人事担当者の中には応募書類は職務経歴書しか見ないという人もいるぐらい、職務経歴書は重要な書類です。

職務経歴書の重要性を理解しているという人も多いのでしょうが、企業に送られてくる職務経歴書には残念なものがあるのも事実です。

せっかくアピールできる強みや魅力があるのに、書類審査で落とされてしまっては勿体ないです。

今回は、落とされやすい残念な職務経歴書をご紹介していきますので、書類作成の参考にしてみてください。

レイアウトに凝りすぎ、工夫がなさ過ぎ

企業には多くの応募書類が送られてきますから、忙しい人事担当者が書類を見るのは1~2分と言われています。

その中から気になるものをピックアップしてしっかりと読み込んでいく、そうでなければ時間がいくらあっても足りません。

つまり書類を手に取ったときに、ぱっと見て読みやすいか読みにくいか、というのが大切だということです。

職務経歴書のレイアウトに凝りすぎてゴチャゴチャした感じがする、逆に枠線も何もなく文字を羅列してあるだけのものも読みにくいです。

職務経歴書の書式は自由であることがほとんどですが、レイアウト方法であくまでも考えたいのは、相手目線で読みやすいかどうかです。

すっと入れてじっくり読み返したい、そんな風に思われる職務経歴書を目指しましょう。

職務経歴しか書いていない

職務経歴書はその名の通り職務の経歴を書く書類ですが、職務経歴しか書いていないのも残念な印象です。

きちんと整理された経歴であっても、それは単に事実の羅列に過ぎません。

熱意が伝わりにくく、まるで派遣社員の経歴書のようです。

職務経歴だけではなく、それがどう企業に貢献できるのかという自己PRや、経歴を通してなぜその企業を選んだのかなど、志望動機にあたる部分も付け加えるようにしましょう。

人事担当者が知りたいのは「この人は何ができて、何がしたい人なのか。」ということです。

面接で会ってみたいと思わせるよう、この2つを意識した職務経歴書を書いてみましょう。

志望動機や熱意などしか書いていない

職務経歴しか書いていないのも残念ですが、反対に志望動機や熱意などしか書いていないのもいけません。

これでは前述した「この人は何ができて」の部分が抜けています。

熱意をアピールしたい気持ちはわかりますが、ビジネスでは貢献できるかどうかという現実的な部分が大切です。

こういうタイプの人は、夢や理想ばかりが大きくて、実際に働いてみたときにギャップを感じてすぐに辞めてしまうのでは?と思われてしまいます。

熱意だけでは書類審査を通過できないということを忘れないようにしましょう。

情報量が多過ぎる、少な過ぎる

ベテランで経験豊富な人に多いのが情報量が多過ぎる職務経歴書です。

確かに色々な経歴があるのでしょが、詰め込み過ぎはいけません。

何が人事採用者の心に響くかわからないから、とりあえず書いておきたいという気持ちはわかります。

しかし、数打てば当たると思っているような書き方では、心に響くどころか最初から読む気が失せてしまいます。

経歴の中でも転職先に活かせそうなものに絞って、わかりやすくアピールすることを心がけましょう。

反対に、経験が少ない人に多い情報量が少な過ぎるのも残念です。

その場合は少ない経験の中でも具体的なエピソードを交えて説明するなどして、内容に深みを持たせるようにしましょう。

仕事に関係のない資格やスキルの羅列

職務経歴書には場合によって資格やスキルの説明などを入れることがあります。

このときに気を付けたいのが、応募先の仕事に関係のない資格やスキルの羅列をすることです。

持っているものは出し惜しみしたくない気持ちはわかりますが、無意味な資格やスキルは読みにくい要素となるだけですし、単なる資格マニアのように思われてしまうことがあります。

それよりも、資格はなくても転職先で役立つ勉強を、現在進行形でしていることを入れた方が、よほど熱意がアピールできます。

資格やスキルは仕事で活かせてこそのものということを、今一度確認しましょう。

具体性に欠ける曖昧な説明文

「売り上げに貢献しました。」「周囲と協力してきました。」などは事実としては伝えるべきなのですが、これだけでは具体性に欠けるため内容の薄い職務経歴書になってしまいます。

売り上げは金額や契約件数など数字を入れて、協力したのはどんな工夫や苦労があったのかなど、具体的な説明が必要です。

これは職務経歴書だけではなく面接にも言えることなのでぜひ覚えておきましょう。

企業の求める人材像とは異なる部分をアピール

マネジメントスキルがある人の求人に管理職経験者が応募する、これ自体は企業の求める人材像と応募者のスキルがマッチしているため良いことです。

しかし、せっかく管理職経験があるのになぜか自身のパソコンスキルや現場での経験など、マネジメントとは関係のない部分を長々と説明してしまう人がいます。

それらは今の自分を形成するための要素になったのでしょうが、この場合に企業が知りたいのはどんなマネジメントスキルがあるのかということです。

企業の求める人材像とは異なる部分をアピールしても、人事担当者の心には響かないと覚えておきましょう。

職務経歴書は転職エージェントにチェックしてもらおう

ここまでご紹介したような残念な職務経歴書では書類審査の通過すらなかなかできず、転職活動が思うように進みません。

まずは会ってもらわなければ始まりませんから、職務経歴書の対策は必須であると思っておきましょう。

職務経歴書が完成したら、応募前に第三者に見てもらうようにするのが好ましいです。

第三者の目が入ることで自分では気づかなかったことが見えるようになります。

第三者としては転職支援のプロである転職エージェントがおすすめです。

これまで数多くの職務経歴書を見てきた経験から、読みやすく心に響きやすい職務経歴書の完成に導いてくれることでしょう。

職務経歴書の添削は転職エージェントに登録すると無料で受けることができます。

非常に良いサービスですのでぜひ利用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職活動で欠かせない職務経歴書の中で残念な例をご紹介しました。

魅力的な職務経歴書を作成するためには失敗例から学ぶことが大切です。

人事担当者の心に響く職務経歴書を完成させ、面接につなげましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。