30代で無職、しかも独身の女性はこれからの人生どうやっていきていけばいいのか?そう悩む人も多いでしょう。

でも大丈夫です!30代無職で独身の女性でも、まだまだ諦めるのは早いです。

就職に結婚、年齢の事など沢山の悩みがあることでしょう。しかしその中で最も優先すべき悩みは就職です。

仕事を探すことに全力を注ぎましょう。そうすることで自ずと他の悩みも解決していくはずです。

その理由と無職からの脱出方法について詳しくご紹介していきます。

まずは無職から抜け出し、人生の再出発を目指しましょう。

年齢や結婚のことをあれこれ考えても仕方がない

無職の女性の場合、なぜか一緒に付いてくる悩みとして「独身」があります。

結婚したいけど結婚できない、過去の恋人との別れを後悔したり、悩んだりするものです。

確かに結婚は人生の転機となる一大イベントです。30代であれば周囲も結婚していて焦る気持ちが生まれる時期でもあるのでしょう。

また、女性の場合は結婚して夫の扶養に入るという生き方も選択肢としあるため、つい仕事と結婚を一緒に考えてしまいます。

しかし、結婚と就職は全く別の問題として切り離して考える必要があります。

30代で無職で独身で…と、すべてを一緒に合わせてしまうと答えの出しようがない曖昧なものになってしまいます。

年齢や結婚のことは、あれこれ考えても仕方がありません。

相手がいなければ始まりませんし、今悩んでも仕方がありません。

就職して生活に余裕ができてから婚活する、という具体的な行動に移す方がよほど健全です。

年齢についても変えることができない事実のため、就職を成功させるためのその年代に合う適切な対策を考えることはしても、悩む必要はないのです。

30代無職独身女性がまず考えるべきは、「無職」から脱することです。

30代も独身も女性も関係なく、自分のスキルや能力がどんな仕事に活かすことができるのか、それを考えて就職活動を行うという、シンプルな行動こそ今やるべきことなのです。

独身者は採用されにくいを考えるのも時間の無駄

企業によっては、30代で独身女性を採用しないというところもあります。

もちろん対外的にはそのようなことを言うはずはありませんが、暗黙のルールとして設けている場合もあるのでしょう。

今後結婚、出産を経て休職に入ってしまう可能性が否めないから、というのがその理由のようです。

しかし実際にそのような企業があったとしても、そのことについて考えて一体何の意味があるのでしょうか?

独身者が採用されにくいからと、そのために結婚するわけにはいきませんし、すべての企業がそのような考え方ではありません。

現に30代独身でブランクがあっても、転職を成功させた女性は山ほどいます。

30代独身無職を敬遠する企業の方が、今は少ないぐらいです。

30代で独身、無職の女性は独身者は採用されにくいと悩むことが多いですが、そのことを考えるのは時間の無駄です。

そんな企業もあるし、そうでもない企業もある、ただそれだけなのですから。

それよりも自己分析に時間を割き、自身の強みや今後の方向性について明確にしていく、可能な限りスキルを磨くということに時間を割くべきです。

一人暮らしをしている人はできる限り継続しよう

貯金の残りなどによっては、生活が困難になれば実家に帰るという選択肢もあります。

しかし、可能な限りは一人暮らしは継続した方が結果的には良いです。

なぜなら実家に帰ると生活が成り立ってしまうため、就職活動に身が入りません。

どんどんぬるま湯に慣れていき、家の中に引きこもってしまう可能性もあります。

そうなると就職も結婚も、何一つ前に進むことができなくなってしまいます。

本当にきついときの最後の砦として、実家があるのは精神的な支えですが、今すぐに逃げてしまってはいけません。

生きていくためには仕事をしなくては、という強い意志を持つために、ある程度逃げ道がない状況を保っておくことも必要なのです。

今の時点での仕事のビジョンを明確に

結婚や出産のことを抜きにして考えた場合、どんな仕事をしたいのか、仕事に対してのビジョンを明確にしましょう。

なぜなら結婚や出産は確実にくる未来のことではなく、「かもしれない」曖昧なものです。

それを一緒に考えることで、仕事のビジョンが見えなくなってしまいます。

「かもしれない」曖昧なことは、そのときが来たら考えれば良いのであって、今考えるべきことではありません。

具体的には、これまでの仕事で得た知識や経験を活かすことができる仕事はどんな仕事なのか、仕事の中でどんなことにやりがいや喜びを感じていたのか、紙に書き出していきましょう。

視覚化することで自分の頭の中が整理され、就職先についての方向性が定まってきます。

仕事を始めることで出会いも増え結婚につながることも

無職になると、どうしても家にこもりがちになってしまいます。

しかし、仕事場では沢山の人と出会うことになります。

職場はもちろん、取引先やお客、通勤時など様々なところで出会いがあります。

仕事を始めることで、結婚につながる可能性が出てくるのです。

転職フェアなどに足を運ぼう

年齢や結婚のことなどに悩む時間があるのであれば、転職フェアなどの転職イベントに足を運んでみましょう。

転職イベントは様々な業界や業種に特化したものもありますし、企業の生の声が聞けるというメリットがあります。

企業の想いや熱意を感じとることができて、仕事をするということに対しての興味が沸いてくるでしょう。

また、そこに訪れる人たちは、真剣に仕事を探している人たちばかりです。

その雰囲気に触れることで、年齢や結婚のことでウジウジ悩むよりも、転職に向けて真剣に動き出そうとやる気をもらうことができます。

転職活動は一人でせず、転職支援のプロの力を借りよう

現在無職の人の場合は、時間的余裕があってないようなものです。

転職活動に専念することはできますが、貯金を切り崩していくためどんどん生活できる猶予期間が短くなっていきます。

できるだけ早く転職先を決めるには、転職支援のプロである転職エージェントの力を借りましょう。

ハローワークで毎日求人を眺めているよりも、具体的な行動に移すことができて効率的です。

転職エージェントに登録すると、キャリアカウンセリングを受けることができ、自分では思ってもいないような可能性やアドバイスを受けることができます。

また、実際に応募する段階においても、面接の日程調整や給与交渉などを代わりに行ってくれたりとサポートが充実しています。

転職エージェントは無料で利用できますので、無職で収入がなくても安心して利用することができます。

[ 関連記事 ]

まずは無職を脱出して新しい未来へ踏み出そう

30代で無職の独身女性。

同じような悩みを抱えている人は大勢います。自分だけだとふさぎ込む必要はありません。

自分の意志一つで変えることができるのは仕事だけです。

まずは自分にできることに注力し、職を手にいれるということに向けて動きだすようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。