40代の転職では、20代・30代の若手では聞かれない質問も増えてきます。

中には答えに困るような質問もありますから、事前に対策を立てておきたいものです。

企業は応募者を困らせようと思って答えにくい質問をしているわけではありません。

面接によっては圧迫面接と呼ばれる相手の反応を見るための面接もありますが、それを除けばほとんどが解決したい疑問があるからこそ質問を投げかけているのです。

企業側の質問の意図を理解していくと、どのように答えるべきなのかが見えてきます。

今回は、40代の転職面接でよく聞かれる質問をご紹介しますので、ぜひ質問の意図を理解した上で答えを導くようにしましょう。

「ブランク期間が長いのはなぜですか?」

転職市場では、需要が大きい若手と違って40代ともなると転職活動がなかなか順調にいかないことが多くなります。

一旦辞めてから転職活動を始めた場合、真面目に活動していてもブランク期間が長くなってしまうということもあるでしょう。

ブランクが大きいということは企業にとって、業務の遂行能力が低下していたり、働く意欲が失われていないかが気になるところです。

単に就職活動をしていたと伝えるだけでは足りず、情報収集や資格、セミナー等の自己研鑽に時間をかけていたなど前向きな姿勢をアピールするようにしましょう。

「マネジメント経験はありますか?」

40代の転職者には、実務能力を求めるよりもマネジメントや若手の育成などに力を発揮してほしいと考える企業も多いです。

そのためこの質問を投げるわけですが、40代だからと言って全員がマネジメント経験があるわけではないはずです。

管理職になったことがない場合はどうすれば良いのかと思うかもしれませんが、一般社員としてであってもアピールできるところはあるはずです。

後輩の育成に関わっていてアドバイスをしていた、後輩がこんな風に育ったということなどを、具体的に伝えるようにしましょう。

また、役職層が少ない会社でその職種のスペシャリストとして働いていたなど、マネジメント経験を上回るようなスキルをアピールするのも良いでしょう。

「自分より年下の先輩ができることになりますが大丈夫ですか?」

自分より年下の先輩がいることについてどう思うかの質問は、少々意地悪な質問のように感じるかもしれませんが、企業としては気になるところでもあるのです。

実は経験豊富な40代以上の人にとっては、年下の上司や先輩の存在が仕事を辞めたいと感じる要素にもなり得るからです。

40代で転職となると、管理職枠での採用でない限りは自分より年齢が若い先輩ができることもあります。

女性の場合は比較的周囲に合わせることができるのですが、男性はどちらかというと他者に対してのプライドが高く、自分より若い人に指示されるのをあからさまに嫌う人もいます。

しかしそれでは転職先で仕事を覚えることも、これまでの豊富な経験をうまく活かすこともできません。

この質問に対しては、経験があるからこそどんな世代の人ともうまくやっていけるということを伝えましょう。

若い人の能力も認めていて、年齢を問わずこれまで周囲と協力してきたなどを、具体的なエピソードを交えて話すと説得力が増します。

「40代で初めての転職ですが新しい職場になじめますか?」

新しい職場への適応力を尋ねるこの質問に対しては、柔軟な考え方を持っているということと、新しい環境にチャレンジしたいという意欲を伝えましょう。

40代で一度も転職経験がないということは約20年もの間同じ会社で働いてきたということです。

一つの会社で長く働いてきたということはアピールできるポイントでもあるのですが、一方でその業界や企業に染まってしまい新しい場所でなじめるのかという不安もあります。

長く同じところにいた人で困るタイプが「前の会社はこうだった。」「あの業界はこれが当たり前だった。」などと前の会社=すべての常識、と思い込んでしまっていることです。

周囲は指導もしにくくなりますし、新しいものを吸収しようとする気があるのかなと疑問に感じてしまいます。

「肉体労働もあって大変な仕事ですが大丈夫ですか?」

40代にもなると、健康診断でどこかしら異常が見つかるのが普通と言われるぐらい、健康面では不安なこともでてきます。

企業としては採用するからには長く健康で働いてもらいたいのですから、健康面・体力面は気になるところです。

この質問に対しては、企業側の不安を払拭して、安心させてあげることを心がけましょう。

ジムに通っている、毎日ウォーキングを行っている、食事に気を遣っているなど、健康面を意識した生活を過ごしていることを伝えると安心材料になります。

また、少し元気がないなと思う応募者に対してこの質問をすることもあります。

若手と違って落ち着いて見せるのは大切なのですが、猫背で声が小さい応募者は、落ち着いているというよりは老けて見えてしまいます。

年相応の快活な感じを見せれるよう、姿勢や声の大きさなどに気を付けるようにしましょう。

40代の面接対策は一人でするべからず

転職市場では35歳限界説なるものもありますが、実際問題として40代の転職は厳しい面があります。

業界や業種によっては40代以降も積極採用していることがありますが、自分のやりたい仕事ではない場合に妥協するのかという問題もあります。

40代であっても、妥協することなく自分のやりたい仕事への転職を成功させた人がいますが、成功者の多くは転職エージェントを利用するなどして戦略的に転職活動を行っています。

40代は今回ご紹介した面接での質問以外にも、応募書類の段階から様々な工夫が必要です。

それらを総合的にサポートしてくれるのが転職エージェントなのです。

40代以降の厳しい転職市場を勝ち抜くためには一人でやみくもに活動するのはおすすめできませんので、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

複数のエージェントに登録をし、自分と相性の良いエージェントを選ぶというのも良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、40代の転職面接でよく聞かれる答えにくい質問と対策についてご紹介しました。

40代の転職は厳しい面もありますから、事前の準備と対策が必須です。

経験豊富であるからこそ見えなくなっている部分もありますから、柔軟な姿勢で転職活動に取り組んでいくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。