転職活動の成功には、円満退職が欠かせません。

内定をもらうことと同時に、今の会社を円満退職するためのポイントも知っておきましょう。

退職時期は基本的に人によって異なりますが、円満退職を叶えやすい適切な時期というものも存在しています。

そこで今回は、円満退職につながる時期と最適な退職時期の見極め方を解説します。

円満退職につながる時期はいつ?

会社から強い引き留めにもあわず、職場の人たちとの人間関係を良好に保ったまま辞めるにはいつ辞めるのが好ましいのでしょうか。

円満退職につながる時期を紹介します。

繁忙期以外

同僚たちからの不満を受けやすく、上司からの引き留めにあいやすいのは、やはり繁忙期です。

円満退職を目指すなら、繁忙期を避けて退職日を設定するのがいいでしょう。

同じ職場に何年もいれば、いつ繁忙期かはわかるでしょうが、経歴が浅くてよくわからないこともありますよね。

業種にもよりますが、事務系や医療系なら決算期や、新入社員の研修・手続き業務が多くなる3、4月。

接客業なら5月やお盆、年末年始などの長期連休があると忙しくなります。

その業界で一般的に繁忙期と言われる時期はやはり忙しいので、できるだけ避けるのが無難です。

プロジェクト終了後

エンジニアなどの場合、プロジェクト単位で動くことがよくあります。

プロジェクトの途中で人が抜けるのは企業にとって大きな痛手。

チームのメンバーに迷惑をかけることもありますし、責任感がないと思われてしまう可能性は大きいです。

今すぐに辞めなければいけない事情がない限りは、プロジェクトが終了したタイミングに退職時期を設定するのがいいでしょう。

後輩育成がひと段落したら

後輩の教育係を担当している場合など、後輩育成がひと段落したタイミングで退職するのも一つです。

とはいえ後輩の成長の度合いは個人差がありますので、何をもってひと段落と言えるのかは難しいところ。

目安としては入社1年、2年など、通年業務を一通り教えた後がタイミングです。

営業や販売の場合は、一人立ちして顧客とのやり取りをすべてできるようになったらひと段落と言えるでしょう。

後輩に完璧を求めてもいつ退職できるか分かりませんので、ある程度の仕事ができるようになったら区切りとして問題ありません。

いつも頼りにしていた先輩がいなくなることで後輩自身も成長できるものです。

4月や10月などの異動シーズンにあわせて

4月や10月などの人事異動時期は、各部署の長が人員配置について考えたり、転勤辞令がでるシーズンでもあります。

中途半端な時期に欠員がでるよりは、会社全体で大規模な入れ替えが行われる時期にあわせて退職してもらった方が、会社としてはありがたいと言えます。

賞与の支給時期

夏や冬の賞与支給が終わった後に辞めるのも一つです。

賞与支給後に辞めるなんて問題になるのでは?と思うかもしれませんが、この時期に退職されるのは会社としては想定内のこと。

もともと退職者が多い時期でもあるので、欠員がでることを見越して採用活動が行われやすいのです。

特に夏の賞与支給後である7月や8月は、接客業を除くと閑散期という企業も多いので、辞める時期としては最適。

「変な時期に辞められた!」とはならないので円満退職になりやすいのです。

最適な退職時期の見極め方

円満退職につながりやすい時期は複数あるため、一体いつが最適なのか見極めが難しいでしょう。

ここからは、自分にとっての最適な退職時期の見極め方を解説します。

もっとも優先すべきは自分の意志

まず大前提として、もっとも優先すべきは自分の意志だと覚えておきましょう。

会社側の希望があったとしても、期間の定めのない雇用契約は労働者の意志によって、原則として一方的に解除できます。

退職日を決めるのは、誰でもない、あなた自身なのです。

ときどき人事部に「退職したいのですがいつにすればいいですか?」と聞いてくる人がいますが、この質問はナンセンス。

「あなたはいつ退職したいのですか?」と聞き返されるでしょう。

職場の人に迷惑をかけたくない、悪く思われたくないという気持ちは十分理解できますが、常識の範囲内なら、今の会社に気を使い過ぎる必要はありません。

どうしても繁忙期に辞めたい場合でも本当は構わないのですが、職場の人に悪いと思うなら、とにかく早めに伝えておくことが大切です。

半年前ぐらいまでに退職の意志を伝えておけば、繁忙期に備えて人員を補充することもできますし、引き継ぎもしっかりできるため、繁忙期だからといって大きな迷惑をかけることはありません。

転職先の希望はしっかり考慮すること

内定をもらっている場合の退職時期は、内定先の希望をしっかり考慮することも大切です。

できるだけ早く来てほしいと思う企業がほとんどでしょうが、大抵は今の会社の状況も理解してくれます。

ただ、今の会社の希望を優先して内定先を邪険にすることだけはやめましょう。

ズルズルと内定先の入社日を先延ばしにしたことで、内定が取り消された例もあります。

転職先が未決定なら賞与が命綱になる

転職先が決まらないまま退職日を確定させたい場合、退職後の経済事情を考えなくてはなりません。

応募から内定までは、早い人で2ヶ月、長くかかる人では半年以上かかることもあります。

失業手当はもらい始める時期も、もらえる期間も決まっていますから、完全にあてにすることはできません。

いざというときのために賞与があれば1~2ヶ月の生活費になるでしょう。

人によっては賞与が命綱になりますので、自身の転職活動の状況によって賞与支給後に設定してもいいでしょう。

転職活動中の相談ができるのは転職エージェント

内定先企業との調整がうまくできず退職日を悩んでいる、円満退職のために必要なことを知りたいなど、転職活動における悩みを相談できるのは転職エージェントです。

求人紹介だけでなく、転職して働き始めるまでをサポートしてくれますので上手に利用しましょう。

最後に

いかがでしたか?

円満退職につながりやすい時期を知っておくと、退職日の目安とすることができます。

ただし、あくまでも目安なので、この時期でなければならないということはありません。

大切なのは自分自身の状況を冷静に見つめ、自分にとって最適な時期を見極めること。

適切な退職時期を見つけて円満退職につなげましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。