短所は長所と併せて聞かれることも多い定番の質問です。

内定を勝ち取るためには避けて通れない質問ですから、しっかりと準備をしておきたいものです。

そのためにも、なぜ短所について聞かれるのかを知っておく必要があります。

その理由がわかれば、避けて通りたいと思っていた短所について勇気を出して掘り下げて考えてみることができます。

短所を見つけるときや伝えるときの注意点とともにご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

短所を聞かれる理由。短所から見えてくるものとは?

応募書類でも面接でも、短所について述べる機会は多くあります。

では、一体なぜ短所について聞かれることが多いのでしょうか?

その理由として、短所から見えてくるものをご紹介します。

自分の短所を認める素直さ、誠実さを見ている

自分で自分の悪いところを見つけて認めるという作業は、精神的には辛いものがあります。

例え事実だったとしても、目を背けたいと思うのは不思議ではありません。

しかし、自分の短所を認める素直さや誠実さは非常に大切なもので、企業側も応募者にそれをあるのかどうかを見ています。

自分では気づかなかった短所を職場で上司や先輩に指摘されることはよくあります。

それをしっかりと受け止めて改善する努力ができない人だったらどうでしょうか?

上司や先輩にとっても非常に「扱いにくい」存在ですし、頑固で横柄な態度は周囲から浮いてしまう原因にもなります。

短所を聞くことで、職場に適応できない要素がないかを知ることもできるのです。

短所をどう補っているのか

短所を聞くことは問題を解決する能力があるのかということも見ています。

短所を述べた上でそれを補う工夫を付け加えると、仕事をしていく上で問題が発生したときに前向きに解決方法を考えられる人なのかが分かります。

短所は誰にでもあるものなので、短所そのものを責めるために聞きたいのではありません。

その短所をどんな風に捉えていて、改善していく工夫ができる人かを知りたいのです。

自分の弱みを知っていることの強み

自分には短所がないと思っている人は、そのこと自体がすでに短所になってしまいます。

例えば、自分が知っていることがすべて正しいと思い込んでいる人は、人から何を言われても信じない、正しい情報を知るための努力をしないということがよくあります。

しかし、「自分はいろいろと知識不足なところがあるな。」と自分の弱点を自覚している人は、知識を得るための努力をし続けますし、人の意見も聞くことができます。

自分の短所を知っていることこそが、成長性を高め多くのことを吸収できるという長所になるのです。

転職活動で気を付けたい短所の見つけ方・伝え方

短所を見つけるときの自己分析方法や、応募書類や面接で短所を伝える際には気を付けたいポイントがあります。

短所は長所とセットで伝えるだけでは足りない

短所は長所と表裏一体、短所も長所に変えることができると言われます。

そのため、短所は長所とセットで考えるのが良いのでしょう。

これは確かにその通りなのですが、それがこじつけになってはいけません。

例えば「飽きっぽい」という短所を「好奇心旺盛」と長所に変えるアピールはよくされますが、これで終わってしまっては自分の飽きっぽいという短所を見ないフリをしていいように言っているだけとも捉えられます。

仕事で課題が見つかっても、いつも逃げてしまって、課題を解決するための能力がないのかもしれません。

「飽きっぽいけれど好奇心旺盛」と伝えるのは良いのですが、「ただ、飽きっぽいところがあると深く仕事を理解することができないとも感じたので、一つ一つの仕事に自分なりのテーマと目標を決めて飽きないような工夫をしている」などと、短所を認めて補う工夫をしていることを伝えましょう。

短所が仕事に大きく影響しないことが大切

長所のアピール方法は、長所がどう仕事に活かせるのかが大切です。

しかし、短所に関しては直接仕事に影響しないことや、工夫でカバーできるものであることが必要です。

例えば経理事務であれば、お金を扱うという点で精度の高さや慎重さが求められる事務仕事がメインになりますから、「大雑把」「せっかちで慌ててしまう」などは仕事に直接影響する可能性があります。

ミスが多く経理事務としての適性がないのでは?と思われてしまいますから、好ましくない短所と言えるでしょう。

このように、職種への適性を理解した上で、自分の短所が大きなデメリットにならないかを確認しておくことが大切です。

この段階で自分にはこの仕事が向いていないのでは?と考え直すこともできます。

短所が事実でも言ってはいけないこともある

ネガティブで落ち込みやすいなど、企業側にとっての不安要素になりやすいマイナス的なことは言い方に注意が必要です。

自分を卑下するような言い方ではなく、「人の意見を受け止めやすい」などフラットな視点で答えるようにしましょう。

また、遅刻が多い、隠しごとをする癖があるなど、社会人としての適性が疑われる短所も答えてはいけません。

他には、体格や顔の作り、体質など身体的な内容も仕事には関係のないことなので適切ではありません。

仕事に影響があるような持病などがあれば別途報告しておく必要はありますが、面接における短所の質問に対する答えとしては不適切です。

自分を客観視することが大切

自分では短所だと思っていても、人から見たら「いやいや、それはすごく良いところだよ。」と突っ込みたくなることを言う人がいます。

過大評価する人もいけませんが、過小評価する人も自分を客観視できていないと思われることになります。

謙遜するのが美学だと思う人もいるかもしれませんが、それでは面接で内定を勝ち取ることはできませんし、逆に感じの悪い人だと思われることもあります。

客観視するには、自分一人で自己分析を行っていると見えてこないことがあります。

自己分析を行った上で、ぜひ第三者の目を通して短所を整理しておきましょう。

第三者としては、転職エージェントなど、的確なアドバイスをくれるプロに依頼するのが良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、短所を聞かれる理由と短所の見つけ方・伝え方をご紹介しました。

短所を知るには少し勇気がいりますが、短所をどう捉えるかが転職成功の鍵となります。

長所と併せてしっかりと考えておくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。