転職活動で応募書類を書くときも面接でも、必ず聞かれるのが志望動機です。

志望動機が明確でなければ熱意も伝わりにくく、相手にとっては「どこでもいいのかな?」と思われてしまうことにもなります。

とはいえ、正直なところ現時点で志望動機が明確ではなく、とにかく給与が高いところで働きたいだけだから…などと条件面を優先的に考えている人も多いことでしょう。

もちろん内心の志望動機はそこにあったとしても、そのまま「給与が高いから」と伝えても受かる可能性は低いです。

そこで応募前にやっておきたいのが志望動機の掘り下げです。

では、具体的にどのような切り口で考えていけば良いのでしょうか?

今回は、面接官に納得してもらえる志望動機をどう考えていくべきかをご紹介していきます。

領域ごとに分けて考えてみると整理しやすい

志望動機は大きい領域と小さい領域に分けて考えていくとわかりやすいです。

具体的には、最も大きい領域は業界になり、なぜその業界を選んだのかを掘り下げていきます。

次に、その業界でもなぜその会社を選んだのか、さらにその会社でもなぜその職種を選んだのかという風に、領域が小さくなるにつれてより志望動機の具体性が上がっていくことになります。

これをしておくと、面接でどの領域についての動機について聞かれても答えることができますし、志望動機全体としても説得力が生まれます。

また、自分がどんなところに転職したいのかを考えるときにもこの流れで考えていくと転職したい先が見えてきます。

例えば、需要があるペット業界に行きたい、その中でも業績の良いA社に行きたい、職種は販売よりも経験を活かした事務系が良い、などが基本的な流れになります。

いずれかの領域だけで決めるケースもある

もっとも、これはあくまでも王道の流れであり、3つの領域すべてにあてはまる人ばかりではありません。

職種を問わずとにかくその企業で働きたいという人もいるでしょう。

そういう場合は逆に志望動機は本人も明確です。

職種関係なくその企業で働きたいと思うぐらい、その企業に魅力を感じているということですから、いくらでも熱意をアピールすることができます。

また、業界や企業を問わずとにかく職種にこだわりが強い人もいるでしょう。

例えば事務や営業などはどの業界や企業でも職種として存在します。

この場合は、主にスキルや経験をアピールしていくことになりますが、なぜその企業や業界を選んだは大抵聞かれますから、反対に領域を広げて志望動機を考えていく必要があります。

領域ごとの志望動機を伝えるときのコツ

志望動機は、業界、会社、職種の領域ごとに考え方や伝え方のコツがあります。

どんなことに気を付けて志望動機を考えていけば良いのでしょうか?

業界はしっかりとリサーチしてボロがでないように

業界の志望動機は、将来性についてや業界の流れなどを中心に挙げていくことになりますから、リサーチが必要です。

業界内で最近起きている流れや、勢いのある分野など、ある程度掘り下げて知っておきましょう。

応募前であれば、調べていくうちに「この業界はないかな。」とか逆に「益々興味を持てた」ということもでてきます。

業界に詳しい人であれば比較的容易な業界の志望動機ですが、未知の業界に転職する場合にはしっかりとリサーチしておかないと「将来性が高い」と言っても「この業界今けっこう厳しい面もあるんだよね…。」と言われてしまいます。

そう言われたときに、「その点に関しては○○の分野が成長性がありますから業界をけん引してくれる可能性が高いと感じています。」という風に、自分なりの業界への展望を述べると良いでしょう。

会社の志望動機が一番重要

もっとも大切なのが「なぜこの会社を選んだのか」という会社への志望動機です。

業界の志望動機は明確でも、会社への志望動機が曖昧であれば「じゃあうちでなくてもいいんだね。」ということになってしまいます。

その業界の中でも、その会社が特に力を入れていることや、強みとしていることを研究し、その会社にしかない魅力を志望動機として伝えるようにしましょう。

伝え方のポイントとしては、まずは会社への志望動機を結論として先に伝えること、そしてその根拠となる会社の特性を伝えていくことになります。

例えば「御社を選んだのは介護業界の中でも先進的な取り組みに積極的で成長性が高いからです。」と伝えた上で、具体的な取り組みの内容や成果を挙げていくなどの方法です。

職種は適性や能力を踏まえて説明

職種の志望動機は具体的な適性や能力をアピールしながら答えるようにしましょう。

その職種を選んだきっかけや、自分の性格や得意なことを照らし合わせてこの職種が向いていると感じたということです。

例えば、「年の離れた弟がいて勉強を教えているうちに教えることが多かった」のをきっかけとして「自分の知識を人に説明するのが楽しく、友人たちからよく質問を受けて感謝される」ことがあるから塾講師を選んだ、のようにです。

志望動機は重要だからプロの力を借りて添削してもらおう

業界、会社、職種、それぞれについて志望動機を掘り下げて考えていったら、いきなり応募や面接に臨むのではなく第三者に添削してもらうようにしましょう。

「もっと具体性が欲しい」や「志望動機としては弱い」など客観的な意見がもらえます。自分一人では気づかなかったポイントが見えるのが他人の目が入ることの強みです。

特におすすめなのは転職エージェントに見てもらうことで、転職支援のプロですから適切なアドバイスをもらうことができます。

また、これまで多くの転職成功者をだしてきた経験から、同じ業界や職種での成功した志望例などを紹介してくれることもあります。

もちろん、そのまま丸のみにするのではなく、参考にしながらも自分なりの言葉に落とし込んでいくのは有効です。

転職エージェントのサービスは転職活動に役立つ有益なノウハウがつまっていますが、最初から最後まで無料で利用できますので、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、面接官に納得してもらえるような志望動機を、どうやって考えていくかについてご紹介しました。

志望動機を考えると言っても、その切り口さえつかめずに立ち止まってしまう人は多いです。

切り口をつかめればあとは自分なりの志望動機が見えてくるはずですから、そこから応募書類も書きやすくなっていくことでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。