女性が働く上での永遠のテーマとも言えるのが「ワークライフバランス」です。

仕事とプライベート、どちらも諦めたくない現代女性は、あの手この手でバランスを保とうと努力していますよね。

効率を上げる、便利ツールを利用するなど、個人でできる努力もたくさんあるのですが、勤務先を変えてみるというシンプルな選択に目を向けてみるのも大切です。

中でもおすすめは外資系企業。

ワークライフバランスが取りやすいとあって女性から人気を集めているのです。

外資系に転職するには条件もありますが目指してみるのも手。

そこで今回は、女性がワークライフバランスを叶えるために外資系をおすすめする理由と、外資系企業のデメリット、転職方法などに触れていきます。

外資系と日系との根本的な違い

外資系と日系との大きな違いは国柄が反映された社風です。

日系企業でも、女性が仕事と家庭を両立しやすい環境づくりが進んではいるものの、実態は未整備企業も多いです。

世間体を気にして女性活躍をうたっているだけであったり、制度があるだけで実際は利用されていないなど、完全に「見せかけ」ですよね。

これは、日本が昔から持つ「男は働き女は家庭を守る」という価値観が、深く根づいているからかもしれません。

政府がいくら女性活躍推進を狙っても、日本人がもつ価値観を根本から変えるのは難しいのでしょう。

仕事と家庭との両立について上司の理解がある

日系企業において、仕事と家庭との両立をしたい女性の多くが壁にぶつかるのが「職場の上司の理解がない」点です。

日系企業の管理職は男性が圧倒的に多いですし、「残業する人=頑張っている人」という考え方をする人はまだまだ主流。

家事育児のために残業できない女性には責任ある仕事を任せないなど、性別や労働時間で区別することがあるのです。

外資系の場合、仕事を性別で区別することがなく、家庭を大事にするのが当たり前なので、上司の理解が得やすいのが特徴です。

実際、日系企業から外資系に転職した女性の多くは、転職した良かったこととして「上司の理解」を挙げています。

有給休暇が取りやすい

日本の有休取得率は世界的に低いと言われて久しいですよね。

周りを気にして休暇申請ができない、休めば意欲が低いように思われるなど、日本人ならではの理由があります。

特に家庭をもつ女性にとっては、まるで悪いことをしているかのように謝りながら有休取得をするしかなく、精神的なストレスも感じやすいでしょう。

外資系の場合、定期的に長期休暇を取るという考えが国全体にあります。

社風にも反映され、社員たちは長期休暇を使って堂々とリフレッシュするため、女性も周りに気兼ねなく休暇を取ることができるのです。

残業しなくても結果を残せばいい風土

外資系は成果主義なので、労働時間は評価の対象になりません。

短い労働時間でもしっかり結果を残せばきちんと評価されます。

日系企業では、まだまだ労働時間が多いことが評価の要因になりやすいため、時短勤務を余儀なくされる女性たちはキャリアアップが叶いにくいのです。

女性管理職が普通にいる

日本でも女性の管理職登用が進んでいると言われています。

しかし、実際には超低空飛行が続いており、上場企業における女性役員の割合は2016年で3.4%。

ヨーロッパ諸国では軒並み20%台、アメリカでもそれに近い水準ですから、日本がいかに遅れているかがわかりますよね。

外資系企業では、女性管理職は珍しくありません。

性別で仕事を区別する考え方がないため、優秀な女性が出世しやすい環境が整っているからです。

女性にとって、目指すべきキャリアモデルがいるのは大きな利点。

キャリアの方向性を考えるときの参考になるでしょう。

参照:内閣府男女共同参画局
http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/yakuin.html

ヨーロッパ系は日本人にも馴染みやすい

外資系の中でも一般的にイメージされるのはアメリカに本社がある「アメリカ系」と呼ばれる外資系かもしれませんね。

全体としては「アメリカ系」より「ヨーロッパ系」外資の方が数も多く、日本人が働きやすい環境が整っていると言われています。

ドイツ、フランス、スペインなど、日本人にとっても馴染みが深い国に本社があり、女性に人気のアパレルブランドや、センスのいいお洒落なオフィスも多いため、女性には特におすすめです。

完全成果主義を貫く「アメリカ系」は、結果を残すためのハードワークも必要になるため、「ワークライフバランス」の観点からはやや劣る可能性があります。

ヨーロッパ系の場合は、短い時間で効率よく仕事を進める習慣があるため、仕事もプライベートも充実させたい日本人女性に適しています。

女性が外資系に転職するにはデメリットもある

ワークライフバランスを実現させたい女性にはメリットがある外資系ですが、どんな人にとっても働きやすいわけではありません。

女性が外資系に転職する前に知っておきたいデメリットを紹介します。

成果主義のため結果を残せないと淘汰されていく

アメリカ系もヨーロッパ系も、成果主義である点はさほど変わりません。

労働時間が短くても許容される分、結果を残す必要はあり、厳しさもあります。

自分の工夫次第で出世も目指せる一方、覚悟も向上心もない場合は外資系には向いていないと言えるでしょう。

日本での展開が本国次第で急に変わる

外資系企業に安定を求めるのは、日系企業以上にリスクがあります。

本国の情勢や経営者の交代などで、あっというまに日本事業撤退ということも起こり得るのが外資系。

変化を許容する柔軟性も必要です。

語学力が必要

デメリットというより必要なスキルになりますが、外資系はアメリカ、ヨーロッパ系問わず語学力が必要になります。

ヨーロッパ系でも社内公用語は英語が基本なので、ビジネス英語が話せないと難しいでしょう。

女性が外資系に転職するならエージェントを利用しよう

ワークライフバランスを実現させたい女性が外資系への転職を考えるなら、転職エージェントの利用を検討しましょう。

英文レジュメや面接対策など、外資系への転職活動は独自の知識が必要になるからです。

外資系企業を扱うエージェントなら、コンサルタントがしっかりサポートしてくれるため安心。

企業情報なども持っているため、転職前の情報収集でもメリットがあるでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。