学歴、職歴、資格など、募集要項に書かれている条件はすべて満たしているはずなのに書類選考で落ちてしまうという人がいます。

面接で不採用になるならば「単に相性が合わなかっただけ。」と思うことができるかもしれません。

しかし書類選考の場合は、なぜ選考のステージにすら上がらせてもらえなかったのか分からなくなるでしょう。

特に送っても送っても書類選考を通過できないという壊滅的な状態にある人は、一度応募書類そのものを見直してみる必要があります。

そこで今回は、応募条件を満たしているのに書類で落ちる理由についてご紹介していきます。

求める人材とは異なっている

募集要項に書かれているのはあくまでも応募ができるというだけの最低条件という役割があります。

その条件を満たしていることで自信を持って応募することがあるかもしれませんが、だから書類選考に通るというわけではないということは理解しなくてはなりません。

人事担当者が書類で確認するのは、最低条件を満たしてあるかどうかと、今回募集をかけた背景に適した人材であるかという点です。

前者は募集要項で確認することができますが、後者に関しては企業研究で経営者の考え方に触れたり、募集の背景を調べておくなどしなければ分からないことなのです。

企業研究をきちんと行っておき、企業が求める人材を理解した上で書類を送るということも大切なことです。

条件を満たしている人が大勢いて選ばれない

応募条件を満たしていて企業が求める人材からも大きく外れてはいない、それなのに書類選考で落ちてしまうということもあります。

この場合に考えられるのは、同じように条件を満たしている人が大勢いたということです。

そうなると条件のみをもってふるい分けができなくなりますから、意欲が特に伝わる、経験が豊富そうであるなど、何か特筆すべき点がある人が選ばれることになります。

特に応募が集中するような人気企業・職種であれば、条件を満たす人全員に会って面接する時間はないわけですから強みがなくてはなりません。

応募条件を満たしているから安心するのではなく、プラスの何かを見つけましょう。

自己分析やキャリアの棚卸を時間をかけて行うことをおすすめします。

基本的なことがなっていない書類である

人事担当者の仕事は、何も今回の募集に関する採用活動だけではありません。

別の職種や役職での募集も同時にかけていることがありますし、新卒の採用活動も1年を通じて計画的に行われます。

さらに採用活動だけでなく、社内人事や評価などについても携わるのが人事担当になります。

そんな多忙な中で多くの応募書類を目にするわけですから、基本的なことができていない応募書類は一瞬で除外されてしまうことがあります。

基本的なこととは、雑な書き方や誤字脱字、証明写真の服装、書類のシワや汚れなど様々です。

応募条件を満たしてかつ優秀な経歴があるという人でも、応募書類の基礎やマナーすら守れないような人はその時点で書類を最後まで見てもらうことができないでしょう。

もう一度、書類の作成の基本に戻ってやり直してみましょう。

見にくく分かりにくい

応募書類のマナー自体は守られているけれど、言葉が羅列してあるだけで分かりにくい、小さな文字が書類全体にびっしりと書いてあって見にくいなど、情報だけをポイっと投げられたような書類は敬遠されがちです。

前述したように忙しい人事担当者にとってこうした見にくく分かりにくい書類は見る気すら失せますし、書類を見る相手の立場に立っていない人とも思われます。

仕事でも人間関係でも、相手の視点に立って考えるということは重要な要素なので、そこができていない人だと推測されてしまうことになります。

書類の中に余計な情報が多い

とにかく自分の持っているものをすべてアピールしようと考えて、あれもこれも応募書類の中に詰め込もうとしている場合も書類で落ちる可能性があります。

募集要項に書かれている条件に関してはそれを満たしていることを伝える必要がありますが、それ以外の点に関しては取捨選択して書類作成していくことが大切です。

例えば履歴書の資格欄ですが、持っている資格を何でも書けば良いというものではなく、仕事に関するもの、それも応募職種で活かせそうなものに絞って書きましょう。

明らかに趣味系の資格や鮮度が古すぎるものは評価されない可能性がありますし、仕事に必要なものとそうでないものを理解できていない人だという印象も与えてしまいます。

もちろん資格だけではありません。

情報をつらつらと並べるのではなく、応募企業にとってメリットになりそうな経験やスキルについて主に触れていくようにしましょう。

適切なものをチョイスしてわかりやすくまとめている、これが転職の応募書類には大切な点になります。

曖昧な表現ばかりで具体性に欠けている

応募書類の中でも志望動機や自己アピール文など、意欲を伝えることができるポイントがあります。

ただし、曖昧な表現が多く具体性に欠ける内容の場合は意欲が伝わるどころか、企業研究や自己分析が客観的にできていない人だと準備不足を疑われます。

例えば「昔から憧れていました。」「頑張りたいと思います。」「周囲と協力してやってきました。」などの言葉が根拠なく多用されている応募書類は見る気が失せてしまいます。

自分が感じていることを伝えるのは良いのですが、根拠となる数字や具体例などを述べた上で、なぜそう思うのかを論理的に書かれていなければ意欲が実際に届くことはありません。

もう一度書類を見直してみて、曖昧で具体性のない表現ばかりしていないか確かめてみましょう。

すでに良い人が決まってしまった

応募にはタイミングも大切ですから、同じ応募書類を送っても見られる時期によっては不採用になってしまうこともあります。

応募自体は受け付けていてもすでに良い人が現れてしまっていて、その人に決めかけている状況では、かなりインパクトのある書類でなければ人事担当者の心を動かすことはできません。

いつも後手後手にまわってしまうという人は、適切な応募のタイミングを逃さないためにも常に情報収集を欠かさないようにしましょう。

転職エージェントを利用すればあらかじめスキルや条件を登録しておくことで、良い求人が出たらすぐに紹介を受けることが可能です。

効率的な応募のためにも利用を検討されると良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、応募条件を満たしているのに書類選考に落ちてしまう理由をご紹介しました。

こうして考えてみると、読み手の立場に立った書類作成を行うという視点が非常に大切であるということが分かります。

自分のアピールをすることに必死で、読み手である人事担当者の立場を忘れていませんか?

その視点に立って書類作成ができれば、おのずと書類選考に通過できるようになるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑