大手やIT、ベンチャーを中心に、週休三日制度の話題がよく聞かれるようになりました。

制度の名称だけを見ると、単純に「うらやましい!」「転職するならそんな企業がいい。」と考えるかもしれませんね。

ただ、よくよく考えてみると必ずしもメリットが多いとも言えず、デメリットも存在しています。

これから転職を考えている方は、求人広告の「週休三日選べます!」の文字に飛びつくのではなく、どんな可能性があるのかをしっかりイメージしておきましょう。

今回は、週休三日制度のメリット・デメリットを紹介します。

やっぱり魅力的?週休三日制のメリット

まずはメリットから。

週に一日休みが増えることで、労働者にとってはどんな可能性が広がるのでしょうか。

プライベートを充実させられる

休みの日に何をするのかは自由。

趣味に勉強にと自分の時間に費やすのもよし、家族サービスをおこなうのもいいでしょう。

育児や介護などと仕事を両立させている人にとっては、「今週も忙しくて色々やってあげられなかった…。」という気持ちが薄れ、ストレスが減る可能性もあります。

心身ともに楽

週のうち五日出勤するのは非常に体力を使いますよね。

祝日があってたまたま週三日休みになったとき、体が楽だと感じた経験があるのではないでしょうか。

会社員としてストレスフルな毎日を送っている人にとっては、仕事のことを考えなくていい日が一日増えることは、とてつもなく幸せなことかもしれません。

休みの日に副業できる

休みの日に副業をすることもできます。

他の会社でも雇われる副業となると、週の総労働時間がどれくらいか、割増賃金はどうすべきかといった問題が発生しますが、趣味の延長の副業なら別。

近年は、趣味が簡単にお金になったり、インターネットを使ってお小遣い稼ぎができたりと、副業が手軽にできる時代です。

楽しくお金が稼げる副業なら、休みの日にやっても苦にならないかもしれませんね。

通勤回数が減る

1時間電車の中で立って過ごす、満員電車でもみくちゃになる、痴漢冤罪のリスクに怯えるなど、通勤にかかる負担は相当なもの。

休みが増えることで、通勤回数が減ることになります。

たとえ、1日の労働時間が増えて総労働時間が変わらなかったとしても、このメリットだけは代えがたいものではないでしょうか。

効率を考えて仕事をするようになる

総労働時間が短縮されるタイプの週休三日制の場合、時間に対する意識が高まります。

「この時間内にこれだけの仕事をやらなくてはならない。」と危機感を持つため、効率を重視するように。

生産性がアップして仕事の能力が高まるだけでなく、会社にとってはコスパの高い人材育成につながります。

人が集まる

週休三日制を導入する企業側の目的として「優秀な人材を集めたい」「離職を食い止めたい」といったことがあります。

確かに週休三日制にはインパクトがあり、企業への興味関心につながりますから、人が集まるという効果が期待できます。

「働きたいけど育児との両立が難しい」と考えている優秀な女性などが離職するのを回避することもできるでしょう。

優秀な人材が増えることは、労働者にとってもメリット。

優秀な人材に囲まれることで仕事への意識を高く持つことができ、自身の成長につながります。

実は多い週休三日制のデメリット

ここからはデメリットについてです。

いいことづくめと思いがちな週休三日制ですが、実はデメリットを指摘する声もちらほら。

どんなことが考えられるのでしょうか。

働いていない分給与が減る

賃金には「ノーワークノーペイ」という考え方が根底にあります。

労働時間が減ればその分賃金水準も下がるのは当たり前。

そうでなければ、労働時間が多い人との公平性が保たれなくなりますよね。

週休三日制の大きな問題として、金銭的な事情があるのです。

短い時間で同じ結果を要求される

週休三日制導入企業が、「労働時間が減った分、仕事量も減らしてね。」と果たして言うでしょうか。

作業効率を上げることでカバーできるとばかりに、短い時間でこれまでと同じ結果を要求される可能性も大いにあります。

効率を考えて仕事をするのは大切なことですが、実際にどこまでできるかは個人差があります。

高いレベルの生産性を求められることが大きな負担になるかもしれません。

1日の労働時間が増えてハードになる

週休三日制の中には、休みを増やす分、1日の労働時間を増やすといったものもあります。

労働時間が多くなれば集中力を保つことが困難になりますし、その日の負担は必ず増えます。

「大変な1日」ができることで、休日明けの仕事に対してストレスを感じやすくもなるでしょう。

いわゆるブルーマンデー症候群に陥るリスクです。

人によっては、「毎日定時で5日間勤務する」スタイルの方が、高い生産性とストレスの少ない仕事につながる可能性があるでしょう。

コミュニケーションを取りにくくなる

週休三日でシフト制の場合、勤務日によっては職場の人とのコミュニケーションが取りにくくなる可能性もでてきます。

たとえば、AさんとBさんが週に二日の休みを交代で取る場合、下記のように、少なくとも週のうち三日は同日の出勤ができるため、相談や報告をする機会が3回確保できます。

<週休二日を交代で取得>

  • Aさんの出勤日 月 水 金土日
  • Bさんの出勤日  火 木金土日

ところが、週休三日企業においてAさんとBさんが交代で休みを取る場合など、下記のようなシフトも十分にあり得ます。

このパターンだと、週に1回しかAさんとBさんは顔をあわせて意思疎通ができないことに。

<週休三日を交代で取得>

  • Aさんの出勤日 月 水 金 日
  • Bさんの出勤日  火 木 土日

もちろん、休日が全員同じ曜日であれば週に4回顔をあわせることができます。

メールや共有の情報管理フォルダーなどを使えば、わざわざ顔を合わせて話す必要もないかもしれません。

ただ、どうしても会って話したい場合に、どちらかが休日なのに出勤することになったり、休みの相手に電話をする、メールを送るということがないとも限りません。

また、職場の人に限らず、顧客からすれば「今日もいないのか。」という話になりかねませんので、顧客への周知と理解も必要になるでしょう。

週休三日制導入企業への転職を検討するときは

まだまだ決して多くはありませんが、求人媒体などでも週休三日制を導入している企業を見かけるようになりました。

こうした企業に転職を検討するときは、週休二日と比べてどんな違いがあるのか、それが自分にとってどんなメリット、デメリットがあるのかを、よく考えておくことが大切です。

実態がどうかを知るためには、転職エージェント利用が吉。

企業内情に詳しく、独自の情報ルートがあるため、役立つ情報を提供してくれます。

見た目の魅力だけに惑わされないよう、慎重に見極めていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。