医療機関などで行われる治験をサポートする、治験コーディネーター。医療系の仕事の中でも、比較的働きやすく長く続けている人が多い仕事です。

転職先の仕事として治験コーディネーターを考えているという人も少なくありません。

そこで今回は、治験コーディネーターの仕事の悩みやメリットなどをまとめてご紹介していきます。

治験コーディネーターってこんな仕事

治験は医薬品や医薬機器などの安全性や有効性を確認する臨床試験のことで、治験コーディネーターは被験者を集めたり、治験の準備、被験者のデータ収集などを行い治験を総合的にサポートしていくのが仕事です。

働く場所は病院や治験施設などが主になりますが、医療行為はありません。

あくまでも医師の指示の元被験者のデータ収集や調整を行っていくことになります。

看護師や薬剤師などの専門資格を持った人がなるケースもありますが、実際には資格不要の仕事でせっかくの専門資格をそのまま活かせるというわけではありませんので、専門職に戻っていくという人も多いです。

事務職として採用されて治験コーディネーターになる人もいます。

治験コーディネーターの仕事のメリットは

治験コーディネーターの仕事にはどんなメリットややりがいがあるのでしょうか?

医療技術系でありながら事務職?

治験コーディネーターの人に話を聞いてみたとき、「医療技術系なのか事務系なのか曖昧な部分がある」ということを言っていました。

事務に比べて専門知識が必要な仕事であることには間違いないのですが、実際に治験コーディネーターという仕事は資格が必要というわけではなく、事務畑出身でも就くことができる仕事です。

これは、仕事の領域が曖昧という点ではデメリットかもしれませんが、労働環境という点ではメリットになります。

例えば休みや勤務時間はほぼ事務職と同じで、土日休みで日勤帯勤務ということが多いです。

一部当番制など変則的な部分もあるのですが、事務職と同レベルの規則的な働き方をすることができます。

また、仕事の体力的な負担についても同じことが言えます。

通常看護師などの専門職や医療技術系の仕事は立ち仕事がメインになりますが、治験コーディネーターは事務仕事が多いため座りながらの仕事も多いです。

そのため体力的に負担が少なく事務系と同じように長く続けやすい仕事と言えるのです。

このように、医療従事者として社会貢献に携わることができながらも、土日休みや事務仕事メインなどの働きやすい環境を手に入れることができるのは治験コーディネーターの魅力です。

看護師や薬剤師出身で夜勤やハードワークに疲れ果てたという人や、専門資格はないけれど医療機関で社会貢献したいという人に向いています。

社会貢献性が高くやりがいがある仕事

新しい医薬品や機器が開発されたときに、すぐに現場で使えるわけではなく治験を通して安全性や有効性を確認していくことになります。

治験は絶対に必要ですし、治験コーディネーターの果たす役割はとても重要です。

自分たちが関わった治験で有効性が確認され、実際に医療現場で使われるようになったときなど達成感もありますしやりがいにつながります。

治験コーディネーターは医療行為はできませんが、間接的に医療分野に貢献できる素晴らしい仕事なのです。

昇給も順調にあることが多いから給与の安定性は高い

治験コーディネーターの働く場所が総合病院や治験施設など、それなりに規模が大きい医療機関が中心になりますから給与や福利厚生などに恵まれています。

基本給そのものは専門職と比べると決して高くはありませんから、病院事務などに少し色がついた程度だと思っておきましょう。

その代わり、昇給はしっかりあることが多いですし、賞与や退職金もありますから収入面での安定は感じられるはずです。

ただし、看護師や薬剤師などから治験コーディネーターに転職する場合は、年収は下がるということは念頭に入れておきましょう。

代わりに夜勤がなく勤務形態も安定しますから、何を取るのかということになります。

治験コーディネーターの大変さやデメリットは?

治験コーディネーターの仕事は大変な面もあり、転職市場ではデメリットもあります。

精神的なストレスが溜まりやすいという一面も

治験コーディネーターは医療機関などに所属し、医師の指示の元治験のサポートを行うことが仕事です。

そのため周囲の専門職と一緒に仕事をしたり、調整の際には依頼ごともあったりして気を遣うことも多くなります。

特に医師はくせが強い人も多いですし、人によって仕事の進め方も違うためかなり神経を遣わなくてはなりません。

精神的にストレスが溜まる要因になります。また、被験者を集めたり、被験者の相談に乗ったりすることもあるため、その人たちとのやり取りの中で気を遣うこともあります。

治験のバイト代を稼ぐためだけに来ている人も多いですから、検査前に指示したことをしてくれなかったり、適当な心構えで参加する人もいてストレスが溜まります。

未経験からでも就けるけど門戸は狭いと心得て

治験コーディネーターの仕事は資格がいりませんから、未経験であっても就くことは可能です。

しかし実際には前述したように薬剤師や看護師などからなる人もいますし、転職希望者の多くが医療機関での勤務経験はありますからライバルは手強いことが考えられます。

さらに、治験コーディネーターの人数もさほど多くの枠があるわけではありませんし、続けやすい仕事のため空きがでにくく、簡単に転職できるというわけにはいきません。

治験コーディネーターへの転職を目指すなら、長期戦になるのは覚悟の上で、求人がでたらすぐに動き出せるように準備を整えておくことが必要です。

そうなると、ハローワークなどで随時求人のチェックをしていく方法ではタイミングを逃してしまうことが考えられます。

それを避けるためには、転職エージェントを利用し、適切な求人がでたらすぐに紹介してもらえるようにしておきましょう。

転職エージェントは転職支援のプロですから、求人紹介のほか様々な転職ノウハウを提供してくれるなど、転職を成功に導いてくれます。

無料で利用できますから使わない手はないです。

最後に

いかがでしたか?今回は、治験をサポートする治験コーディネーターの仕事の悩みやメリットなどをご紹介しました。

働きやすくおすすめですが、転職の門戸が狭いというデメリットもあります。

転職エージェントを利用するなどの適切な転職活動で、治験コーディネーターへの道を切り開いていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。