リフォーム業界は、最近ではテレビ番組でも取り上げられることもあり、人気の業界です。

しかし、実際の仕事は大変で辞めたいと思っている人も多いです。

リフォーム業界全体の今後はどうなのか、仕事を続けても大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、リフォーム業界の将来性と、仕事のデメリットについてご紹介していきます。

リフォーム業界は将来的な需要は見込める

リフォーム業界は近年徐々に売り上げを伸ばしており、今後20年ぐらいの需要が見込めると言われています。

決して楽観視はできないですが、希望を持つことも可能です。

では、将来的な需要が見込める理由としては、どのように考えられているのでしょうか?

中古住宅を購入してリフォームする人が増えてきた

日本は家を買うには新築という文化が根強くあり、依然として中古よりも新築の人気が高いです。

しかし、近年は中古住宅を安く購入して、自分の好きなようにリフォームするという若い人も増えてきました。

中古住宅市場も上り調子にあります。

日本全体として好景気というわけではないため、今後も中古住宅市場の需要は増えていく可能性があります。

リフォーム業界としても、まだまだ伸びしろがあると言えそうです。

ネットリフォームの発達が目覚ましい

近年はインターネットを利用して、リフォームを依頼するという方法が人気を集めてきています。

別業界で見ると、従来は対面販売が多かった保険などもネット販売などが進んでいます。

リフォーム業界としても、今後はインターネットを使った営業やコンサルティングなどが、益々活発になっていくことが予想されます。

高齢化社会に向けて需要増が見込める

日本は深刻な高齢化社会ですが、住宅のバリアフリー化はまだまだ浸透していないようです。

健康寿命も伸び、自分の家で人生の最期を過ごしたいという人も多いですから、今後住宅のバリアフリー工事など、リフォーム業界としても活性化していく期待ができます。

また、持ち家に夢見て購入した世代が高齢化を迎え、住宅の老朽化も進んでいますから、新築以上に市場は広がっていくことでしょう。

耐震性がない住宅が依然として多いこと

地震大国日本ですが、耐震性がない住宅は住宅全体の半数近くにものぼる、というデータもあります。

近年も大きな地震が相次いでいることを考えると、耐震工事を行う住宅が増えていくことが予想されます。

日本経済は先行き不透明だから楽観視はできない

ここまでご紹介したように、リフォーム業界は新築住宅などに比べても、比較的将来的に需要が増えていく可能性があります。

しかし、日本経済は先行き不透明で、年金制度も崩壊しているため、そもそもリフォームにすらお金をかけられない家庭が多くあります。

楽観視はできないということは、間違いないでしょう。

リフォーム業界で働くことのデメリットとは?

では、リフォーム業界で働くことのデメリットについては、どのように考えるべきでしょうか?

実際にリフォーム業界で働く人たちの声を元にご紹介していきます。

クレームが多い

住宅業界はクレームが多いことでも知られています。

特にリフォームは、大手ではなく中小の様々な業者に工事を依頼することが多く、ずさんな工事などでクレームにつながりやすい傾向があります。

自身が営業担当の場合には、休みの日であっても担当したクライアントからのクレームを受けて、呼び出しがかかることがあります。

未払いなどの督促が大変

新築などに比べて費用が安いリフォーム工事ですが、住宅という商品の性質上、他の業界に比べれば高いため費用の未払いなどが発生しがちです。

当初の予定にはなかった修繕が必要な箇所が見つかったり、見積もりよりも費用が多くかかってしまうこともあります。

また、工事を進めていく中でやはり費用を払うのが惜しくなった、最初から費用を払う気がないなどの悪質なケースもあります。

また、前述したようにクレームが多いことも、費用未払いにつながりやすい要因ともなります。

いずれの場合も督促は大変で、回収できないと上司からきつく言われることも多いです。

休みが少ない

リフォームの営業担当などになると、基本的に土日休みのクライアントが多いため、土日に打ち合わせなどを行うことになります。

当然土日休みがほとんどありませんし、クレーム対応で休日出勤などもありますから必然的に休み自体が少なくなります。

家族や友人、恋人などと一緒の時間を過ごし、プライベートを充実させるのが難しくなります。

新築と違って料金が低いため給料も安い

リフォームをする前にはクライアントと綿密な打ち合わせを行い、何度も自宅を訪問するなどの手間がかかります。

新築住宅の営業と同じぐらい手間暇かかかる大変な仕事ですが、リフォームの場合は新築より費用が安いため給料に反映されにくいです。

中小企業も多いリフォーム業界ですから、ボーナスや待遇に関しても期待ができない場合も多いです。

将来性は期待もできるが仕事は大変。きついなら転職も必要

リフォーム業界自体は、将来性としてはある程度の期待はでます。

しかし、受注金額が低く、新築営業と同じような手間暇をかけても給料に反映されないという大きなデメリットがあります。

同程度の大変さがあるなら、給料が高い新築を扱う住宅メーカーなどに転職するという選択肢もあります。

ただ、住宅業界自体がブラック企業も多く、大変な仕事ですから全く別の業界への転職を考えてみることも必要かもしれません。

転職は転職エージェントを利用しよう

転職を考えているのであれば、転職エージェントを利用するのはおすすめです。

ハローワークや求人誌などに比べて圧倒的な求人数があるため、希望の条件に合った求人が見つかりやすいです。

また、転職支援のプロから、応募書類の添削や面接時のアドバイスなどを受けることもできます。

一人での転職活動に比べて様々なノウハウを取り入れることができ、転職の成功につながりやすいですからぜひ活用してみてください。

リフォーム業界を抜け出そう

今回は、リフォーム業界の将来性と仕事のデメリットについてご紹介しました。

将来的に期待できる面も大きいですが、仕事自体はデメリットが多く大変です。

よく理解した上で、リフォーム業界への転職、リフォーム業界からの転職を検討してみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。