席の指定がなく「おかけになってお待ちください。」と言われた場合は下座に座る
  • 上座に座るよう指示があれば、素直に従い上座に座る
  • 着席の指示がなく「こちらでお待ちください。」と言われた場合は下座で「立って」待つ

尚、どのケースの場合も、自分が先に部屋に入り後から面接官が入室した場合は、そのタイミングで起立してしっかり挨拶します。

入退室のマナー

入室、退室時のマナーは、自宅で家族を相手にするなどして一通り練習しておくのがおすすめです。

一瞬一瞬が緊張の連続なので、何が正しいのかわからなくなってしまうからです。

入退室のマナーで主に気をつけたいのは下記のポイントになります。

  • ドアノックは3回
  • 入室退室いずれもドアを閉めるときに、後ろ手は使わず音をできるだけ立てないこと
  • お辞儀の角度は45度、その場で1秒間停止させると礼儀正しい印象
  • 挨拶の前後は面接官の目をしっかり向いて感じよく
  • 手荷物は足元に立てかけて置くこと

転職エージェントで面接対策をしておく

面接に不安がある方は、転職エージェントを利用すると面接対策を受けられます。

希望すれば模擬面接を実施してくれますから、緊張しやすい人や自信がない方は受けておくといいでしょう。

その場でプロの視点からのアドバイスがもらえるため、面接にとても役立ちます。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。