退職とは、定年退職を除けば、一般的にはいいイメージは持たれにくいものです。

しかし、転職面接ではこの退職理由について必ず聞かれます。

ただでさえイメージが良くない退職という事実を、どのようにポジティブな言い方に変え、前向きな印象を持たれるように伝えていけばいいのでしょうか。

そこで今回は、転職面接において退職理由をポジティブに伝える方法を紹介します。

なぜ退職理由を伝えなくてはならないの?

そもそも、企業が退職理由を聞く理由は何でしょうか。

その意図を知っておくと、何を伝えるべきで、何を伝えるべきではないかが分かります。

退職理由を聞く意図は下記の点が考えられます。

  • 採用してもすぐに辞めてしまわないか
  • 他責的な人物ではないか
  • 職場の人とうまくやっていけるだろうか
  • ストレス耐性や企業への適性があるか

いずれも、企業にとっての不安要素ですから、それを排除するという意識で退職理由を考えていきましょう。

もっと簡単に言うと、「面接官を安心させるつもり」で考えてみるといいですね。

姿勢、表情、声のトーンにも気をつける

まったく同じ内容のことを話しているのでも、姿勢や表情、声のトーンなどによって相手に与える印象は大きく異なります。

下を向き暗い表情で、どんよりしながら話すのと、前を向いてにこやかに、明るい声で話すのとでは全然違いますよね。

面接官が退職理由を聞くときは、この「印象」に大きく左右されます。

暗い印象を与えれば、「一緒に働いても愚痴が多そう」というイメージになり、明るい印象で終われば「大変なことがあっても、一緒に楽しく働けそう」というイメージにつながります。

話し方一つで大きく変わる印象ですから、面接のときはぜひ意識してみましょう。

志望動機とつなげて前向きな理由で締める

退職理由は、志望動機につながるものでなくてはなりません。

志望動機は、転職先で何をやりたいのかといった前向きなもの。

そこにつながるよう意識すると、自然と退職理由が前向きなものとなっていきます。

退職理由がどうしても上手くまとまらない人は、まずは志望動機を設定しましょう。

志望動機を整理してから退職理由を考えるようにすると、「応募先では〇〇ができる、だから辞めるのだ。」と連動性ができます。

「本当はこうしたかった」を見つけること

「ポジティブな退職理由を伝えるべき」とはよく言われることですが、実際問題として、前職への不満が何もない状態で辞めた人は多くないでしょう。

人間関係、給与や仕事内容への不満など、何かしらの原因があるはずです。

この場合は、不満の中にあった「本当はこうしたかった」を見つけることが大切です。

職場に嫌な人がいたとしても、その人がいることで邪魔をされ、自分のやりたい仕事ができなかったのなら、その「やりたい仕事」こそが前向きな退職理由です。

「本当はこうしたかった」という自分の素直な声に耳を傾けてみると、不満をきっかけに辞めたとしても、ポジティブな退職理由が見えてくるでしょう。

前職の批判や不満は言わないこと

ポジティブな退職理由を述べるには、ネガティブな要素を排除することが大切です。

まずは、前職批判や不満につながること。

「前職では〇〇させられた」「評価制度がない会社だった」など、思っていても言わないようにしましょう。

「パワハラ」「ブラック」などの言葉は、それだけで前職批判と捉えられる地雷ワードです。

前職で起きたことが真実だったとしても、それは応募先には関係のないことですし、不平不満が多い人だと思われる可能性が高いです。

何より、批判や不満の言葉がもつ負のイメージはすさまじいものがあります。

悪印象を与えることになりますから、気をつけましょう。

「どこに行っても起こり得ること」はNG

人間関係やその職種の人が必ず経験するようなことは、「当社でもあり得る話」だと思われます。

どこに行っても起こり得る理由で辞めた人は、同じ理由で辞める可能性が高い人です。

退職理由を精査する際、それは応募先では発生しない理由かどうかを確認しましょう。

「残業が多い」は応募先企業の内情を確認すること

残業が多いかどうかは、職場の感覚ごとに大きく異なります。

ある職場では毎日2時間ある残業で「多い」と感じる人が多数派でも、別の職場では「残業を2時間に抑えられればラッキーだよね。」と、本気で言い合う人たちが集まることもあります。

どのくらいの残業時間が、応募先にとっての「残業が多い」かはわかりませんので、まずは応募先の残業時間を調べておきましょう。

転職口コミサイトを利用するほか、転職エージェントを経由した応募であれば、事前に確認することが可能です。

残業時間を調べたうえで、残業の多さを直接的な退職理由には挙げないのが賢明です。

どうしても、仕事への意欲の低さや、いざというときに残業対応が難しいのはないかといった点が懸念されます。

給与や条件面を主な理由にするのは避ける

給与や福利厚生などの条件面は、誰にとっても気になる要素。

それを理由に辞めた人もいるでしょう。

もちろん、給与を目的として働くこと自体は悪いことではありません。

家族を養うため、給与だけは絶対に譲れないということがあるでしょう。

しかし、給与や福利厚生は、企業にとっては、はあくまでも貢献した人に与えられる対価であり、知りたいのは「何ができる人か」という点。

条件面を理由に辞めたということで、仕事自体への意欲が疑われる可能性があります。

ポジティブな退職理由は転職エージェントに相談しよう

退職理由をいかにポジティブに伝えるかは、多くの応募者によってつまづきやすいポイントです。

もともとあるマイナス要素を、上手にポジティブ変換させることが難しいからです。

こうした転職活動中につまづきがちなポイントは、一人で悶々と考えていても前に進みません。

転職支援のプロである転職エージェントに相談し、適切なアドバイスをもらうようにしましょう。

退職理由はほとんどの企業で聞かれる鉄板の質問で、避けて通ることはできないもの。

ならば、いかに良い印象を与えられる理由を考える方が建設的です。

転職エージェントの利用は無料なので、上手に活用していきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。