圧迫面接は新卒の面接でよく見られますが、転職組にも決してないわけではありません。

「圧迫面接を受けてあまりいい思いをしなかった」という経験がある人も多いのではないでしょうか?

圧迫面接にうまく対処するには、まずはなぜ圧迫面接があるのか、その存在理由や面接官の意図を知っておく必要があります。

それが分からない限り、適切な対処法を考えていくことはできないからです。

今回は、圧迫面接の存在理由を注意点と併せてご紹介していきます。

圧迫面接って何の意味があるの?

圧迫面接をされると、「なんでそんな言い方されないといけないの?」と、腹が立ったり「絶対落ちた…。」と落ち込んでしまうことがあります。

なぜ人を傷つけてまで圧迫面接をする必要があるのか不思議に思ったことはないでしょうか?

圧迫面接は簡単に言うと、腹の立つようなことや厳しい指摘を受けたときの応募者の反応を見ているのです。

転職組であれば十分にわかっていると思いますが、仕事は楽しいことばかりではなく、嫌な客からのクレームを受けたり理不尽なことにも耐えていかなくてはならないことが本当に多いです。

嫌なことがあるたびに、カッとなったり精神的に落ち込んでしまうようでは仕事を続けられるのかもわかりません。

クレームに対しても適切な切り返しができたり、どんなときも臨機応変に対応できる人が求められているのです。

見ず知らずの人を採用する以上、それらを確認するには面接しか場がないというのも企業の本音なのかもしれません。

圧迫面接の良し悪しは置いておくとして、その意図がわかれば圧迫面接も怖くありません。

「なるほど、反応を見ているのね。」と思えば腹が立って冷静さを失うこともなく、うまく面接を切り抜けられることでしょう。

圧迫面接は脈ありの証拠かも?

面接を受けた人からこんな話を聞いたことがありませんか?

「嫌な質問ばかりされて絶対に落ちたと思ったらなぜか合格だった。」これは、合否の連絡を受けた後に面接を振り返った人がよく言うセリフです。

もちろん本人の感覚間違いの場合もありますが、他にも理由があり、それが圧迫面接の存在理由の一つとも言えるものです。

例えば圧迫面接でも色々あって、人によって圧迫的な質問を面接の途中から入れてくることがあります。

実は圧迫質問は「この人についてもっと掘り下げて知りたい。」と面接官が考えている場合にされることがあるのです。

つまり、脈ありの証拠ということです。

先ほどの例は、本人はだめだと感じましたが、企業側は応募者に興味があってこそ嫌な質問をしたということです。

見込みがないと判断した場合、面接官も暇ではありませんから早めに面接を終わらせたいと考えることもあるのです。

そういう場合は圧迫質問どころか、スムーズに面接が終わってしまうこともあります。

他にも、非の打ちどころがない人に敢えて困った質問をして反応を見たいと思うこともあります。

面接官が知りたいのは応募者の素なので、本質が見えにくい人には揺さぶりをかけていくのです。

圧迫質問を受けたら焦るよりチャンスと考えることができたら、冷静に対処することもできるでしょう。

圧迫面接官も普段は普通の人

圧迫面接を受けながらも何とか合格した会社で職員として働くと、面接官の人柄に触れることができます。

圧迫面接をした面接官は、普段から威圧的な態度を取る人ばかりではなく、普段は普通の人というケースも多いです。

中には非常に優しい人もいて、面接のときと全然違う人みたい、と感じることもあります。

面接官も圧迫面接をやりたくてやっているわけではない、ただ、応募者の本質を見るための一つの手段としてやっている、そう考えましょう。

そうすれば圧迫面接に戦々恐々とすることなく、圧迫面接に必要以上に落ち込んで今後の転職活動に影響を与えることもなくなるでしょう。

言われたことをポジティブ変換して返そう

圧迫質問を受けたら、ポジティブな言葉に変換してお返ししましょう。

例えば転職回数の多さについて厳しく指摘された場合、「おっしゃる通りです。しかし、これまでの転職はキャリアアップのための前向きなものです。」などと返すと良いでしょう。

このとき、小さな表情や口調も見られていますから、ムッとした顔をしたり声を荒げるようなことはしないで笑顔で明るく返すのが基本です。

何か嫌なことを言われても「なるほど!そういう見方があるんですね。でも、こうなんですよ。」というスタンスで臨むと臨機応変さがアピールできるでしょう。

注意!圧迫面接でも言ってはいけないことがある

圧迫面接がイジワルではなく、応募者の適性を見るために敢えてやっているケースが多いということはお分かりいただけたと思いますが、気を付けたいのが圧迫面接と混同してしまいがちなブラック企業についてです。

ブラック企業の面接官がしてしまう質問は、例えば「子供ができたら辞めるんでしょ?」とか「親が貧乏なんだろうね」など。

本人の適性に関係のない、女性にしか聞かないことや家族に関することは言ってはいけないと、男女雇用機会均等法や職業安定法などで定められています。

通常、面接官は面接で聞いてはいけない質問などについては勉強してあったり、人事部などを中心に厚労省からの通知が周知されているはずです。

それを知らないということは、会社の教育体制自体が成立していない可能性もあります。

そもそもこれだけセクハラ、パワハラが問題視されているご時世、このような質問をするべきではないということは誰にでもわかりそうなもの。

圧迫質問に対して腹を立てる前に、この会社のコンプライアンスや教育体制、パワハラなど職場に不穏な人間関係がないかを疑ってみる価値がありそうです。

圧迫質問対策は転職エージェントに相談しよう

圧迫質問に対してどう答えたら良いのか、具体的にこんなことを言われたらどうすべき?など、転職活動をしていると悩むことも多くでてきます。

そんなときは、転職支援のプロである転職エージェントの存在が頼りになります。

これまで多くの転職を成功させてきた経験から、様々な事例を元に的確なアドバイスをくれます。

一人で悩んでしまうより、プロに相談してその都度解決した方が、転職活動がスムーズに行くことでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、圧迫面接の存在理由と注意点についてご紹介しました。

圧迫面接への対策を立てるには、まずは存在理由をしっかりと理解することです。

そうすれば圧迫面接でのモヤモヤとした気持ちをあやふやにすることなく、的確な対応ができることでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。